カーディガンのおしゃれな着こなし方をまとめた記事です。レディースカーディガンを着こなすお手本を、ラグジュアリーマガジン『Precious』よりお届けします。

ボタンの留め方やはおり方を変えるだけで、オフィスで映えるきれいめスタイルも、休日のカジュアルスタイルも、多様なコーデが楽しめるカーディガン。定番アイテムだからこそ、着こなし方をアップデートして、洗練されたおしゃれを楽しんでみてください。

【目次】

カーディガンを肩掛けした、洗練された着こなし


【1】ネイビーカーディガン×ネイビーニット×ツイードスカート

カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ストラスブルゴ〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ストラスブルゴ〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

ハイゲージのノースリーブニットとカーディガンのネイビーアンサンブルは、春夏ワードローブの活躍アイテム。ネイビーの糸が使われたミックスツイードスカートで、バッグや靴との色味をつなげて。ネイビーを活かした、クラシカルな上品コンサバスタイルのできあがりです。

【2】ピンクカーディガン×ピンクニット×ライトベージュパンツ

パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、カーディガン・ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ. ジャパン)、靴(ブルーベル.ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
カーディガン・ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ. ジャパン)、靴(ブルーベル.ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

鮮やかなピンクのツインニットとベージュパンツを合わせ、颯爽とオフィスへ。今季注目のハイトーンベージュの9分丈テーパードパンツは、美脚パンツを原点とするペセリコのもの。適度なストレッチ性や後ろウエストを部分的にリブバンドにしたデザインなど、美しいレッグラインとともに着やすさも追求。春らしいピンクニットはパステル調の色味を選ぶと、ハイトーンベージュになじんで、着こなしに統一感が生まれます。

【3】ピンクカーディガン×白Tシャツ×白スカート

カーディガン(J&M デヴィッドソン 青山店)、Tシャツ(ブラミンク)、スカート(三崎商事〈マロ〉)、 時計・リング・イヤリング(ブシュロン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
カーディガン(J&M デヴィッドソン 青山店)、Tシャツ(ブラミンク)、スカート(三崎商事〈マロ〉)、 時計・リング・イヤリング(ブシュロン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

肩がけカーディガンとふんわりスカートでレディライクに。シネマ女優のような王道の組み合わせは、好感度が抜群。レーシーなニット素材のプリーツスカートがこなれ感をプラス。

【4】ベージュカーディガン×黒ワンピース

カーディガン(スローン)、ワンピース(三喜商事〈マレーラ〉)、ネックレス・ピアス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
カーディガン(スローン)、ワンピース(三喜商事〈マレーラ〉)、ネックレス・ピアス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

アメリカン・ヴォーグの編集長、アナ・ウィンターのお気に入り、カーディガン×ワンピースの組み合わせを、ベーシックな色使いで優雅かつノーブルに。肩がけスタイルの着こなしが、ベージュの聡明な印象をより高めて。

【5】ベージュカーディガン×アイボリーワンピース

カーディガン・ワンピース・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
カーディガン・ワンピース・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

繊細なカーディガンは、ワントーンスタイルをいっそうリュクスに輝かせます。気品漂うアイボリーのワンピースとともに、洗練のワントーンに。遠目でも美しいフィット&フレアのシルエットに、だれもが魅了されます。カーディガンの短めのそでとすっきりしたフォルムが、軽やかでバランスのいいスタイルに導いて。

【6】黒カーディガン×白シャツ×黒ニット×グレーパンツ

ニット・カーディガン・シャツ・パンツ・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット・カーディガン・シャツ・パンツ・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

黒タートルニットに白シャツをレイヤードし、グレーのワイドパンツを合わせたスマートカジュアル。カーディガンにはそでを通さず、無造作に肩に引っかけるのが気分。ワイドパンツに太ヒールのブーツを合わせて、颯爽とスタイリッシュに。

【7】グレーカーディガン×グレーニット×黒パンツ

カーディガン・ニット(スローン)、デニム(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(アマン〈ア ヴァケーション〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン・ニット(スローン)、デニム(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)、バッグ(アマン〈ア ヴァケーション〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ベージュ系ツインニットに、J.M. WESTONの白ローファーを合わせ、ハンサムな雰囲気に着こなしたデニムスタイル。ノンウォッシュのブラックデニムなら、ニットアンサンブルを合わせた定番のトラッドスタイルも、軽やかにアップデートされます。

【8】ライトグレーカーディガン×白Tシャツ×白パンツ

Tシャツ(ユナイト ナイン〈カラフル スタンダード〉)、ニット(スローン)、パンツ(Theory luxe)、サングラス(アイヴァン PR)ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(エドストローム オフィス〈リュニフォーム〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
Tシャツ(ユナイト ナイン〈カラフル スタンダード〉)、ニット(スローン)、パンツ(Theory luxe)、サングラス(アイヴァン PR)ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(エドストローム オフィス〈リュニフォーム〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

着こなしはそでをロールアップしたり、すそをたゆませたり。表情をつけた白Tシャツに、風合いの異なる淡色アイテムでメリハリを演出。さらに黒を少量効かせて、脱・膨張をかなえて。カラフル スタンダードの白Tシャツはそでも着丈も程よいゆとりがあり、メンズライクな雰囲気です。

【9】黒カーディガン×黒ニット×白パンツ

ニット・カーディガン・デニム・シューズ・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニット・カーディガン・デニム・シューズ・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

年齢を重ねても、知性は枯れない。新しいものを「知る」ことへの好奇心が、大人をワクワクさせて、いつまでもみずみずしさを保ってくれるから、静かに読書をする時間は大切にしたい。そして、女性が何かに没頭する姿は、魅力的だけれど、無防備になりがち。だからこそ、落ち着いたモノトーンや優美なレースで、きちんと女らしさが映える装いを。

【10】ベージュカーディガン×ベージュニット×レッドスカート

スカート・ニット・肩にかけたカーディガン・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
スカート・ニット・肩にかけたカーディガン・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ポップな柄が軽やかに浮かび上がる、スイス伝統の「サンガレン・エンブロイダリー」のレーススカートを投入。ハリのある素材で、贅沢な分量感のAラインのシルエットが動くたびに揺れるスカートは、シンプルなベージュのニットと合わせるだけで印象的に仕上がります。

カーディガンのボタンを全部留めた、上品な着こなし


【1】黒カーディガン×黒スカート

カーディガン・スカート・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
カーディガン・スカート・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

メタルボタンがアクセントのカーディガンとデニムスカートを合わせた、上品に着映えるブラック・コーディネート。クルーネックのカーディガンは、シルクブレンドのしなやかさが女らしい逸品です。鮮やかなブルーで彩られたバッグは、程よい収納力がありながら、『ガンチーニ』モチーフがグラフィカルに艶めき、着こなしの要になってくれます。

【2】黒カーディガン×黒パンツ

バッグ・カーディガン・パンツ・ピアス・ブレスレット・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年
カーディガン・パンツ・ピアス・ブレスレット・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

立体的なボタンが輝く、ドルマンスリーブのカーディガンとワイドパンツのコーディネート。エコファーのレオパードバッグで、大人の遊び心をトッピングして。

カーディガンのボタンを全て外した、カジュアルな着こなし


【1】ベージュカーディガン×ライトベージュニット×白パンツ

カーディガン・プルオーバー(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(Theory luxe)、ネックレス・ピアス・リング(TASAKI)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴/オーダー価格(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
カーディガン・プルオーバー(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(Theory luxe)、ネックレス・ピアス・リング(TASAKI)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴/オーダー価格(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

永遠の美人配色「ベージュ×白」で颯爽と。ワイドめの白パンツを合わせ、人気配色を今の気分に。アメリカン・ヴォーグの編集長、アナ・ウィンターに倣って、首元にはボリュームパールを。

【2】ピンクカーディガン×黒ニット×黒スカート

カーディガン・ニット・スカート・バッグ/2月以降展開予定・ピアス・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
カーディガン・ニット・スカート・バッグ/2月以降展開予定・ピアス・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

艶やかなピンクをシックな黒に合わせて、小粋な「いい女」に。カーヴィーなスカートとコンパクトなVネックのカーディガンで、王道の美人バランスが完成。インナーも黒に統一して、シックな華やぎを深めて。

【3】ライトグレーカーディガン×デニムワンピース

カーディガン・ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ サニー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン・ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ サニー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

凹凸感のあるリブ編みが今らしい、ウエスト位置に配したボーダー柄が印象的なライトグレーのカーディガンは、目線を自然に集めてスタイルよく見せてくれるのが優秀。デニムワンピースに合わせると、全体がトーンアップして軽やかさが加速! ビッグトートとブロックヒールサンダルで、はつらつとしたモード・カジュアル感も意識。

【4】ライトベージュカーディガン×白Tシャツ×カーキパンツ

Tシャツ・カーディガン・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
Tシャツ・カーディガン・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

白Tシャツにボレロ丈カーディガンをON! 着丈のバランスで遊んで、お仕事シーンとは違うパンツスタイルを楽しんで。

カーディガンのボタンを部分留めした、こなれた着こなし


【1】ピーチベージュカーディガン×白Tシャツ×ベージュパンツ

パンツ(キートン)、カーディガン(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、カットソー(サンスペル 表参道店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)、バングル(ヌキテパ 青山店〈ウパラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
パンツ(キートン)、カーディガン(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、カットソー(サンスペル 表参道店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)、バングル(ヌキテパ 青山店〈ウパラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

ピーチベージュのカーディガンと白Tシャツに、軽やかモードなベージュ×白×ブラックのプリントパンツを投入。コントラストの強い配色も、小さめの幾何学柄なら上品な印象。サングラスとバッグ、靴…と黒を縦にちりばめれば、すっきりとした統一感が生まれて。

【2】ベージュカーディガン×白ブラウス×ネイビーパンツ

カーディガン(三喜商事〈マレーラ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(レキップ)、ネックレス・ピアス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
カーディガン(三喜商事〈マレーラ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(レキップ)、ネックレス・ピアス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

ベージュのカーディガンはパンツできりっと着こなすと、聡明なかっこよさが手に入ります。ウエストマークの着こなしで、はつらつとした美バランスに。カーディガンのボタンを留めて、女らしいくびれを演出。縦ラインを強調するセンターシームパンツが、全身のバランスアップを完成させます。

【3】ピンクカーディガン×黒ブラウス×黒スカート

カーディガン(イザ〈ヌメロヴェントゥーノ〉)、ブラウス・スカート(イザ〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、イヤリング・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
カーディガン(イザ〈ヌメロヴェントゥーノ〉)、ブラウス・スカート(イザ〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、イヤリング・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

カーディガンのボタンを留める着こなしで、上品モードなイメージに。サークルモチーフのレーススカートが、おしゃれな存在感を発揮。

【4】黒カーディガン×白パンツ

ヴァレンティノのカーディガン・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・リング・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ヴァレンティノのカーディガン・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・リング・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ブラウス感覚で端正に着こなして、ワイドパンツに合わせれば、かっこよくて女らしい着こなしが完成します。

【5】柄カーディガン×白ブラウス×グレーパンツ

カーディガン・ブラウス・パンツ・右耳/イヤリング・左耳/ピアス・リング・バッグ(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン・ブラウス・パンツ・右耳/イヤリング・左耳/ピアス・リング・バッグ(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

辛口シンプルなシャツとスポーティなパンツ、ヴィンテージライクなカーディガン…。大人の余裕で自由なミックステイストを楽しんで。Vゾーンから前立て、ポケット口、そで口に配したラインがシルエットを引き締める効果を発揮。

【6】レッドカーディガン×グレーコート×黒スカート

スカート・コート・赤カーディガン・バッグ・靴(ロエベ)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
スカート・コート・赤カーディガン・バッグ・靴(ロエベ)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

動くたびに艶やかなレザーが揺れる、着映え度満点のドラマティックなスカート。鮮やかなトマトレッドのニットを合わせ、メリハリの効いた素材使い&配色にすることで、さらに美人度をアップさせましょう。

カーディガンに小物をプラスした着こなし


【1】ブラウンカーディガン×細ベルト×白シャツ×白スカート

シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、カーディガン(ブルネロ クチネリ ジャパン)、スカート(ミカコ ナカムラ 南青山サロン〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ネックレス(インドゥエリス)、バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、靴(セルジオ ロッシ)、、眼鏡(プロポデザイン〈propo〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、カーディガン(ブルネロ クチネリ ジャパン)、スカート(ミカコ ナカムラ 南青山サロン〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ネックレス(インドゥエリス)、バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、靴(セルジオ ロッシ)、、眼鏡(プロポデザイン〈propo〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

手編みの温もりを感じさせるブラウンのローゲージカーディガンに、きりっと白シャツ&オフ白のタイトスカートを合わせた、人前で話すときを想定したスタイリング。

【2】ピンクカーディガン×スカーフ×ネイビーパンツ

カーディガン (ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、デニムパンツ (ゲストリスト〈レッドカード〉)、スカーフ・ピアス・バングル (エルメスジャポン)、バッグ (ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カーディガン (ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、デニムパンツ (ゲストリスト〈レッドカード〉)、スカーフ・ピアス・バングル (エルメスジャポン)、バッグ (ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ピンクのニットカーディガンにデニムを合わせ、バッグをクロスボディにした華やかなパンツスタイルです。

【3】グリーンカーディガン×細ベルト×白カットソー×ベージュパンツ

カーディガン・カットソー(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリーポルトフィーノ〉)、バングル(ザ ストア バイシー 代官山店〈アグメス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) ストール(ロンハーマン〈アソース メレ フォー ロンハーマン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
カーディガン・カットソー(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリーポルトフィーノ〉)、バングル(ザ ストア バイシー 代官山店〈アグメス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) ストール(ロンハーマン〈アソース メレ フォー ロンハーマン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

白カットソーに、コットン、リネン混のニットカーディガンとパンツを重ねたスタイリング。鮮やかなグリーンの小物を重ね、ニュアンスのある休日スタイルに。

オフィスにもおすすめな、きれいめなカーディガンの着こなし


【1】ピンクカーディガン×白ワンピース

カーディガン(トラデュイール)、ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ネックレス・ピアス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(アオイ〈プリニオヴィゾナ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年
カーディガン(トラデュイール)、ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ネックレス・ピアス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(アオイ〈プリニオヴィゾナ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious2月号』小学館、2020年

カーディガンとパールネックレスの、同系色の華やぎハーモニーが、大人の余裕とかわいさをアピール。ボディラインをまろやかに包むタンクワンピースとレイヤード。レセプションなどの場にも映える、端麗なスタイルです。

【2】ライトブルーカーディガン×白シャツ×グレーパンツ

カーディガン(スローン)、ストラネスのシャツ・ピアッツァ センピオーネのパンツ(三喜商事)、スカーフ(コミュニオン〈ラストフレーム〉)、時計(I WC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カーディガン(スローン)、ストラネスのシャツ・ピアッツァ センピオーネのパンツ(三喜商事)、スカーフ(コミュニオン〈ラストフレーム〉)、時計(I WC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

メタリックで品よく外すプレッピースタイル。淡いブルーのカーディガンや端正なグレーパンツというシンプルな組み合わせに、スカーフをコンパクトに巻きいて華やぎ感を出したスタイリング。

【3】パープルカーディガン×黒ワンピース

ワンピース(Theory luxe)、カーディガン(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、ピアス・ペンダント・・バングル・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース(Theory luxe)、カーディガン(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、ピアス・ペンダント・・バングル・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

小さなそでがほんのり愛らしい、ストレッチウール仕立ての細身ワンピース。シルエットを生かして、肌触りのよいカシミアシルクパープルのカーディガンを肩がけ。さらにネックレス、時計、バングル…シルバーの輝きをちりばめて、クールな抜け感をプラス。

【4】レッドカーディガン×ライトベージュブラウス×グレーパンツ

カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉)、ブラウス(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(ebure)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉)、ブラウス(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(ebure)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

淡いベージュの着こなしに投入し、品よく健康的な美人効果を満喫。カーディガンは手作業によるリンキング(ニットの接ぎ合わせ)によって型くずれしにくい。

【5】ベージュカーディガン×ベージュニット×白スカート

カーディガン・ノースリーブニット・スカート(アオイ〈ポール カ〉)、サングラス(アイヴァン 7285トウキョウ)、リング(アルテミス・ジョイエリ)、ブレスレット(チェルキ〈ギャレッタ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
カーディガン・ノースリーブニット・スカート(アオイ〈ポール カ〉)、サングラス(アイヴァン 7285トウキョウ)、リング(アルテミス・ジョイエリ)、ブレスレット(チェルキ〈ギャレッタ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

縦ラインを強調しつつ、体にしなやかにフィットするリブニットのアンサンブルは、肌に心地よいコットン100%。大人っぽいサンドベージュに、カーキ色の大きめボタンが小粋なアクセントに。さっと肩がけして、大人の余裕で着こなしたい。

【6】白カーディガン×ブルーストライプシャツ×ネイビーパンツ

パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、カーディガン(ウールン商会〈ペセリコ〉)、シャツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(IWC)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年
カーディガン(ウールン商会〈ペセリコ〉)、シャツ(アオイ〈ポール カ〉)、パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(IWC)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

遠目にはスカートのようなネイビーパンツにブルーのシルクトップスと白ニットを合わせて、好感度の高い清涼配色をエレガントに。そこに、ひんやり輝くジュエリーや辛口ウォッチを効かせて、クール&ラグジュアリーに仕上げるのが大人の流儀です。

【7】レッドカーディガン×レッドニット×黒パンツ

パンツ(feerique)、カーディガン・ニット(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、スカーフ・バングル(エルメスジャポン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年
カーディガン・ニット(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、パンツ(feerique)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、スカーフ・バングル(エルメスジャポン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

細身パンツとはいえ、春夏に黒が多めのバランスは重く見えがち。ボトムインしたプルオーバーにスカーフで華やかな立体感を授けたり、カーディガンの肩がけで動きを出したり、と目線を上に導いて。

【8】黒カーディガン×黒ニット×ベージュスカート

スカート(クルチアーニ 銀座店)、カーディガン・ニット(クルチアーニ 銀座店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・右手のカフ・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年
カーディガン・ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(クルチアーニ 銀座店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・右手のカフ・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

クルチアーニといえば、上質なニットウエアで名高いブランドですが、実は、ニットに合わせるコーディネートアイテムにも隠れ名品がひそんでいます。今季は、着こなしに女らしいこなれ感を生み出す、ベージュのスエードスカートを発見! 旬のタイトシルエットで仕立てたスカートは、ラップデザインで足さばきもよく、快適な着心地です。タイト&フィットが基本のクルチアーニのニットスタイルにはもちろん、オンオフを問わず、さまざまな装いで活躍必至のアイテムです。

【9】グレーカーディガン×白ブラウス×グレースカート

カーディガン(サードカルチャー〈マチルダ カシミヤ〉)、ブラウス(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス(ステディ スタディ〈ソフィー ビル ブラーエ〉)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈スタルク アイズ〉)、靴『HANGISICコスモOSMO』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
カーディガン(サードカルチャー〈マチルダ カシミヤ〉)、ブラウス(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ピアス(ステディ スタディ〈ソフィー ビル ブラーエ〉)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈スタルク アイズ〉)、靴『HANGISICコスモOSMO』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

グレーのカーディガンに、白ブラウスをコンパクトに上までボタンを留め、グレーのひざ下丈タイトスカートと合わせたワントーンの着こなし。都会的な雰囲気をまとったマノロ ブラニクのヒール靴や、知的に見えるメガネを合わせて、凛と美しく。

【10】白カーディガン×白ニット×ベージュスカート

スカート(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、カーディガン(エリオポール代官山〈エリオポール〉)、ニット(J&M デヴィッドソン 青山店)、ピアス・ネックレス・リング(チェリーブラウン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(RHC ロンハーマン〈ペッツァーナ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
カーディガン(エリオポール代官山〈エリオポール〉)、ニット(J&M デヴィッドソン 青山店)、スカート(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ピアス・ネックレス・リング(チェリーブラウン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(RHC ロンハーマン〈ペッツァーナ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

艶めく柄スカートは、いかに抜け感を加えるかが洗練の決め手。スエードローファーで辛口に。

カーディガンの着こなしの関連記事