春先のおしゃれを楽しみにしていたはずなのに、緊急事態宣言を受けて外出を自粛せざるを得ない今、もっとも役立つのが「万能なスニーカー」です!

ここ数年で定番のアイテムとして定着し、お仕事スタイルにも組み込まれるようになり、王妃やプリンセスといった世界各国の王室に連なるレディーたちも愛用する姿を目にするようになりました。清潔感やノーブル感を漂わせた品格ある着こなしは、私たちの日常にも取り入れやすいヒントにあふれています。

ささっと済ませたい「ちょっとそこまで」のお出かけ時の参考にぴったりなアレンジテクニックを、早速チェックしていきましょう。

「ちょっとそこまで」のお出かけにも最適!ロイヤルレディーに学ぶカジュアル過ぎない「スニーカースタイル」5選

■1:キャサリン妃は、鮮烈な白スニーカーで完成させた「大人のマリンスタイル」がお上手!

ワイドパンツに白スニーカーのキャサリン妃
キーカラーのネイビーが上下をまとめる効果を発揮

爽やかな印象を呼び込むうえで、白スニーカーは切り札的なシューズです。ネイビーや黒といった濃いカラーのボトムと組み合わせれば、さらにすっきりした足元に映ります。

英国王室のCatherine Duchess of Cambridge(キャサリン妃)は、軽快な装いでヨットレースの会場へ。マルチカラーのボーダー柄ニットトップスが程よく華やか。ウエストで波打つペプラムが動きを添えました。セーラー風のワイドパンツがアウトドアにふさわしいアクティブな雰囲気。足元に白スニーカーを迎えて、都会派のマリンテイストを醸し出しました。ネイビーカラーと白のコンビネーションが涼やかさを印象づけています。

■2:上品にカジュアルダウンさせた「サマージャケットスタイル」が美しい、スウェーデンのヴィクトリア王女

白パンツと白スニーカーのコンビネーションのヴィクトリア王女
準オールホワイトの装いは、春夏の解放的な気分にぴったり

白パンツと白スニーカーのコンビネーションは、クリーンなムードを際立たせます。清潔感や若々しさも伝わるので、王室レディーもお好みです。

スウェーデン王室のCrown Princess Victoria(ヴィクトリア王女)は、白主体のパンツルックで海洋研究センターを訪問。水色と白のストライプジャケットという、海辺にふさわしい出で立ちです。ジャケット以外はTシャツ、パンツ、スニーカーを白で統一。マニッシュな雰囲気を引き立てています。パンツ裾と白スニーカーの間からのぞく素足が健康的なイメージを引き出しました。

■3:トレンドをオリジナルに崩した「エレガントなサファリスタイル」がお似合いの、デンマーク王室メアリー皇太子妃

カーキのフレアスカートに白スニーカーのメアリー皇太子妃
ロングのY字ネックレスを添えて、ほっそり見える縦ラインを強調

白スニーカーは白いトップスと組み合わせれば、白でボトムスをはさむ形になって、きれいめイメージが強まります。シャツを選ぶと、きちんと感も加わるので、ロイヤルレディーたちも愛用されているご様子。

白スニーカーを履いて、アフリカのケニアを訪れたのは、デンマーク王室のCrown Princess Mary(メアリー皇太子妃)。カーキのフレアスカートをまとって、サファリ調の着こなしに整えました。白シャツと白スニーカーでカーキスカートをサンドイッチして、健やかなサファリルックに。素足で履いたスタイルも、若々しく見えて好印象です。

■4:ベージュカラーのスニーカーでトーンダウンさせた「大胆な柄スタイル」を着こなしたベルギー・マチルド王妃

ベージュのスニーカーでカジュアルな装いのマチルド王妃
隣のCrown Princess Elisabeth(プリンセス・エリザベート)とワインカラーでさりげなく親子リンクコーデ

白以外のカラースニーカーは、コーデに溶け込ませやすいので、様々なシーンで履きこなせます。たとえば、ベージュ系のアースカラーは、落ち着いた装いにまとめやすい色です。

写真右のベルギーのQueen Mathilde(マチルド王妃)は、長袖Tシャツにクロップドパンツという、気取らないカジュアルな装い。ベージュのスニーカーを選んで、全体を穏やかに整えました。地面とスニーカーが馴染んで、ナチュラルな佇まいに。ゆとりのあるTシャツのウエストに細ベルトを巻いて、メリハリを引き出しています。

■5:モナコのシャルレーヌ公妃は、ブラック&ホワイトでクールに引き締めた「最旬モードスタイル」で

レギンスと黒スニーカーのクールな着こなしのシャルレーヌ公妃
大ぶりサングラスが小顔効果まで発揮

黒スニーカーはシックに映るから、モダンな装いにも組み込めるアイテムです。レザージャケットや、黒パンツなどに引き合わせて、黒主体のコーデにも仕上げられます。

モナコのPrincess Charlene(シャルレーヌ公妃)は、黒革のライダースジャケットを主役に据えて、クールな着こなしに。レギンスと黒スニーカーで脇を固めて、スタイリッシュなムードにまとめ上げました。スニーカーを縁取る白のライニングが軽やかさをプラス。足首を見せることで、さらにヌケ感を演出。白トップスをウエストアウトして、さりげなくヒップラインをカムフラージュしているところもお手本になります。


今回は、今だからこそ取り入れやすい、ロイヤルレディーたちの「スニーカースタイル」にフォーカスしました。軽快感やフレッシュさだけではなく、ポジティブなムードや気取らないキャラクターなども漂わせてくれるところも、今の気分にもぴったり!

スーツやワンピースのスタイリングに合わせれば、まとまりすぎる印象を打破して、伸びやかにみせてくれます。この春はスニーカーで、足元からこなれ感を演出してみてはいかがでしょう。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃