デニムパンツは不動のデイリーアイテムですが、合わせるトップスを一工夫するだけで、着こなしのバリエーションが広がります。たとえば、花柄ブラウスとのコンビネーションは、ナチュラル感や彩りが加わって、今年らしいスタイリングに。花柄ならではのフェミニン感や華やぎは、沈みがちな気分も盛り上げてくれそうです。

今回は、おしゃれ上手なセレブリティーたちの「花柄ブラウス×デニムパンツ」スタイルに注目します。つい手を抜きがちなデイリーコーデを充実させる「ヒント」を探っていきましょう。

手抜きに見せない「おうちコーデ」が判明!一瞬で華やぐ「花柄ブラウス×デニムパンツ」スタイル5選

■1:上半身をスッキリ見せる「Vネックの花柄ブラウス」でスタイルアップ

花柄グリーンのブラウスとデニムパンツのキャサリン・シュワルツェネッガー
クラッチバッグとサンダルを白でそろえてさわやかに

Vネックのブラウスを選べば、上半身をすっきり見せることができます。ボタニカルな花柄のトップスに薄いトーンのデニムパンツと合わせることで、大人女性でも取り入れやすく今年っぽいスタイリングに!

俳優アーノルド・シュワルツェネッガーの娘で作家のKatherine Schwarzenegger(キャサリン・シュワルツェネッガー)は、深く開いたVネックラインで美しいデコルテを披露。程よいボリュームのある袖が、華奢な印象を引き出しています。

デニムパンツのウエストに、無造作にブラウス裾の正面だけをインすることで、ボディーラインを整えています。ブラウスで量感を出して、パンツでほっそり引き締めるコンビネーションがスタイルアップに効果的です。

■2:「ブルー系ワントーンの花柄ブラウス」で清涼感ある上品スタイルへ

小花柄ブラウスにデニムパンツで上品カジュアルのシエナ・ミラー
「タイトな上半身×ゆったりボトムス」で、ボリュームをコントロール

涼やかさを引き出すクールなブルー系のワントーンコーデは、汗ばむシーズンに最適。小花柄ブラウスは、デニムパンツスタイルを上品カジュアルに見せてくれます。

女優のSienna Miller(シエナ・ミラー)は、ブルー主体の小花柄ブラウスをチョイス。優しさを感じさせる小花柄は、デニムパンツ姿にもレディ感を漂わせてくれます。半袖の開襟ブラウスはパジャマ風で心地よさげ。裾をきっちりウエストインして、メリハリを強調しています。子供っぽくならない清涼感のある上品カジュアルは、デイリーにもってこいのスタイルですね。

■3:「スクエアネックの花柄ブラウス」で顔まわりを明るくフレッシュに

マルチカラーの花柄ブラウスにインディゴブルーデニムパツンのプラバル グルン
ドレッシーなシャツが、女性らしいデニムスタイルへ

マルチカラーの花柄ブラウスは、インディゴブルーのデニムパンツときれいなコントラストを描き出します。スクエアネックのように首回りを整えることで、顔映りも明るくなり、華やかに見せることができます。

ニューヨークブランド「Prabal Gurung(プラバル グルン)」のブラウスをまとったのは、女優のPriyanka Chopra(プリヤンカー・チョープラー)。70年代テイストを思わせる、ドラマティックな彩りが目を引きます。

スクエア風に仕立てたネック周りには共布のボウタイをあしらい、レディーなムードに。袖に何段にも施されているロマンティックなフリルがスタイリングに動きを出し、ポジティブムードを放つ装いに仕上がりました。

■4:「レトロフォルムのショートトップス」でリラックス感を誘う

ネック周りがゆるやかなブラウスユーズド風のデニムパンツにミシェル・ウィリアムズ
ショート丈トップスとハイウエストのパンツで、脚長効果を発揮

ネック周りがゆるやかなブラウスは、デニムルックにのどかなムードを寄り添わせてくれます。懐かしげな花柄は、ウォッシュを効かせたユーズド風のデニムパンツと好相性です。

女優のMichelle Williams(ミシェル・ウィリアムズ)は、レトロな雰囲気の花柄ブラウスでリラクシングな休日コーデを楽しんでいました。ふわっとしたゆったりフォルムのスモックタイプで、袖口もたっぷり幅。楽ちんな着心地だから、部屋でも快適に過ごせそう。

気取らない切りっぱなしのデニムパンツも絶妙におしゃれ。クールな色合いの花柄はノスタルジックで、装い全体を落ち着かせています。

■5:「ロマンティック×カジュアル」でムードミックスを完成

「袖コンシャス」のブラウスにデニムパンツのエマ・ロバーツ
トレンディーなムードミックススタイルが粋

デニムパンツにはカジュアルな普段着のイメージがありますが、甘めなデザイントップスを合わせることで、ムードを操ることができます。

女優のEmma Roberts(エマ・ロバーツ)は、袖にボリュームをもたせる「袖コンシャス」のブラウスを選びました。さらに、スクエア形のネックラインで、デコルテ美人を演出。小ぶりの花柄もオールディーズな気分を寄り添わせています。穿き込んだ表情のデニムパンツで合わせれば、ご覧の通りの「甘辛コーデ」が完成します!

目を引きやすいデコルテや袖に動きを出すことで、簡単に印象を変えることができます。手持ちのアイテムでもチャレンジできそうなテクニックですね!


花柄をあしらったブラウスは、定番のデニムパンツをフレッシュに見せてくれています。ブラウスの色・形、花柄の種類などで何通りにも着回せるので、好みの組み合わせを見付けて、春夏コーデに生かしてみませんか? きっと、おこもり生活で気分が沈みがちな毎日に、ポジティブなムードをもたらしてくれることでしょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃