お家時間や、近所までのお買い物で出かける際のリラックスしたカジュアル。

そのときの足元におすすめしたいのが、スポーティーなサンダルです。

こなれたカジュアルが得意なセレブのSNAPからマスターしましょう。

「スポーツサンダル」でストレスなくリラックス感も十分なカジュアルコーデ4選

■1:ステラ・マッカートニーは…足元にボリュームが出る厚底タイプでスタイルアップ効果を狙って

サンダル_1
ヘアをアップにまとめて、オールインワンをより辛口ベーシックな印象に。

カリブ海随一のセレブな島として知られるセントバース島で見かけられた、デザイナー、ステラ・マッカートニー。

ベージュのジャンプスーツを颯爽と着こなし、ミリタリーテイストを楽しんでいました。

コーディネートしている足元は、赤っぽいブラウンのスポーツサンダル。

ラバーソールのようでややボリュームがあるデザインで、脚長に見える効果も期待できます。

同時に、歩きやすさももちろん問題ないので、一石二鳥です。

ジャンプスーツよりダークな色味ということも、引き締まって見えます。

■2:クリッシー・テイゲンは…ファー×ロゴならリッチ度の高いこなれたカジュアルが完成

サンダル_2
バッグは手の空く斜めがけでアクティブさをアピール。キッズ連れの外出の鉄則です。

歌手ジョン・レジェンドの妻で、モデルのクリッシー・テイゲンは、ビバリーヒルズで娘と買い物中にSNAPされていました。

フェンディのファーサンダルは、FFロゴが大胆にファーにプリントされて、こなれたラグジュアリーさを放っています。

フラットでも存在感十分で、コーディネートの主役級の役割りに。

黒のトップスとダメージデニムを合わせたカジュアルが確実に格上げできます。

リラックス感があって優雅さも感じられる、大人の理想スタイルが完成。

■3:ジェシカ・アルバは…シンプルな黒のストラップタイプはどんなテイストにもマッチ

サンダル_3
胸元が開いたトップスには、違ったタイプのネックレスを重ねづけて、スタイリッシュさをアップ。

ファミリーで食事に出かけたときの女優、ジェシカ・アルバのコーディネートです。

プリントの羽織りものに合わせたベアトップ×ロングスカートで女性らしくエレガントに。

着こなし自体にプリントを取り入れ、着こなしにインパクトがあるので、足元と斜めがけしたミニバッグはブラックを投入し、落ち着いた雰囲気に。

厚めのソールはエスパドリーユ風で、シンプルなストラップがオールマイティなデザインです。

こんなフェミニンな着こなしはもちろん、細身パンツで仕上げるスポーティーカジュアルにも難なくマッチ。

こんなタイプがあると、テイストを選ばず活用できて、便利な一足といえそう。

■4:ロージー・ハンティントン=ホワイトリーは…コンフォートフラットでブラックドレスが今どきリラックスに早変わり

サンダル_4
ドレスがシンプルなときは、存在感のあるデザインネックレスが華やかなアクセントに。

モデル、ロージー・ハンティントン=ホワイトリーはオーガニック食材を扱うスーパー、ホールフーズでSNAPされていました。

ボディラインに美しくフィットするシンプルな黒ドレスを着ていますが、足元にはあえてスポーツサンダルを投入。金具はゴールドでボリュームあるタイプ、色味はテラコッタ系と、これ一足でこなれたリラックスムードが漂います。

ドレスアップした服×カジュアルな足元というまさにミックス感覚の上級おしゃれに。

ヘアもコンパクトなアップにすれば、モードさが高まります。


リラックスムードの服には、足元もフラット系やボリュームあるソールのサンダルを合わせて、おしゃれの完成度を高めましょう。

こなれた印象に仕上がるだけでなく、ストレスがなく歩きやすいという機能面でもパーフェクトです。

ぜひ、セレブたちをお手本に取り入れてみてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀