世界の王妃やプリンセスたちが夏に愛用しているウエアのひとつに「シャツワンピース」があります。

彼女たちの支持を集めている理由は、気品と着心地の両立が叶うから。柄や色を上手に選んで、節度や涼やかさを印象づけるのが、ロイヤルコーディネートの秘密です。

シャツワンピース1枚着るだけの装いなのに、エレガンスを保ち、ノーブルに見せる着こなしは、さすがの王室テクニック。これからの季節に屋内外で大活躍してくれそうな着こなし方の答えは、ロイヤルレディーたちのスタイルにありました。

ロイヤルレディーの定番は「シャツワンピース」!知的エレガントなサマースタイル5選

■1:縦長効果を引き出す「ジグザグ柄」でスタイルアップ

ジグザグが縦に走るワンピースをまとったメアリー皇太子妃
ナチュラルなかごバッグとエレガントなストラップシューズで、モノトーンルックを味付け

印象的な柄や模様をあしらったシャツワンピースは、モチーフごとに異なったイメージを与えてくれます。クールな幾何学模様やストライプ柄は、すっきり感を引き出す効果があります。

ジグザグ柄が縦に走るワンピースをまとったのは、デンマークのPrincess Mary(メアリー皇太子妃)。シンプルに見えやすいシャツワンピースに、ダイナミックな動きを盛り込みました。このような縦方向の柄が入ると、ぐんと引き締まって映ります。正面を開けられるので、パンツの上から重ねて、ロングカーディガン風にさらっと羽織れば着回し力も高まります。

■2:ハッピー感ある「花柄」をスッキリシルエットで上品に

ペパーミントグリーンに花柄を散らしたシャツワンピース姿のキャサリン妃
すっきりしたシャツ袖とウエストマークが、甘さのあるプリントでも大人っぽい印象へ

花柄は周りの雰囲気にハッピー感を漂わせるムードメーカーになってくれます。シャツの「きちんと感」に、適度な女らしさを添える点でも役に立つ柄といえるでしょう。

英国王室のKate the Duchess of Cambridge(キャサリン妃)は、涼しそうなペパーミントグリーンにたくさんの花柄を散らしたシャツワンピースで幸福感までまといました。端正なシャツの風情と、愛らしい花柄が交じり合って、上品なミックステイストに。シャツ襟部分のボタンをさりげなく開ければ、きれいなVネックが生まれます。

■3:初夏の大定番「涼しげブルー×半袖」で爽やかに

ウォーターカラーで無地ワンピースのヴィクトリア王女
イヤリングも色味を合わせて、統一感をアップ

夏に着たくなるのは、快適に過ごしやすい半袖タイプのワンピースでしょう。ノースリーブより節度があって、長袖より涼しいのが魅力です。ブルー系を選べば、さらに爽やかな印象が強まります。

スウェーデン皇太子のCrown Princess Victoria(ヴィクトリア王女)は、ウォーターカラーの無地ワンピースを誕生日の装いに選びました。ご家族も同じ色でそろえた、カラーリンクコーデ。半袖の軽やかムードは装いに夏の気分を醸し出します。

ウエストリボンがお腹周りをきれいにカムフラージュ。シャツならではのすっきりした胸元がロイヤルな気品をまとわせています。

■4:清潔感ある「ホワイトルック」で気品をまとって

純白のシャツワンピースに身を包んだマルグレーテ2世女王
ロイヤル感を添える、襟にあしらった花ブローチ

真っ白なワンピースは、夏ルックに求めたい清潔感を際立たせます。王室レディーが好む、クリーンなイメージの装いにもピッタリです。

デンマークのQueen Margrethe II(マルグレーテ2世女王)は、純白のシャツワンピースに身を包んで、さすがの風格を感じさせます。開きすぎない襟元が品格ルックのポイント。半袖の折り返しで腕を華奢に見せています。

正面に並んだ、ゴールドボタンがリュクスなアクセントに。ウエストは太ベルトで引き締めて、メリハリを出しました。

■5:スタイルを引き締める「ブラックベルト」でボディーラインにメリハリを

白ベースのワンピースに黒リボンベルトのラニア王妃
リボンを結んで、余った端を垂らして、落ち感を演出

シャツワンピース姿にメリハリを加えるには、ベルト使いが鍵になります。共布ベルトがセットになっているタイプもありますが、黒系のリボンベルトは引き締め効果も絶大! エレガンスを添えるうえでも効果的です。

ヨルダン王室のQueen Rania(ラーニア王妃)は、白ベースのチェック柄ワンピースに、黒のリボンベルトを合わせました。細かい格子モチーフが上品で爽やか。黒ベルトでウエストマークして、ほっそりイメージを際立たせています。バッグと靴も黒でそろえて、シックな初夏ルックにまとめました。


きちんと感もまとえる「シャツワンピース」は、さまざまなシーンで活躍します。気張って見え過ぎないところも、人気の理由です。湿気の多くなる梅雨時や、蒸し暑い夏を迎えても、涼やかに過ごせるシャツワンピースは屋内外で重宝すること請け合い。王室レディーをお手本に、着こなしパターンを広げてみませんか。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃