先日、お届けしたセレブたちのマスクSNAPが好評でしたので、さらに最新バージョンとして5月初旬から中旬に撮影された、最新コーデ第2弾をご紹介します。

今回はさらにバージョンアップして、4人とも西海岸の明るい雰囲気たっぷりに色、デザインさまざまなマスクをつけていました。これから長く続くお出かけ時のマスクをつけたコーディネートの、参考にしていただければ幸いです。

夏らしいハジケた可愛さが際立つL.A.流「マスク」コーデ4選

■1:エル・ファニングは…リラックスワンピースにぴったりマッチしたピンクのマスクで大人スイートに

stayathome_1
ぺたんこのトングタイプのサンダルを合わせて、ナチュラルな雰囲気にまとめています。

2020年5月9日にサンタモニカで、姉のダコタ・ファニングと一緒に、獣医さんを訪ねていた女優、エル・ファニング。

体を締め付けずストレスフリーに着られる、淡いピンクのプリントワンピースをリラックスした雰囲気に着こなしていました。

合わせていたマスクは、ワントーン濃いピンクのものをコーディネートしていて、ガーリーな可愛さをアピール。

さらにロゴとイラストも描かれていて、遊び心が感じられます。

あえてこのくらいのデザインでポップさを出すのもアリ。日替わりで着こなしに合ったものを選ぶようにするのがいいかもしれません。

■2:エマ・ロバーツは…柄×柄でもセンスのよさが漂う!モードなマスクスタイルの理想形

stayathome_2
ポインテッドトウもフラットタイプなら、こなれた印象が高まってL.A.らしさが感じられます。

女優のエマ・ロバーツがニューススタンドに寄り道していた2020年5月8日のSNAPです。

大、小のギンガムチェックを組み合わせたオールインワンは、1枚着るだけで絵になるアイテムです。

これにトロピカルなボタニカル柄のマスクを合わせて、ヘルシーなムードに仕上げていました。

柄アイテムに柄のマスクでも喧嘩せず、かえって辛口ニュアンスが際立っていてさすがです。

どちらの色味も落ち着いているので、バランスよくまとまっています。

彼女は、ピンクのビニール手袋までして徹底的にウィルスを保護していました。

■3:ケイト・ハドソンは…カラフルな色使い&リップモチーフにポップな可愛さが光って

stayathome_3
着こなしがカラフルなので、足元は白ですっきりスマートに。スポーティーな雰囲気が高まります。

インパクトあるトレーニングウエアを着て、2020年5月13日にお散歩中だったのは、女優のケイト・ハドソン。

タイダイ風になったレギンスを、クロムハーツのパーカに合わせてアクティブにまとめていました。

レギンスの目立つ部分に配されたイエローとローズ色をマスクでリピート。

しかもイエローのベースに、リップのモチーフのイラストがローズ色で描かれている、とてもユニークなデザインで、注目が集まること間違いなし。

マスクもこんな風にケイトを見習って、楽しみながら使いこなせるようになるといいですね。

■4:ルーシー・ヘイルは…刺しゅう風のラグジュアリーな素材ならデニムカジュアルをシックに格上げ

stayathome_4
シンプルなチェーンネックレスをつけるだけでも、女性らしいエッセンスをアピールできています。

ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」でブレイクした女優のルーシー・ヘイルが2020年5月12日に見かけられたときのデニムスタイルです。

胸元がカッティングされた黒トップスにデニムをコーディネートしたフェミニンさが香るシンプルモードな装いに、コード刺しゅうのような素材感のあるマスクを合わせていました。

トップスの黒とマスクの白がコントラストになって、着こなしにメリハリをつけています。

マスクに清潔感が十分漂い、リッチさをもたらす小物として存在感十分です。


マスクをつけることが日常となったいま、セレブたちのようにセンスがよくノリのいい取り入れ方をしてはいかがでしょう。

コロナと付き合っていくこれからは、マスクをファッションアイテムのひとつとしておしゃれに使いこなして、コーディネートの完成度を高めてみてください。

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀