雨の日のお出かけもスムーズで快適なレインシューズを取り入れてみませんか?

梅雨でいつ雨が降るか心配なときも、レインシューズを履いていれば外出が楽しくなります。今っぽく履きこなしていたセレブたちを参考にしましょう。

梅雨シーズンをかっこいい足元で乗り切る!「レインシューズ」でつくる今どきコーデ4選

■1:イリーナ・シェイクは…シャネルのバイカラーシューズがレインブーツに!黒ワンピに合わせて辛口フェミニンに

靴_1
娘のレアちゃんもヴェルサーチの黒ワンピでおそろいコーデに。イエローのレインブーツでポップに着こなしていました。

娘と遊び終わった後、公園のグランドから家に向かっていたイリーナ・シェイクです。

黒のミニ丈のワンピースにカーキのトレンチコートを羽織って、かっこよくて女らしいスタイリングにまとめていました。

足元にはベージュと黒であのバイカラーシューズと同じデザインが楽しめる、シャネルのレインブーツをON。

サイドから見ると上部にはブランドロゴがあしらわれていて、シャネルらしい遊び心が感じられます。

ミニ丈&シンプルな黒ワンピースに合わせるからこそ、このブーツの魅力が際立っています。

親子で黒ワンピース×レインブーツのコーデというペア感も、そのファッショニスタ度からさらに注目の存在になりそうです。

■2:ナタリー・ポートマンは…足元のリボンが大人スイート。パンツスタイルにキュートなアクセントを加味

靴_2
クリスチャン ディオールのショルダーバッグを品のいいアクセントに。リッチさが際立ちます。

女優、ナタリー・ポートマンがL.A.のレストランからランチをして出てきたときのコーディネートです。

BIGサイズの白ニットに、ネイビーの細身パンツを合わせたフェミニンなパンツスタイルで、足元はショート丈のレインシューズを履いていました。

アイボリーをベースにしたラバー製のショートブーツは、センターに小さなリボンの飾りが付いていて、パンツの裾からちらっと見えたとき、さりげなくスイートなニュアンスに。

レインブーツにはめずらしい女子力があるデザインなら、新鮮さを生み出します。

足元が明るい色だと、全身の着こなしを軽やかに見せる効果にも。

■3:イリーナ・シェイクは…ボリュームタイプの黒ブーツでベージュトレンチをシャープに引き締めて

靴_3
マスクもレインブーツと同じ黒でコーディネート。全身に統一感が出てバランスのいいスタイリングに。

2020年5月6日にSNAPされたイリーナ・シェイクと娘のお散歩シーンです。

ベージュの薄手トレンチを主役に、同じトーンのパンツと黒のマスクを合わせていました。

ベージュのパンツをインしたレインブーツは、クリスチャン ディオールのもの。

レースアップタイプで、ボリュームのあるソールなので、スタイルアップして見える一足です。

サングラス、マスクとともに、ベージュのスタイリングに黒を投入すれば、コーディネートの引き締め効果に。

難しいミドル丈のブーツもパンツをインすれば、バランスよくまとまるので、ぜひ試してみてください。

■4:アンバー・ハードは…トップスの色をレインブーツでリピートしてシンプルモードな雨の日スタイルに

靴_4
バッグもベルトも黒でトータルコーディネート。日本人だとちょっと地味ですが、彼女の場合ブロンドヘアなので、重たく見えません。

ジョニー・デップとの離婚により話題の的になった女優アンバー・ハードは、2020年3月23日ホームセンターで見かけられていました。

ロサンゼルスではマスクなしには外出できないようですが、この姿でいたようです。

デニム以外、トップス、バッグ、ベルト、レインブーツもすべて黒でまとめ、シャープなカジュアルスタイルに仕上げていました。

レインブーツは、英国王室や世界のセレブに人気のハンターを愛用中。

雨や泥水をものともしない高い撥水力があり、機能面でも優れた実力派です。

ロゴがデザインされただけと、ベーシックなデザインもおしゃれを邪魔することなく、アンバーのようなシンプルカジュアルに自然とマッチします。

トレンド性はあまりないけれど、スマートで安心感のあるコーデです。


レインブーツを愛用しているセレブたちにスポットを当ててみました。

全身を軽やかに仕上げてくれる淡めのカラー、スタイルがよく見えるボリュームソールなど、コーディネートをスマートに仕上げる効果も十分なコーディネートが見かけられました。

ぜひレイニーシーズンに取り入れて、快適なお出かけを楽しんでください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀