汗ばむ季節に選びたいのは、見た目に爽やかで着心地も軽やかなサマースタイル! 美脚効果も兼ね備えた「スリット入りのワンピースやスカート」は、女性の魅力を高めてくれる絶好のアイテムです。いつでも爽やかな装いで公務に臨む世界のロイヤルレディーたちも、真夏の定番スタイルとして取り入れています。

品位ある着こなしのポイントは「配色」「トップス選び」「スリットの深さや形」など。スリットデザインを生かすロイヤルテクニックを盗んで、上品で軽やかなサマースタイルを楽しみませんか?

蒸し暑い真夏に取り入れたい!王室レディーの軽やかでエレガントな「スリットスカート スタイル」5選

■1:落ち着いたビジネススタイルへと導く「シック配色」

グラフィカルな総柄ワンピースのシャルレーヌ公妃
中間色のグレーパンプスでノーブルな足元に

ロイヤルレディーが選ぶスリットスタイルは、「スカート真横の片側のみスリットが入ったスタイル」が基本です。すっきりとしたタイトシルエットなので、上品かつ動きのある軽やかさをまとうことができます。

モナコのPrincess Charlene(シャルレーヌ公妃)は、グラフィカルな総柄のワンピースをピックアップ。深いスリットデザインではありますが、細身シルエットなので、裾が開きすぎず上品にまとまっています。夏らしい白のジャケットを重ねて、清潔感も印象づけました。足さばきが軽やかでアクティブな印象ですが、色数を抑えることで上品かつ大人の表情へと導いています。

■2:深スリットでも上品!ロイヤルな「×トップス」テクニック

ロイヤルブルー系のロングスカートのメアリー皇太子妃
トップが大ぶりなラリエット風ネックレスが落ち感を演出

一歩間違えればセクシーになり過ぎてしまう「深スリットのロングスカート」も、エレガントなトップスと合わせることで、上品なお嬢様スタイルにまとめることができます。

デンマークのPrincess Mary(メアリー皇太子妃)は、膝上までスリットが入ったロイヤルブルーのロングスカートで王宮の庭へ。風になびくスカートの裾が、エレガントに波打ちます。ロイヤルが得意とする白のレースのブラウスが涼感を添え、落ち着いた涼しげな佇まいに仕上がりました。

■3:ノーブルな香りをまとう、清楚な「箱ひだプリーツ」

ネイビーと白のツートーンでまとめたキャサリン妃
ブラウスとスカートにあしらわれたゴールドのボタンが、艶やかさをプラス

スリットを上品に着こなすには、プリーツと組み合わせる方法が効果的です。正統派のきちんと感を醸し出す箱ひだプリーツのデザインが、ノーブルな装いへと整えてくれます。

英国王室のKate the Duchess of Cambridge(キャサリン妃)は、ネイビーと白のツートーンでまとめた、王道のロイヤルスタイルを披露。スリットは膝上までありますが、クラシカルなタイトスカートなので、イヤミがありません。マリンテイストやプレッピーのような、オーソドックスな着こなしに取り入れることで、スリットを清楚に見せることができます。

■4:黒ワンピースに軽やかなリズムを刻む、「スリット マジック」

タイトめシルエットのワンピース姿のラニア王妃
重厚感あるスタイルに華やぎを添える、エレガントなスリットデザイン

夏場は特に重く見えがちな「ブラックスタイル」には、スリットデザインを加えることで動きが出ます。少しスリットが入るだけでも、アクティブで艶やかな印象になるので、ロイヤルレディーが好んで着用しています。

ヨルダン王室のQueen Rania(ラーニア王妃)は、タイトなシルエットのワンピースに身を包んで、王宮内の会合へ。公式な席とあって、オールブラックでまとめていますが、裾にスリットが入ったワンピースが、エレガントでありながら軽やかでアクティブに魅せています。程よい肌見せを叶えるシースルーの袖も、計算されたもの。胸元に煌めくモチーフを迎えて、王妃ならではの華やぎも忘れてはいません。

■5:細見え効果を発揮する「アシンメトリーデザインのラップドレス」

大ぶり花柄ラップドレスのマキシマ王妃
自然なほっそり感が生まれる、アシンメトリーデザイン

王妃やプリンセスも、ときには大胆なスリットを取り入れることがあります。たとえば、スカートの後ろの裾が長くなった「アシンメトリー」シルエットなら、深めのスリットデザインとも好相性。エレガントに装うことができます。

オランダのQueen Maxima(マキシマ王妃)は、大ぶりの花柄が印象的なラップドレス姿を披露。裾に向かって斜めに流れ落ちるようなカッティングなので、スリットデザインが主張しすぎていません。大ぶりなイヤリングとストラップのヒールサンダルを迎えた、ドレッシーな装いと調和しています。


今回は、暑い夏でも涼しげな装いを叶えてくれる、スリット入りのワンピースやスカートのスタイルをクローズアップしました。「配色」「トップス選び」「スリットの深さや形」など、ロイヤルレディーたちの神業を参考に、エレガントで軽やかなサマールックを楽しんでください。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃