真夏の主役バッグといえば、近年人気が急上昇している「かごバッグ」! 手持ちのサマーウエアに添えるだけで、一気に夏らしい装いに様変わりします。世界のロイヤルレディーたちも、かごバッグを愛用されているようです。

オンでもカジュアルになり過ぎない、抜け感あるエレガントなかごバッグスタイルは、王妃たちをお手本にしてみてください!

「かごバッグ」でムードチェンジ!巧みにアップデートした、ロイヤルレディーのサマースタイル5選

■1:クールなサファリスタイルを、レディーライクにムードチェンジ

レティシア王妃

カーキ色のオールインワンにかごトートバッグのレティシア王妃
女性らしいムードを引き寄せる、ナチュラル素材の柔らかさ

ムードチェンジに一役買ってくれるのが、かごバッグの魅力のひとつ。クールなオンスタイルにも、絶妙な抜け感をプラスしてくれます。

スペインのQueen Letizia(レティシア王妃)は、トレンドのサファリスタイルを披露。ジャケット風の襟付きタイプのオールインワンが、メンズライクなムードに。凛としたこのスタイルに、適度な柔らかさと軽やかさをまとわせたのが、かごバッグの存在でした。

足元にはエスパドリーユ風のウエッジサンダルを迎えて、夏らしく涼やかに仕上げています。レザーディテールが、大人の品格を感じさせています。

■2:異素材ミックスのミニバッグで、オンスタイルにマイルドな抜け感を

マキシマ王妃

オレンジ色のセットアップにアレンジ系かごバッグのマキシマ王妃
白のVネックと組み合わせて、デコルテをすっきりと演出

かごバッグは、ワークウエアの鉄板であるセットアップスタイルとも好相性です! 凛々しい大人女性のワークシーンに、チャーミングな魅力を灯してくれます。

フレッシュなオレンジ色のロングジレとパンツのセットアップで登場したのは、オランダのQueen Maxima(マキシマ王妃)。ビタミンカラーのオンスタイルに合わせたのは、レザー×ラフィアという異素材ミックスのかごバッグでした。

見慣れたかごバッグとは異なる進化系のかごバッグが、キャリア女性のデイスタイルをマイルドにアップデートしています。

■3:ポシェットでも、甘過ぎない大人のカントリーガールを演出

プリンセス・マデレーン

ロマンティックなワンピースにラタン風かごショルダーバッグのプリンセス・マデレーン
大ぶりのゴールドイヤリングで顔周りを華やかに

どこか懐かしい、コロンと丸みを帯びたポシェットタイプが、じわじわと人気を取り戻しています。

スウェーデン王室のPrincess Madeleine(プリンセス・マデレーン)は、ロマンティックなワンピースに、レトロなポシェットタイプのかごバッグを合わせました。シアー素材のワンピースを甘過ぎず大人女性の装いへと導いたのは、計算されたレザーディテールです。

ロマンティックなワンピース姿を大人っぽく整えたいときに重宝するコーディネートテクニックです。

■4:オールマイティーなクラッチで、エレガントかつ軽快な印象へ

メアリー皇太子妃

花柄のプリーツスカートにクラッチバッグを添えたメアリー皇太子妃
見慣れたかごバッグよりも大人っぽい魅力の「かごクラッチ」

どんなシーンにも馴染みやすいのが、エレガントなクラッチタイプです。アートな柄スタイルにも自然に馴染みます。

デンマークのPrincess Mary(メアリー皇太子妃)は、あでやかな花柄のプリーツスカートをまとって博物館へ。トップスはすっきりとしたシルエットの白でまとめて、ノーブルな印象を際立たせています。ラフィア素材のクラッチバッグを添えて、ナチュラル感を呼び込みました。

エレガンスと涼やかさを兼ね備えたロイヤルカジュアルなアレンジ技は、私たちの日常にも取り入れやすそうです。

■5:ナチュラル素材を生かしたワントーンスタイルで、今どき風にこなれる

マキシマ王妃

ベージュ系と白のツートーンにクラッチバッグのマキシマ王妃
ラフィア帽子とバッグ、シューズの自然色を響き合わせて

かごバッグの持ち味のひとつは、天然の植物ならではのナチュラルな色味です。やわらかいカラートーンを、装い全体に生かせば、リラクシングな印象が強まります。オフの日ファッションに取り入れたいテクニックです。

オランダのQueen Maxima(マキシマ王妃)は、ベージュ系グラデーションの穏やかなトーンでまとめました。総レースのトップスが王妃らしい気品を漂わせています。ワントーンでまとめたベージュの中折れ帽子とパンツで、ラフィア系のクラッチバッグが、心地よさを感じさせる、ナチュラルなイメージへと整えました。


今回は、ロイヤルレディーたちのかごバッグスタイルに注目しました。着こなし方次第で幅広いスタイルを楽しめる「かごバッグ」の人気は、年々勢いを増しています。王妃たちの多彩な着こなしテクニックを参考に、夏のおしゃれのレパートリーを広げてみませんか。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃