涼しく見えて爽やかな白を夏らしくかっこよく仕上げることは、大人の女性の理想といっても過言ではありません。

モード、エレガンス、スポーティーとまったく違ったテイストを、白で切れよくコーディネートしていた3人をお手本に、夏の着映えスタイルを楽しみましょう。

どんなテイストでも変幻自在!涼感美人をつくる「オール白」コーデ3選

■1:ヘイリー・ビーバーは…白シャツ×ゆるっとデニムで清潔感十分にモードな白を演出

大人コーデ_1
ヘアをまとめているので、ボリューム感あるゴールドのフープピアスがリッチなアクセントに。

2020年5月28日ビジネスミーティングが終わって出てきたヘイリー・ビーバーの着こなしです。

胸元のポケットがポイントになった白シャツに、ウォッシュがかかってほぼ白に色落ちしたデニムを合わせています。

デニムはオーバーサイズでゆるっとしているので、正統派の白シャツにカジュアルさがミックスされ、今っぽい雰囲気に。

さらに足元は細めのストラップがフェミニンなサンダルをコーディネート。

くしゅっとロールアップして足首の細い部分を強調できるので、ぜひ真似したいアレンジです。

涼しげに見える白の着こなしに、バッグだけは黒でシャープに仕上げると、モード感が盛り上がります。

■2:カーリー・クロスは…1枚纏うだけで絵になるワンピースでつくる着映えエレガンス

大人コーデ_2
ポインテッドトウのパンプスでかっこよく辛口の女性らしさをアピール。

2020年5月12日に白いワンピース姿でN.Y.にてSNAPされていたのは、モデル、カーリー・クロスです。

艶感がある白のサテン素材に金ボタンがデザインされたワンピースは、ボウタイ付きですが、そのまま垂らしてラフに着こなしていました。

ストンと落ちた細身のIシルエットで、ボタンの下からは脚のラインがのぞいています。

パンプスまで白でまとめて、すらりとスマート見えに。

■1のヘイリーと同じように、黒のバッグを合わせているので、ワンピースのエレガントさに辛口のモードさが加わります。

■3:ロージー・ハンティントン=ホワイトリーは…スポーティーをリッチかつ切れよく仕上げるなら白で涼しげに

大人コーデ_3
存在感あるアンクレットで足首にまでハイセンスなムードを光らせています。

2020年6月4日、モデル、ロージー・ハンティントン=ホワイトリーの着こなしは、ロングスリーブのTシャツ、パンツ、キャップ、トングサンダルまですべてを白で、かっこよく仕上げていました。

全面的にスポーティーさをアピールしたコーディネートですが、首元には太めのゴールドネックレスをプラスして、リッチなニュアンスを香らせています。

ウエスト周りがもたつかず、さらにだらしなく見えないように、Tシャツのフロントだけインしていることもお手本にしたいアレンジです。

パンツはやや短めの丈なことも、アクティブさにつながっています。


全身を白でまとめた3人のコーディネートは、モード、エレガンス、スポーティーとテイストはさまざまですが、クリーンな白の魅力が引き出され、着映え効果を発揮していました。

夏に着こなすと、涼しげに見えるので、ぜひ取り入れてみてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀