次のアメリカ大統領を決める選挙戦で、女性の副大統領候補に決まったカマラ・ハリス上院議員(民主党)に注目が集まっています。検事出身のカマラさんは、スーツ姿をはじめとした凜々しい装いを選ばれるケースが多いですが、堅苦しくないエレガントな雰囲気に整えるのがカマラ流のスタイリングテクニックです。

着こなしの決め手はパールのネックレス。白と黒の2種類を上手に使い分けています。スタイリングのムードを自在に操るパール使いは、ビジネスシーンにも手軽に生かせそうです。

注目のカマラ・ハリス議員は着こなしも超一流!米副大統領候補の巧みなパール使いを拝見

顔周りに上品な華やぎを与える「2連の白パールネックレス」

■1:紺ジャケット×白トップス編

紺ジャケット×白トップス
長短の2連使いで、艶やかさがアップ

パールのネックレスを使って、誠実さや清潔感を印象づけるには、やはり白のトップスがベストパートナー。その白トップスを引き立てる、深い色のジャケットを重ねることで、全体のコントラストがはっきりします。白の丸首トップスに、ネイビーのジャケットを重ねた、爽やかなコーディネートは、ビジネススタイルの参考になりそう。

決め手は、長短のパールネックレス! 白トップの上に乗せると上品に馴染むので、さりげないおしゃれのポイントとして最適です。素肌に当てた短いほうとの、巧みなバランスが絶妙ですね。

■2:チェック柄ジャケット×白トップス編

チェック柄ジャケット×白トップス
白トップスの地色とチェック柄の白をリンクさせることで、コーディネート全体が調和

同じ白トップスに乗せる使い方でも、ジャケットの色・柄を変えれば、ムードをアレンジすることができます。トラッド感がぐっと濃くなるブラウン系のチェック柄ジャケットは、議員にふさわしい正統派イメージを醸し出しています。

そこにパールの2連ネックレスを加えて、優しげな雰囲気に整えています。マスクスタイルでも知的感を損なわない、まさにお手本スタイルといえますね。

■3:白ジャケット×白ブラウス編

白ジャケット×白ブラウス
指のリングと響き合って、リュクス感をアップ

パールとの相性が抜群なのは、ホワイト主体のコーデです。ブラウスやジャケットを白でまとめると、自然な気品が備わります。

ブラウスとジャケットを重ねて、Vゾーンの凜々しさを際立たせました。そのVゾーンに2連のパールネックレスを迎えて、品格を印象づけています。素肌に乗せて、パールを目立たせる使い方がコツです。クリーンで真面目な人柄を示したいときにも白×パールのコンビネーションは効果的でしょう。

■4:黒ジャケット×黒トップス編

黒ジャケット×黒トップス
エレガントな巻き髪ともパールネックレスは好相性

ノーブルな表情のパールを最高に引き立ててくれる相棒色は、やはり「黒」。厳粛な場面にも似つかわしい装いに仕立ててくれるので、レパートリーに加えて損はありません。

論戦に臨んだカマラさんは、オールブラックのクールな装いで登壇。そこで、フェミニンさを演出することも忘れてはいません。切り札はやはりパールネックレス。2連タイプを胸元にあしらって、デコルテ周りに華やぎを加えました。胸の開き具合をカバーする役目も果たしてくれています。

貫禄とエレガンスを演出する「黒パールネックレス」

■1:紺ジャケット×黒トップス編

紺ジャケット×黒トップス
イヤリングも合わせて、黒パールをコーデの要に

希少なブラックパールは、白パールに比べて控えめな印象なので、主張が強すぎないという点でも、幅広いシーンで使いやすい理由です。

この日は、黒トップスの上から、黒に近いネイビーのジャケットを重ねた姿で演壇へ。デコルテを彩ったのは、静かに艶めく黒パールのネックレス。大ぶりの真珠玉が落ち着きを感じさせます。首回りに立体感を出すことで、首周りをすっきり見せました。黒のハーモニーが強さとエレガンスをダブルで奏でています。

■2:黒ジャケット×チェック柄トップス編

黒ジャケット×チェック柄トップス
黒スーツスタイルにほどよいきらめきを寄り添わせる、パールネックレス

黒パールのネックレスは、首周りに添えるだけで、優美に映り、貫禄もアップ。柄物トップスと組み合わせても、落ち着きが備わります。

国会議事堂に現れたカマラさんは、黒のシンプルなパンツスーツに身を包みました。単調に見えないよう、ユニークなチェック柄のトップスを合わせたのもポイントです。イヤリングも黒パールでそろえて、優雅な雰囲気を漂わせています。

■3:黒ジャケット×チャコールトップス編

黒ジャケット×チャコールトップス
1連でも目を惹く、圧倒的な存在感の黒パールのネックレス

ブラックパールはシックな色味なので、正式な場面でもレディーな装いになじむ重宝ジュエリーです。ダークトーンでまとめれば、いっそう大人感が引き立ちます。

黒主体のコーディネートでも、デコルテに黒パールネックレスを取り入れることで、表情に変化をつけることができます。着こなしのポイントは、全体を真っ黒に染めてしまわないこと。カマラさんは、トーンを少しだけ落としたチャコール系トップスで、全体の濃淡を際立たせました。ジャケットとの適度な陰影のずれが黒を味わい深く見せています。

■4:黒ジャケット×白シャツ編

黒ジャケット×白シャツ
表情を豊かに見せる、白シャツと黒ネックレスとのコントラスト

ブラックパールのネックレスは、見慣れた装いのイメージチェンジにも便利です。たとえば、パンツスーツに組み込むことで、いつもと違った印象を与えることができます。

黒のパンツスーツに白シャツというコーディネートはお仕事スタイルの定番ですが、シャツのボタンを外した胸元に黒パールのネックレスを収めるだけで、芯の強さを感じさせることができます。手持ちのスーツに変化を取り入れたい大人女性の、お手本になりそうなスタイリングテクニックです。


今回は、野党・民主党の副大統領候補に選ばれたKamala Harris(カマラ・ハリス)上院議員の、好感度があがる着こなしに注目しました。

白のパールネックレスは2連をベースに、清らかさと華やぎをアピール。彼女が大学時代に在籍した社交クラブのシンボルでもあり、教養や知性のアイコンでもあるそうです。一方、黒のパールネックレスは大人感やエレガンスを演出してくれます。

この2種類を使い分けるだけで、いろいろなお仕事シーンにマッチすることを、カマラさんは証明してくれています。一生使えるパールネックレスは大人女性のたしなみツール。普段から使いこなせば、日々のお仕事スタイルをバージョンアップできそうですね。ぜひ試してみてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃