柄を着るのが苦手という方も多くいらっしゃると思いますが、細かい水玉なら、無地と同じ感覚で着られて、簡単に着映えすることができます。

これから秋に向けてのブリッジアイテムとしてもぴったりな、秋色のドットプリントを着ていたふたりのおしゃれセレブのコーデを分析しました。

畏まりすぎず今どきのモードさが漂う、「水玉」柄のセットアップVSオールインワン対決

■1:セットアップを着たオリビア・パレルモは…水玉をラフに見せる肌見せとアメリカンスリーブでこなれたエレガンスが実現

大人コーデ_1
N.Y.で愛犬とお散歩を楽しむときの着こなし

●水玉アイテムの着こなしは…アメリカンスリーブのボウブラウスとふわりと揺れるフレアスカートのセットアップです。
明るめのブラウンに、白のドットが爽やかに映えて、ラグジュアリーな雰囲気にまとまっています。
夏の終わりに着こなすのがぴったりなシックなカラーリングと肌見せのバランスがよく、オリビアらしい上品なフェミニンテイストが魅力的です。

●バッグは…水玉からピックアップして、白のミニバッグを投入しています。
小さめですが、清涼感をもたらす白小物が軽やかな印象に。

●足元は…最近お散歩のシーンによく愛用しているのは、この刺しゅうミュール。
ボタニカル系の華やかなモチーフが愛らしい仕上がり。
水玉とも色味がマッチしています。
もちろんヒールサンダルでもエレガントにまとまりますが、フラットなミュールだと今っぽいリラックス感をアピールできます。

●ヘアスタイルは…首が詰まったデザインなので、アップにするのがベストです。
高めの位置でポニーテールにしてすっきり涼しげにアレンジ。

●マスクは…シルクスカーフをマスク代わりに口元に巻いて、スタイリッシュにアレンジしていました。
ラインが入ったクールなプリントがきりりと引き締まって見えます。

■2:オールインワンを着たケイト・ベッキンセールは…辛口モードなバーガンディーカラーを黒の太ベルトでさらにシャープに仕上げて

大人コーデ_2
テレビ番組に出演するためスタジオに向かうときの着こなし

●水玉アイテムの着こなしは…秋らしさをまず取り入れるなら、こんな落ち着きのあるカラーを全身に取り入れるのが正解です。
クラシックな水玉がたちまち今っぽくモードな雰囲気をもたらします。
ワンピースで着こなすより、オールインワンのほうがキレのいいかっこよさを簡単に表現できます。
ボディラインにメリハリをつけるため、太めの黒ベルトをアクセントに。
艶のあるエナメルの黒が引き締め効果十分です。

●バッグは…写真ではあまりよく見えていませんが、黒のミニサイズのショルダーをプラス。
ベルトと同じ色でまとめているので、なじみよくまとまっています。

●足元は…ヌーディーなヒールサンダルは、細ストラップが使われたデザインなのでまるで素足のよう。
ベージュをベースに黒がポイント的に使われてるので、モードさが漂います。

●ヘアスタイルは…ふんわりと毛先を大きくカールさせて、女性らしく。
センター分けなので、抜け感もありダウンスタイルでも軽やか。

●ネイルは…オールインワンと同じバーガンディーカラーを取り入れています。
短めの自爪でも、シックな色味だから女性らしくセクシーな彩りに。


水玉アイテムを取り入れたおしゃれ上手なふたりのコーディネートを細かく分析してみました。

オリビアはチャーミングなスカートスタイルに、ケイトはシャープさのあるハンサムスタイルにと、色味やアイテムによって水玉が単なるクラシックではなく、新鮮味があって今っぽい印象に仕上げていました。

着映え力も抜群なので、晩夏から秋に向けてのおしゃれの参考にしてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀