リゾートの旅先やアウトドアのシーンでカジュアルに着るだけのアイテムと認識されているショートパンツですが、ここ最近のおしゃれなセレブの着こなしを見ると、タウン仕様に更新されています。

かっこよくショートパンツを着こなしていたセレブのスタイリングを参考に、都会的でリッチに見えるテクニックを分析します。

切れがよくスタイリッシュ!「ショートパンツ」が主役のきちんとカジュアル3選

■1:エミリー・ラタコウスキーは…清潔感あふれる白は肩見せトップスを合わせてスポーティーなモードスタイルに

パンツ_1
足元は白スニーカーを合わせて、クリーンかつ軽快な印象を高めています。

2020年8月23日、N.Y.でショッピングしていたモデル、エミリー・ラタコウスキーです。

キュロット丈の白パンツを、黒の大胆なデザイントップスをコーディネートして、メリハリのあるモノトーンにまとめていました。

裾に向かって広がっているキュロットは、ひざ下を長く細く見せてくれる優秀デザインです。
素足が出るキュロットは長いパンツをはくより、アクティブさが高まります。

ブラウンのベルトでウエストマークしているので、引き締まって見えて確実にスタイルアップ。
肩の出たトップスを着ても、健康的に仕上がるのは、キュロットとの合わせだからこそです。

■2:グウィネス・パルトロウは…大人っぽいクラス感が際立つネイビーのショート丈ならヘルシーな都会派コーデが完成

パンツ_2
斜めがけにした小さめのストローバッグが、軽やかなアクセントに。バケツ型なのも今っぽいムードをもたらします。

女優、グウィネス・パルトロウが2020年8月20日、ハンプトンでSNAPされたときの着こなしです。

麻のような素材が使われたネイビーのショートパンツは、裾がダブルになっていてきちんとした印象に仕上がります。

白トップスだけのコーディネートだと、品はよくまとまりますが、おとなしすぎて地味に見えてしまうので、彼女のようにボリュームあるネックレスで切れのよさを加味するのが正解。

ストライプのマスクも、着こなしと色をリンクさせていて爽やかなアクセントになっています。
上品でヘルシーな雰囲気のコーデをつくりたいときは、ぜひネイビーのショートパンツを活用させてください。

■3:ケイティ・ホームズは…艶やかな黒を今っぽくリラックスした表情に仕上げるBIGサイズのローゲージニット

パンツ_3
足元はショートブーツで秋らしさを先取り。シルバーのスタッズ付きならクールさを強調できます。

N.Y.の街で見かけられた女優、ケイティ・ホームズは、黒をメインにしたショートパンツの着こなしを楽しんでいました。

艶のあるフェイクレザーと思われるショートパンツは、ゆるっとしたシルエットが今っぽいコーデをつくり上げます。

トップスにシルバーグレーのゆったりニットを合わせて、モードなテイストに。
ショートパンツから素足がのぞいているので、抜け感になって、軽快さが際立ちます。

トップスのVネックは顔周りをすっきり見せ、ショートブーツでボリュームを出して、とバランスをとっていることも、全身をスタイルよく仕上げるのに効果的です。


ショートパンツは、軽快さをアピールできるのはもちろんトップスや小物合わせや、それ自体の素材がもたらす表情で、都会的でリッチな印象に仕上がります。

夏の終わりに街中でかっこよく着こなして、おしゃれを新鮮にアップデートしましょう。 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀