季節の変わり目のコーデは、簡単に温度調節できるものが活躍します。

夏からヘビロテしている白Tは、一枚でも重ね着しても活用度の高いアイテムです。また、自宅で気軽に洗える点も、ニューノーマルな日常にマッチしています。

秋らしさは、ふんわりシルエットが絵になるスカートでリッチさを取り入れると、大人が理想とする辛口の女性らしさをアピールできます。

ぜひセレブの着こなしをお手本に、秋らしいニュアンスを先取りしませんか?

かっこよくて女性らしい!大人が理想とする白T×ふんわりスカートの着こなし3選

■1:ドウツェン・クロースは…個性的なデザインのスカートが切れのいいモードニュアンスを感じさせて

スカート_1
白×グレー×黒のベーシックカラーの着こなしに、女性らしい彩りをもたらす濃いめのリップ。これだけでパッと明るく華やぎます。

オランダ出身のモデル、ドウツェン・クロースが、香水のローンチイベントに出席したときのコーディネートです。

ハイウエストのデザインを細ベルトでマークするスタイリッシュなスカートを主役に、Tシャツをインしてすっきりスマートにまとめていました。

色味がシックなグレーというところも、おしゃれっぽさが際立ったモードを簡単に表現できます。
スカートのデザインに負けないように、胸元にボリュームあるゴールドネックレスとチャーム付きネックレスの重ねづけを。

視線が上に上がる効果もあって、バランスよくまとまります。

■2:ジェナ・ディーワンは…落ち着いた色合わせがもたらすのはサファリ調の辛口エレガンス

スカート_2
チャンキーヒールのアンクルストラップサンダルを投入。肌色となじみのいいキャメル系だと、すらりと見える役目を果たします。

娘と出かけていたとき、SNAPされた女優、ジェナ・ディーワン。

カーキのロングフレアスカートを颯爽と着こなし、トップスには主張のない白Tを合わせてスカートの存在感を際立たせていました。

スカートのウエスト位置が高めなので、脚長に見えてスマートなシルエットをつくり出しています。
カーキに映える白が、レフ版効果のような明るいコントラストになって、清潔感をアピール。

斜めがけにしたボルドーのミニバッグ、キャメルのストラップサンダルとともに、秋らしいカラーをちりばめれば華やかさも完璧です。

■3ルーニー・マーラは…スカートの艶感でリッチさを印象づけてワンランク上のモノトーンに

スカート_3
黒のバレエシューズで適度な甘さを加味。靴のテイストだけでフェミニンさをアピールしています。

夫であるホアキン・フェニックスとの間に第一子を妊娠中の女優、ルーニー・マーラは、レザー風のフレアスカートをはいていました。

コーディネートしていたのは、ややBIGサイズのシンプルなTシャツでリラックスした雰囲気。
白と黒のシャープなモノトーンが切れのよいかっこよさを印象づけるだけでなく、レザーのリッチな素材感がさらなるクールさの決め手になっています。

Tシャツ以外、サングラス、バレエシューズ、エコバッグなどもすべて黒でまとめているので、シンプルさが強調され、潔い印象に。

ヘアのセンターパーツ分けもモードな装いにマッチしていて、トータルで見ても抜群の統一感があります。


白Tにふんわりフレアシルエットのスカートを合わせたおしゃれ上手3人の着こなしにクローズアップしました。

スタイルアップできる着こなしのコツや色合わせを意識するだけで、こなれたリッチ感をアピールできます。

ぜひお手本にして、軽快なスカートスタイルに挑戦してみましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀