【目次】

【メソッド1】まずはこれ!「張り」をほぐす、簡単痩せマッサージ


■ 「横張り」をほぐす!

教えてくれたのは:村木宏衣さん
アンチエイジングデザイナー
(むらき ひろい)大手エステティックサロン、整体院、美容医療クリニックでの勤務を経て、国内外のセレブから絶大な支持を集めるエステティシャンに。現在は小顔、リフトアップ、ボディメイキングなど、女性の悩みに対して、独自の「村木式」美容メゾットを確立。著書に『顔筋整骨セルフビューティ』(主婦と生活社)がある。

\このマッサージの効果とポイント/
・太ももが横に張り出してしまうとスカートやパンツが似合わない。
・主な原因は、太ももの筋肉がうまく使えていないこと、股関節の内旋(内側に回転している)こと。
・改善するには太ももの前側と外側の筋肉のこわばりを緩めることが先決。
・この筋肉が柔軟になることで、正しい姿勢になるし、太ももに溜まった脂肪の分解&排泄もスムーズに!

<STEP1>膝を内側に倒し、太ももの外側をマッサージ

・膝を内側に倒すようにして、脚を寝かせる。
・両手のひらを重ねて体重をかけながら、膝上から脚の付け根まで、小さく円を描くように約30秒くらいほぐしていく。

手のひらの下半分を使って、奥の筋肉をほぐすようにイタ気持ちいい程度に
手のひらの下半分を使って、奥の筋肉をほぐすようにイタ気持ちいい程度に。

<STEP2>ひざ下にタオルを置いて、太ももの前側をほぐす

・片足を伸ばし安定させるために、ひざ下には丸めたタオルを置く。
・STEP1と同様に両手のひらを重ねて体重をかけながら、膝上から脚の付け根まで、小さく円を描くように約30秒ほぐしていく。

表面をさするだけでは効果なし。硬くなった筋肉をうにうにとほぐすように、しっかりと圧をかけることが大事。
表面をさするだけでは効果なし。硬くなった筋肉をうにうにとほぐすように、しっかりと圧をかけることが大事。

<STEP3>脚の付け根のリンパ節に老廃物を流す

・手のひらでひざ上から脚の付け根までリンパを流し、マッサージで動いた老廃物を押し流す。

太ももの老廃物や脂肪を流す気持ちで!むくみや重苦しいだるさや疲労もすっきり。
太ももの老廃物や脂肪を流す気持ちで!むくみや重苦しいだるさや疲労もすっきり。

「横張りした太もも」がすっきり細く!簡単もみほぐしメソッド

骨盤&脚の歪みを矯正!「座ったまま」でOKなマッサージ


■ 太もも裏にある筋肉「ハムストリングス」をほぐす

\このマッサージの効果とポイント/
・太もも裏にある筋肉「ハムストリングス」は骨盤の歪み、脚の歪み、腰痛、姿勢の悪さに大きく関わる筋肉。
テニスボールを使えば座ったままで太もも裏に深く圧をかけることができる。
・簡単だし、何よりも即効性が高い。

<STEP1>圧をかける場所はこの8カ所

・ハムストリングスがある太ももの裏、計8カ所をテニスボールで刺激。
・赤丸で示した場所以外も、硬くなっているところは刺激を。

ハムストリングスを柔軟にすると、血流を改善する効果もあるので、むくみやセルライトの解消にも。
ハムストリングスを柔軟にすると、血流を改善する効果もあるので、むくみやセルライトの解消にも。

<STEP2>テニスボールを太もも裏に置き、膝を曲げ伸ばしする

・椅子に座って背筋を伸ばし、足首を90度にして床に置く。
・この姿勢のまま、テニスボールを太もも裏に置き、かかとを90度にキープし、テニスボールの圧を感じながら膝を10回曲げ伸ばしを。
・STEP1で示した8カ所にボールの位置をずらしながら同様に行い、ハムストリングスにまんべんなく圧をかける。

太ももは全身のなかで最も大きな筋肉が集まっている部位。自分の手でほぐすには限界があるので、テニスボールを使うのがおすすめ。
太ももは全身のなかで最も大きな筋肉が集まっている部位。自分の手でほぐすには限界があるので、テニスボールを使うのがおすすめ。

骨盤&脚の歪みを矯正!座ったままできる「太ももほぐし」とは?

【メソッド3】むくみリセット!お風呂でやる「若返り整筋」ケア


■ 「入浴時」は血行がよくなり効果が出るマッサージの絶好のチャンス!

\このマッサージの効果とポイント/
入浴時は体が温まった状態になるため、セルフケアの効果も出やすいタイミング。
・若見せしたいなら、脚のゆがみを改善むくみ脚をリセット骨盤のねじれを調整が大切。
・継続的に滞りを改善すれば、疲労感に悩まされなくなる。

<STEP1>脚のゆがみを改善する

・湯船で片方のふくらはぎを持ち上げ、両手で筋肉をしっかりつかむ。
・そのまま、ひざの高さはキープして足首をぐるっと大きく回す。
・反対回りも同様に10回ずつ回す。
・この動作を、つかむふくらはぎの位置をずらしながら計4か所の位置で繰り返し、もう片方の足も同様に行う。
脚のゆがみを改善する。

・湯船で片方のふくらはぎを持ち上げ、両手で筋肉をしっかりつかむ。
・そのまま、ひざの高さはキープして足首をぐるっと大きく回す。
・反対回りも同様に10回ずつ回す。
・この動作を、つかむふくらはぎの位置をずらしながら計4か所の位置で繰り返し、もう片方の足も同様に行う。

ふくらはぎの筋肉に圧をかけながら、足首の動きを使ってほぐしていく。
ふくらはぎの筋肉に圧をかけながら、足首の動きを使ってほぐしていく。

「ひざ下の筋肉は、姿勢の傾きを受け止めてバランスをとるために左右差が出やすい部分。動かしながらゆるめて筋肉のクセをとり、末端にたまった血液やリンパを押し流すポンプ機能を高めます」(村木さん)

<STEP2>むくみ脚をリセット

・はじめに、片方のひざを曲げて外に倒し、両手の4本指と親指を大きく開いて内ももをしっかりつかむ。
・そのままひざを曲げ伸ばしして、内ももの筋肉や脂肪をほぐしていく。
・この動作は、つかむ位置をずらしながら片脚で4か所、各10回ずつ行う。
・片足が終われば、反対の脚も同様に。
内ももの筋肉と脂肪をつかみ、ひざの曲げ伸ばしで刺激する。

・はじめに、片方のひざを曲げて外に倒し、両手の4本指と親指を大きく開いて内ももをしっかりつかむ。
・そのままひざを曲げ伸ばしして、内ももの筋肉や脂肪をほぐしていく。
・この動作は、つかむ位置をずらしながら片脚で4か所、各10回ずつ行う。
・片足が終わったら、反対の脚も同様に。

足を曲げた状態で内ももを両手でつかむ。
足を曲げた状態で内ももを両手でつかむ。
内ももをつかんだまま、ひざの曲げ伸ばしを10回繰り返す。
内ももをつかんだまま、ひざの曲げ伸ばしを10回繰り返す。

・入浴中、太ももの裏側を両手でつかんで、ひざを曲げ伸ばしするだけ。
・根本からふくらはぎにかけて、順番にほぐしていく。
・そけい部につながるリンパの流れを整え、筋肉を柔軟にすることで脂肪がたまりやすい部分の代謝を高める。

<STEP3>骨盤のねじれを調整する

・体勢は、湯船にもたれかかり、両ひざを立てた姿勢からスタート。
・両手の親指と4本の指で脇腹を深くつまみ、ひざをそろえて左右にパタパタ倒す。
・この動作は、1か所につき10往復が目安。
・脇腹をつかんだ手の位置を横にずらしながら繰り返し、10か所くらいに分けてお腹をまんべんなくほぐしていく。
硬くなったお腹と骨盤まわりの筋膜を、揺らす動きでリリース。ぜい肉ごとしっかりほぐし、脂肪の分解が促され一石二鳥!

・体勢は、湯船にもたれかかり、両ひざを立てた姿勢からスタート。
・両手の親指と4本の指で脇腹を深くつまみ、ひざをそろえて左右にパタパタ倒す。
・この動作は、1か所につき10往復が目安。
・脇腹をつかんだ手の位置を横にずらしながら繰り返し、10か所くらいに分けてお腹をまんべんなくほぐしていく。
・表層で左右の骨盤につながる筋膜をリリースしながらねじれや傾きを調整することで、骨盤まわりがスッキリ。

両ひざを立てた状態で脇腹のお肉を深くつかむ。
両ひざを立てた状態で脇腹のお肉を深くつかむ。
ひざをそろえながら、左右に10回ずつ倒していく。
ひざをそろえながら、左右に10回ずつ倒していく。

一生疲労感に悩まされない!お風呂の中で手軽にできる「若返り整筋ケア」習慣

【メソッド4】リンパを流し、美脚をつくる「脚裏ほぐし」


■ 脚裏をトントン刺激するだけ

\このマッサージの効果とポイント/
・脚のむくみは、同じ姿勢で長時間いることで、リンパの流れが悪くなることが原因。
・特に、リンパが集中する膝裏が硬くなることで、老廃物が溜まりやすくなる。
・膝裏をほぐして柔軟にしておくことは、美脚にも、姿勢にも大きく関わる。

<STEP1>床に座り脚を伸ばした状態にして膝を両手でつかむ

膝裏のリンパ節が詰まっている人は、初めはちょっと痛い。
膝裏のリンパ節が詰まっている人は、初めはちょっと痛い。

・親指以外の4本の指が膝裏をプッシュするように、両手で膝をつかむ。
・膝の下に硬く巻いたバスタオルを入れておくと安定して行いやすい。

<STEP2>膝を軽く上げ下げしながら、膝裏にトントンと刺激を

硬く巻いたバスタオルをおくことで、太ももの筋肉を脱力させることができるため、ケア効果がアップ。
硬く巻いたバスタオルをおくことで、太ももの筋肉を脱力させることができるため、ケア効果がアップ。

<STEP3>膝をゆらゆらと左右に回旋させ、奥の筋肉を刺激

・同様に、STEP1の体勢のまま、膝をゆらゆらと左右に20回ほど回旋する。
・この動作によって力を入れなくても膝裏の奥深くの筋肉を刺激することができて、コリがほぐれ、膝裏がしっかりと伸びるように。
・もう片方の脚も同様に行う。
・血行が良くなってポカポカしてくるし、疲れもすっきり。

ここが緩むと、脚全体の緊張がほぐれて、リンパの流れも血流もアップ。
ここが緩むと、脚全体の緊張がほぐれて、リンパの流れも血流もアップ。

たった2分でむくみケア完了。美脚を作る「膝裏ほぐし」メソッドとは?

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: