キャリア女性にとって、膝丈ワンピースやスカートは品格やシックさを兼ね備えている点で、味方につけたいウエアです。秋から先はワンピースの上に羽織り物を迎えたいところ。ショート丈ジャケットを重ねれば、程よいアクセントになるうえ、ボディーをコンパクトに見せることができます。

カナダ首相のファーストレディー、Sophie GregoireTrudeau(ソフィー・グレゴワ・トルドー)さんも、日常的に取り入れているコーディネートテクニックのひとつ。エレガンスと知性を感じさせる「ショート丈ジャケット×膝丈ワンピース」の着こなしをチェックしていきましょう。

スタイルアップ効果抜群!ファーストレディーに学ぶ「ショート丈ジャケット×膝丈ワンピース」スタイル

■1:柄の主張をコントロールする「襟付きジャケット」

花柄ワンピース+純白のジャケット
ワンピースとジャケットの白が調和して、クリーンな印象に

ショート丈ジャケットは、適度にボディーを覆ってくれるので、内側に着た服の露出加減をコントロールするのに役立ちます。色や柄が印象的なワンピースに重ねて、全体のバランスを整える使い方が効果的です。

夫のトルドー首相に並んだソフィーさんは、フェミニンな花柄ワンピースの上から、純白のジャケットを重ねました。襟付きの端正なシルエットが「きちんと感」を添えています。コンパクトな着丈だから、スカート部分の花柄をしっかり見せることができます。花柄に合わせたブルーカラーのクラッチを手元に携え、指先までエレガントに演出しました。

■2:表情を柔らかく演出する「ノーカラージャケット」

白のタイトワンピース+ノーカラージャケット
丸首の二重奏が効いて、いっそうソフトで女性らしさがアップ

上品なワンピースをさらに穏やかに演出してくれるのは、ノーカラータイプのショート丈ジャケット。風合いや素材感の違うアイテムをあえて重ねることで、装いに深み出すことができます。

この日、ソフィーさんは英国訪問にあたって、清楚なホワイトカラーのタイトワンピースを選びました。身頃を斜めに横切る切り替えが、タイトなシルエットを強調。ノーカラージャケットを羽織って、優しげなイメージを意識されているように見えます。クリームがかったホワイトカラーのワントーンコーデに質感の変化を加え、女性らしさを引き出しました。

■3:柄ワンピースを優美に格上げする「赤色のジャケット」

ワインレッドのジャケット+柄ワンピース
柄の一部である赤を生かすのが、全体をまとめるポイント

ショート丈のジャケットは、はっきりした色をコンパクトに迎え入れるうえで好都合なアイテムです。インパクトの強いレッドも、前を開けて羽織れば、優美な雰囲気に。

ワインレッドのジャケットは、顔周りをパッと華やがせてくれます。ポジティブな気分や人間的な温かみを感じさせるから、大事なプレゼンテーションや人前でのスピーチといった場面にも最適です。目を引く柄ワンピースも、柄の中に使用されている同色カラーをジャケットで取り入れることで、艶やかに調和します。

■4:ホワイトコーデをモダンに色付ける「レザー素材のジャケット」

ピンクベージュのジャケットとパンプス
ハードな印象のレザー素材も、同系色でまとめることでモダンに

レザー素材で仕立てたジャケットは、コーディネートに奥行きをもたらします。ハードなイメージのあるレザー素材ですが、柔らかい色味を選ぶことでモダンなスタイルに。

清潔感が高く、ピュアな雰囲気のホワイトルックはファーストレディーが好む装い。清楚なイメージにクールさを加えたいときこそ、レザージャケットの出番です! 白と好相性のピンクベージュを選べば、トレンディーな印象に。コーディネートのバリエーションを増やしたいときにも役立ちますよ。


ショート丈のジャケットは、テーラードジャケットほどにはカッチリし過ぎないので、ソフトなキャラクターを印象づけられるという面でも、お仕事シーンで役立ちます。いつもの膝丈ワンピースやスカートに加えて、トレンディーなハイウエストパンツやフレアースカートと合わせて、スタイルバリエーションを増やしてみてください。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃