現代技術を駆使!ホテル椿山荘東京の斬新すぎる庭園プロジェクト5選

東京・文京区。都心とは思えないほどの広大な庭園を有し、豊かな自然のなかに佇む「ホテル椿山荘東京」が、開業70周年を迎える2022年に向けて、「庭園プロジェクト」を2020年10月1日(木)に始動します。

「いつの時代も、その時代が必要とするオアシスであり続けること」との想いで、山縣有朋公が惚れ込んだ、南北朝時代から約140年以上守られてきた庭園を、今の時代の人々の心にも響く、現代の技術で演出。なかでも広大な庭園が雲海に包まれる「東京雲海」は奇跡の絶景!と早くも大きな話題を呼んでいます。

東京の真ん中にいながら、まるで高原のリゾートを訪れたかのような錯覚さえ覚える庭園。そこで出合う特別なホテル時間に導く絶景体験をご覧ください。

■1:奇跡的現象をいつでも体験可能!「東京雲海」

山間部などでの放射冷却によって、霧、層雲が広域に発生する「雲海」。季節や時間のほか、いくつもの条件が整わないと出合うことのできない奇跡的な自然現象を、日本の高い技術によって発生させるという、日本最大級の霧の演出がこちらです。

ホテル_1,東京_1,国内旅行_1,旅行
昼間の様子。庭園の3/4を覆うエリアに霧を噴射。
ホテル_2,東京_2,国内旅行_2,旅行
夜はライトアップとともに。粒が細かいので濡れる心配はないのだそう。

自然の雲海は夜明け前から早朝に出現しますが、「東京雲海」は朝・昼・夜の一日数回出現。朝は自然光をキラキラと反射し、夜は月光を感じる幽玄さを味わえます。

ホテル_3,東京_3,国内旅行_3,旅行
雲や霧と同じ10~20ミクロンの細かい水の粒が均一に発生

通年実施される本プロジェクトの公開を記念して、お部屋から雲海を存分に望める宿泊プランや屋外ディナーイベント、またホテル内各ダイニングでは雲海をイメージしたメニューも期間限定で登場。目前で「見られる」、「触れる」雲海で、前代未聞のワクワクするような絶景体験をぜひお楽しみください。

ホテル_4,東京_4,レストラン_1,和文化_1
会席料理「料亭 錦水」の「仲秋会席」、ドライアイスで雲海の間から顔を出す三重塔を表現したお刺身

宿泊プラン詳細はこちら

イベント詳細はこちら

■2:庭園ライトアップが12年ぶりにリニューアル!「千の光のライトアップ」

2008年にスタートした庭園のライトアップがリニューアルされ、毎日日没以降に楽しむことができます。

ホテル_5,東京_5,国内旅行_4,旅行
夜の庭園でも、自然をより一層美しく体感!

木々に取り付けられた1,000灯のLED投光器による、都会のイルミネーションとは一線を画すやさしい光で、自然のもつ生命力を表現。昼間とは違う表情を見せる庭園散策は、心ときめく幻想的な時間を約束してくれます。

■3:3年で1万本を植樹!「椿山復活プロジェクト」

開業70周年に向けたメインプロジェクトがこちら!南北朝時代から椿の自生する景勝地であった「つばきやま」ですが、残念ながら戦火ですべて焼失。そこで、明治期に山縣有朋公爵が見た感動の景色に近づけるよう、今年はまず1,000本、そして来年、再来年と合計約10,000本の藪椿が植樹されます。

ホテル_6,東京_6,花_1,国内旅行_5,旅行
山縣有朋公が恋した景色の再現を目指して植樹

1~3月に深く濃い赤色に包まれる、室町時代から人々を魅了したであろうその美しい情景の再現、今から楽しみですね!


1878年に「椿山荘」と命名され、明治の元勲、山縣有朋公が庭園と邸宅を構え、高い空と椿をはじめとする木々の間を抜ける風光が、時々刻々と変化する様子に感慨を覚えながら、多くの方々をもてなしていたという場所が、ホテル椿山荘東京です。

今年は、長い歴史のなかで初めての休業という苦難がありましたが、それを乗り越え、変わらず近場で非日常を味わいリフレッシュをもたらしてくれる場を提供してくれます。

ロマンティックな秋に相応しい、都会の森で過ごす優雅なひとときを、ぜひご堪能ください。

問い合わせ先

ホテル椿山荘東京

TEL:03-3943-1111

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
神田朝子