トレンドであるレオパード靴をどう取り入れたら今っぽいのか、を検証しました。

黒パンツ、デニム、コーデュロイというデイリーによくはく3タイプのパンツに合わせていたエマ・ロバーツのコーディネートをお届けします。

ベーシックカジュアルをリッチに秋らしく!エマ・ロバーツの「レオパード」フラット靴コーデ3選

■1:×黒パンツは…メリハリ配色にさらに切れよくリッチさを加える美人フラット

フラットシューズ_1
ヘアはタートルの襟元の邪魔にならないようルーズなアップに。センターパーツにすると、モードさを印象づけられます。

L.A.でショッピング中には、白タートルニットに黒パンツというモノトーンの着こなしを楽しんでいました。

襟元にボリュームがあって、身ごろはフィット感があるので、ニットはパンツにインしてウエスト部分をすっきり見せています。

こんなシンプルなスタイリングにモードさを加えているのが、ラウンド型のバッグとレオパードの靴。
特に注目したいのは全身の中で1点、柄のフラット靴です。

ベルト風モチーフが甲部分にあしらわれて、ポインテッドトウとともに、足元にかっこよさが光っています。
シンプルカジュアルに、モードニュアンスが加わるので、ぜひお手本にしてみては。

■2:×デニムは…ハイカットスニーカーが今っぽさ抜群!さらに軽快さもアピール

フラットシューズ_2
毛足の長いムートンバッグが秋らしさをもたらしています。着こなしに立体感を加味。

アメリカ国内で移動中のエマの着こなしです。

キャメルのジャケットにデニムを合わせたネイティブ感があるカジュアルに、ハイカットのスニーカーで今っぽさをアピールしています。

シューレースに黒を使い、ウエストをマークした極細ベルトにも黒をトッピングしていて、ほんの少しの黒なのにピリッと引き締め効果に。

彼女のようにデニムに細身のストレートシルエットをセレクトすると、ハイカットのときは足首まわりがもたつかず、スマートです。

個性的なバッグに負けない足元をつくり出すと、バランスよくまとまります。

■3:×コーデュロイパンツは…統一感ある色合わせが全身をリズミカルに映えさせて

フラットシューズ_3
眉と同じラインを描くサングラスの形を選ぶと、なじみよくすっきりまとまります。

エージェントオフィスにミーティングに行ったときのSNAPは、ノーカラーカーディガンにコーデデュロイパンツを着用していました。

カーディガンは透け感があり、パンツの丈が切りっぱなしで短めなので、足首がちらっとのぞいて軽やかな印象をもたらしています。

パンツの色とレオパード柄のローファーが同じ色味でぴったりマッチしていて、全身に統一感が出て、リッチさも十分です。

ベージュからブラウンへのグラデーション配色になっていて、秋らしく洗練された大人のシックカジュアルが完成。


さまざまなレオパードのフラット靴を履いたエマ・ロバーツの3パターン着こなしを解説しました。
定番といえるパンツにはすべてフィットし、足元にリッチな迫力と華やぎを導きます。
ぜひレオパードのフラット靴を投入して、秋のおしゃれをアップグレードしましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO、GETTY IMAGES
EDIT&WRITING :
佐野有紀