実は、オシャレな海外セレブたちは、「ブラウン×ブラック」の大人配色でファッション上級者にランクアップしていたんです。一見合わせにくそうな色ですが、ブラウンの濃淡とブラックの配分を意識するだけで、大人女性の魅力を引き出す「美人配色」に変化します。40代・50代のキャリア女性の魅力を引き出す「コツ」は、いつでも素敵な海外マダムから習得しましょう。

ブラウン×ブラックの美人配色スタイル3選

■1:「上質素材」選びでクラス感を牽引したデイスタイル

エレガントな素材選びが鍵

天候に限らずいつでも余裕あるスタイルに身を包むオシャレな海外のマダムたち。ニットやムートンなど、カジュアルダウンしやすいアイテムに目が行く極寒の日には、ベロアやヘアカーフなど、上質な素材選びで、プライドある大人の冬スタイルを貫いています。コートから素肌が出やすい襟元や袖口、足元には品良くブラック小物を合わせてカバーするなど、寒さ対策も抜群。どんなときでも意識の高さを感じさせるファッション玄人の着こなしテクニックは、今すぐ習得しましょう。

■2:「レザー」のコート力でモダンに刷新するお仕事スタイル

ハードな素材を女性らしく色付け

レセプションなどでクライアントとも顔を合わせる日のお仕事スタイルには、前を開けて着ても寒くない、ロングのレザーコートが必須。中身はオールブラックでミニマルにまとめることで、スリムな印象を残すことができます。モダンに仕上がる「レザー」や「パテント」など、ハードな素材を取り入れるときには、ダウンヘアーで女性らしさを意識することもお忘れなく!

■3:毛皮で「ギャップ魅せ」するセレブなオフスタイル

毛皮をカジュアルに着る方法

たとえばワークアウトにも立ち寄りたい休日のお出かけシーンでは、カジュアルシックな中身にあえてゴージャスな毛皮のコートをオンするのがセレブ流。上質なコートを脱いだときに感じさせる、意外なほどカジュアルなスタイルの「ギャップ」が、逆にこなれポイントなんです。ボリュームが出やすく、ゴージャスなイメージの強い毛皮のコートを着るときには、中身は極力薄手&ブラックのワントーンでまとめると、格好良くまとまります。アンバランスをオシャレに昇華させる「抜け感テクニック」はぜひ習得してください。

どんなときでも安定した美しさで魅せる、海外のオシャレなマダムたち。今回は、今すぐ美人になれる、ブラウンコート×ブラックの配色で着映えるコツを紐解きました。スタイル良く見えるよう日々研究を重ねるファッションプロの着こなしテクニックは、いつものスタイルをブラッシュアップしたいときに、ぜひ参考にしてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO(2)
EDIT&WRITING :
石原あや乃