2022年秋、待望のリアル店舗「SAKE HUNDRED GINZA TOKYO」が誕生!

日本酒ブランド「SAKE HUNDRED」のフラッグシップストア外観
銀座・並木通りに2022年秋頃オープン予定の「SAKE HUNDRED」フラッグシップストア

今年2022年の秋頃、日本酒ブランド「SAKE HUNDRED」のフラッグシップストアが、銀座・並木通りにオープンします。

「心を満たし、人生を彩る」をビジョンに、ラグジュアリーシーンで愛されるこだわりの日本酒を展開する「SAKE HUNDRED」。日本酒品評会「2021年度全米日本酒歓評会」で金賞を獲得した『百光(びゃっこう)』をはじめとするオリジナルの日本酒は、トップクラスのホテルやレストランでも取り扱われるなど、各所から高い注目を集めています。

これまでは、公式サイト上と一部限られた百貨店のみでの販売しか行っていなかった「SAKE HUNDRED」。デジタル上でのコミュニケーションにとどまらず、よりリアルな場で商品の魅力に触れてもらいたいとの想いから、ブランド初となるフラッグシップのオープンが実現しました。

その舞台となるのは、世界へと日本の文化的魅力の発信をつづける「銀座」。グローバルブランドとして前進する「SAKE HUNDRED」にふさわしいこの街が選ばれました。

「SAKE HUNDRED」のフラッグシップストア外観
日本酒との新たな出会いが叶う場となる「SAKE HUNDRED GINZA TOKYO」

店内では、『百光』や『深星』をはじめとするこだわりのコレクションを実際に手に取り、ブランドのストーリーや魅力に触れることが可能。さらには、商品ごとに考案したオリジナルメニューとのペアリングを堪能できるエリアも展開されるそうです。


「SAKE HUNDRED GINZA TOKYO」は、まさに日本酒との新たな出会いの場となるはず。ブランドの魅力に五感で触れ、人生に彩りを添える日本酒体験が、ますます楽しみです。

<店舗詳細>

「SAKE HUNDRED GINZA TOKYO」
オープン:2022年秋予定
所在地:東京都中央区銀座6丁目6-5

問い合わせ先

SAKE HUNDRED

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
池尾園子
TAGS: