【目次】

【1】パーマをかける


■ふんわり横にボリュームを出して、面長感をカバー

\いつくしの才田とおるさんがレクチャー!/

面長のショート代表:村瀬朋子さん(44歳/会社員)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「サイドグラデーションベースのショートカット。髪に柔らかさが出るコスメタイプのパーマ剤を使用。19mmのロッドをメインで使い、ランダムなスパイラル巻きに。パーマが柔らかく動く程度に、中間から間引いて毛量調整をしています。カラーは毛先に向かって明るくなるように、グラデーションをつけて立体感をプラス」(才田さん)

<スタイリング方法>パーマがパサつかないように、しっかり保湿を!

「しっかりめのパーマは、パサつきが出ると傷んで見えることに。スタイリング剤で、水分と油分をしっかりコントロールして」(才田さん)

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>トリートメントムースをもみこむ
 
髪が濡れた状態でスタート。保湿力のあるトリートメントムースを手のひらに取り、髪全体にもみこんでパーマを出す。
髪が濡れた状態でスタート。保湿力のあるトリートメントムースを手のひらに取り、髪全体にもみこんでパーマを出す。
<STEP.2>オイルワックスをなじませる
軽めのオイル系ワックスを手のひらになじませ、髪全体になじませて、程よい束感を出す。あとは自然乾燥でOK。
軽めのオイル系ワックスを手のひらになじませ、髪全体になじませて、程よい束感を出す。あとは自然乾燥でOK。

<面長ショート×くせ毛 スタイリングのコツ3か条>

  1. トリートメントムースは多めを意識
  2. オイルワックスは中間~毛先につける
  3. 耳にかけてアレンジしても◎

「髪の潤い感が大切なので、トリートメントムースは、ちょっとつけすぎくらいが丁度いいです。耳かけアレンジでピアスを見せても可愛いですよ!」(才田さん)

いつくし 代表・才田とおるさん。趣味は、「石集め」なんだとか!「小学生のころから、変わった見た目の石が好きなんです。スピリチュアルなことはわからないんですが(笑)。とにかくビジュアル重視で、気に入ったものを買っては、お店に並べています」
いつくし 代表・才田とおるさん。趣味は、「石集め」なんだとか!「小学生のころから、変わった見た目の石が好きなんです。スピリチュアルなことはわからないんですが(笑)。とにかくビジュアル重視で、気に入ったものを買っては、お店に並べています」

菱形ウェーブショートなら、気になる面長もボリュームダウンも解決できる!

【2】前髪と毛先に動きを出す


■ムース&ワックスで動きを調整して、面長感を軽減

\Rougyの江良栞さんがレクチャー!/

面長顔のボブ代表:深澤佳弥乃さん(48歳/医療関係)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「毛先にパーマが残っていてクセがあるので、顔周りとトップにしっかりレイヤーを入れるだけで動きが出ます。前髪は眉上に設定して、流れるようにカットします」(江良さん)

<スタイリング方法>毛先のハネが出るようにドライし過ぎないのがポイント

「しっかりレイヤーを入れているので、基本的にはムースを揉み込むだけでOK。毛先と前髪に動きが出るようにスタイリングします」(江良さん)

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>根元を起こしながら前髪とトップをドライ
根元を擦るようにして起こしながら乾かしていく。
根元を擦るようにして起こしながら乾かしていく。
<STEP.2>毛先にムースを揉み込む
トリートメントムースを、ハチ下の髪の毛先中心に揉み込んでパーマを戻す。
トリートメントムースを、ハチ下の髪の毛先中心に揉み込んでパーマを戻す。
<STEP.3>毛先と前髪にワックスをなじませて動きを出す
動きを出したい毛先と前髪に、ソフトワックスをなじませて動きを出しながら整える。あとは自然乾燥でOK。
動きを出したい毛先と前髪に、ソフトワックスをなじませて動きを出しながら整える。あとは自然乾燥でOK。

<面長ボブ×くせ毛 スタイリングのコツ3か条>

  1. 自然な動きが出るように乾かしすぎない
  2. ムースは毛先中心につけて、根元がペタンとしないようにする
  3. ムース、ワックスは揉み込むようにつけて動きを調整

「ほとんど自然乾燥なので、スタイリングに時間がかからないのもいいところ。前髪があるので、片サイドを耳にかけてもカバー効果は問題なし」(江良さん)

Rougy スタイリスト・江良 栞さん。最近はベランダで野菜や多肉植物などを育てるのにハマっているそう。「手間をかけるとちゃんと大きくなってくれるので、育てている感があって楽しいです」
Rougy スタイリスト・江良 栞さん。最近はベランダで野菜や多肉植物などを育てるのにハマっているそう。「手間をかけるとちゃんと大きくなってくれるので、育てている感があって楽しいです」

面長を小顔に見せる、前髪ありの「軽やかボブ」

【3】外ハネをつくる


■外ハネでくびれをつくり、面長顔をキュッと小顔に

\ZACC vieの宮川勇人さんがレクチャー!/

面長顔のミディアム代表:大村香織さん(40歳/PR)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「まずは両サイドが常に同じ毛流れになるようレイヤーで段をつくり、毛先が外にハネるようカットします。この一手間で、スタイリングがグンとラクになります」(宮川さん)

<スタイリング方法> 顔まわりと毛先を巻くだけ!簡単3ステップ

「毛先はすべて巻くのではなく、ランダムに巻くのがポイント。自然にハネている毛先とコテで巻いた毛先が混ざり合って、こなれた印象に仕上がります」(宮川さん)

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>マジックカーラーで前髪を巻く
毛先から根元までしっかりと巻く。巻いたらドライヤーで熱風を当て、その後10分ほど放置する。
毛先から根元までしっかりと巻く。巻いたらドライヤーで熱風を当て、その後10分ほど放置する。
<STEP.2>顔まわりの毛束をリバース巻きにする
コテは32mmを使用。毛束の中間だけを巻くのがコツ。カールがついたら毛先に向けてすべらせるようにコテを抜いて。
コテは32mmを使用。毛束の中間だけを巻くのがコツ。カールがついたら毛先に向けてすべらせるようにコテを抜いて。
<STEP.3>毛先を外ハネにする
毛先をランダムに取って全方位外ハネにする。最後に前髪のカーラーを取って完成。
毛先をランダムに取って全方位外ハネにする。最後に前髪のカーラーを取って完成。

<面長ミディアム×くせ毛 スタイリングのコツ3か条>

  1. 前髪は分け目のない状態で巻く
  2. 顔まわりを巻く時は毛束の中間だけを!
  3. 毛先は一気に巻かない。少量ずつ外ハネにすると失敗しない

「前髪を巻くときは分け目のない状態で。根元が割れているとカーラーで巻いたあと毛先が割れてしまいます。前髪が割れていたら根元を濡らし、ドライヤーで分け目を直してからカーラーを巻きつけて」(宮川さん)

ZACC vieスタイリスト・宮川勇人さん。最近、旅行にハマっているという宮川さん。「最近金沢に行ってきました。何も調べないで行ってしまったので、帰ってきてから行きたかったところがいっぱい出てきて(笑)。終日雨だったり、食べたかったノドグロが食べられなかったりと散々でしたが、懲りずに色々なところに行ってみたいです」
ZACC vieスタイリスト・宮川勇人さん。最近、旅行にハマっているという宮川さん。「最近金沢に行ってきました。何も調べないで行ってしまったので、帰ってきてから行きたかったところがいっぱい出てきて(笑)。終日雨だったり、食べたかったノドグロが食べられなかったりと散々でしたが、懲りずに色々なところに行ってみたいです」

面長顔が劇的に小さくなる!前髪ありの「外ハネ・ミディアムヘア」

【4】目元ギリギリの長さの前髪をつくる


■前髪の長さにこだわることで、輪郭補整しながら大人っぽさも残す

\MAGNOLiA OmotesandoのKAYOさんがレクチャー!/

面長のロング代表:高橋まりなさん(40歳/主婦)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「ローレイヤーベースのセミロング。前髪は目元ギリギリにすることで、子どもっぽくならず大人な印象に。パーマはデジタルパーマがおすすめ。ワンカールベースで巻くことで、内巻きにも外ハネにもスタイリングできます」(KAYOさん)

<スタイリング方法>前髪が割れないように根元からしっかり乾かして

「40代になると前髪がパカッと割れやすくなったり、クセが出たりします。毛先だけでなく根元を濡らしてから乾かし、しっかりクセを取りましょう」(KAYOさん)

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>前髪の根元を濡らす
前髪の割れてしまっているところを、水でしっかり濡らす。
前髪の割れてしまっているところを、水でしっかり濡らす。
<STEP.2>前髪を左右に乾かす
前髪の根元を左右に引っ張りながらドライヤーで乾かし、割れを解消。
前髪の根元を左右に引っ張りながらドライヤーで乾かし、割れを解消。
<STEP.3>顔まわりの根元を立ち上げてドライ
全体は毛先から持ち上げるように乾かす。顔まわりは髪の内側に風を入れ、根元を引っ張りながら乾かす。
全体は毛先から持ち上げるように乾かす。顔まわりは髪の内側に風を入れ、根元を引っ張りながら乾かす。
<STEP.4>スタイリング剤をもみ込む
ヘアクリームを手のひらにのばし、全体にもみ込んで動きを出す。
ヘアクリームを手のひらにのばし、全体にもみ込んで動きを出す。

<面長ロング×くせ毛 スタイリングのコツ3か条>

  1. 根元を立ち上げて乾かす
  2. 表面のツヤは残す
  3. スタイリング剤をしっかりもみ込む

「パーマのボリュームが取れてしまうので、上からなでつけるようにスタイリング剤をつけるのはNG。全体的にしっかりもみ込んで動きを出しましょう」(KAYOさん)

MAGNOLiA Omotesando 店長 KAYOさん。「最近力を入れているのは“ストカール”というストレートパーマ。根元のクセは取りつつ毛先にニュアンスが出せるので、40代の髪悩み解消にぴったり。ストパーをかけていてもOKなので、ストパーからのデザインチェンジに、ぜひご相談ください!」
MAGNOLiA Omotesando 店長 KAYOさん。「最近力を入れているのは“ストカール”というストレートパーマ。根元のクセは取りつつ毛先にニュアンスが出せるので、40代の髪悩み解消にぴったり。ストパーをかけていてもOKなので、ストパーからのデザインチェンジに、ぜひご相談ください!」

前髪からサイドに広がる「パーマ×菱形ロング」で、面長をコンパクトに!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: