冬ファッションの定番色として登場率の高い「ブラックカラー」ですが、ワントーンで着ると地味になりやすいという難点も。今回は、足元に「鮮烈のホワイト」を差すだけでモダンにアップデートできる着映えテクニックにフォーカスします。

ホワイトシューズで更新する定番のブラックスタイル

■スーツスタイルを崩すエレガントなブーツ

 色選びでモダンに刷新

スタンダードなスーツスタイルにブーツを合わせるときには、無難なブラックではなく、あえてキレのいい「ホワイト」を選ぶことで、モード感を加速させましょう。女性らしさを携えたポインテッドトウのショートブーティーなら、エレガントさも引き出してくれるので、違和感なく手軽にアップデートすることができます。打ち合わせなどが詰まったデイシーンでは定番のブラックパンプス、カクテルパーティーなどに出かけるナイトシーンにはホワイトブーティーなど、シーンに合わせて使い分けるとコーディネートの幅が広がりそうです。

■ストリート感で遊ぶモノトーンスタイル

 サイズ選びで今どきに

メンズライクなスタイリングを好むサラ・ハリス(Sarah Harris)は、スタンダードなスラックスに、ホワイトスニーカーをセット。全体をややオーバーサイズめでラフにまとめることで、王道のモノトーンスタイルをストリート風味にアレンジしています。サイズ選びで印象がガラリと変わるので、自分のボディーバランスを確認しながら、ベストなボリューム感を見つけてみては。

■モダンクラシックという新境地を開拓

足元の抜け感が鍵

何系にも変化を遂げることのできるミニマルなニットスタイルにあえて合わせたのは、ハイセンスな人こそ選べるクロップド丈のレザーパンツ。アートな小物合わせで個性的にも振り切れるスタイリングを、デイリー仕様に引き寄せたのが、クラシックなローファーの存在でした。きちんと感を与えてくれる、経験値の高い人こそ挑戦できる「モダンクラシック」なスタイルで、大人の余裕を匂わせましょう。

マンネリしがちな定番のブラックスタイルに鮮度を与えてくれる「ホワイトシューズ」の存在感。いつでもオシャレに着映える海外セレブたちの着こなしを参考に、コーディネートの幅を広げましょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
石原あや乃