まだ正式な結婚前のメーガン・マークル。既にハリー王子と一緒に行動する機会が増えているので、近ごろの着姿には正統派ムードが強まっています。過剰に飾り立てず、節度やエレガンスを香らせるスタイリングは、大人女性の参考になりそう。シックな色選びにもロイヤル感が漂います。

暖かいのに重たく見せないコートスタイル3選

■1:視線を引き上げる、ふんわりストールを無造作巻き

ストールの重ね巻きで小顔効果も

ヘンリー王子と一緒にラジオ局を訪問した際の装いは、グレー系のチェスターコートが主役。コート襟のとがったラペルがアイキャッチーな首周りに巻いたのは、ニュアンスグレーのふんわりストール。ニットマフラーはかさばって重たく見えがちですが、薄手のストールならフェミニンなムードに。空気をたっぷり含むような、無造作な巻き方が優しげな表情を引き出しています。

紳士服風のコートとフェミニンなストールが調和

着丈の長いチェスターが重たく見えないのは、視線を引き上げるストール使いのおかげ。一方、ボトムスは黒パンツでシャープな印象に仕上げています。コートからのぞくブラックパンツがすっきりしたレッグラインを演出。色数を抑えたコーディネートもお仕事ルックに取り入れてみたくなります。

■2:コートをドレスライクに着こなす

リボンベルトの光沢が華やぎ感をプラス

かしこまったシーンにふさわしい装いを求められるのが王室のメンバーです。ヘンリー王子とカーディフ城を訪問したメーガンは黒系のワントーンでまとめた着こなしを披露しました。

注目したいのは、黒のコートをドレスのようにまとうスタイリング。黒でまとめると、沈んでしまいがちなのですが、ほのかに華やいで見えるのは、ウエストマークに使ったリボンが効いているから。サテン系の光沢を帯びたリボンは質感が異なり、コートルックにメリハリを生んでいます。

ストール、コート、ブーツの質感違いが響き合う

首周りにもストールをゆるく巻いて立体感を出しました。ワントーンの装いを、のっぺりして見せないためには、このような異素材を使った小技が有効です。細身のロングブーツでレッグラインを引き締めて、細感を強調。スエード調の風合いはノーブル感を添えています。アクセサリーなしでも寂しく見せないワントーン・コーデは、あらたまった場面でも使えるテクニックです。

■3:小物使いで視線を引き込む

デコラティブな帽子がコートルックを朗らかに演出

程よい華やぎの演出方法も参考になります。クリスマス礼拝で教会を訪れたメーガンは、ベージュ〜ブラウン系のグラデーションで全体をまとめています。ベージュ系のコートはベルトで締めて、ドレス風にウエストマーク。

細いパーツ(手首、足首)に濃い色を迎えるという配色が巧み

コートが全身をくるんでしまい、内側に着込んだ服が見えなくなるので、屋外の装いでは、アウターに隠れない小物類の使い方が重要になってきます。ベルトをリボン結びにしているのも効果的です。

さらに、帽子、グローブ、バッグ、ロングブーツを、コートよりもワントーン濃いブラウン系でそろえて、濃淡のリズムを効かせています。手首足首という、ボディーの中で割と細い部分に視線を引き込むと、細身に見せることができます。

結婚式、新婚生活を経るにつれて、さらに成熟を深めていきそうなメーガンルックには、この先も目が離せません。冬コートの着こなしを退屈に見せないうえで、今回ご紹介した小技は、装いに深みやオリジナリティーを加える効果が期待できます。春本番までまだまだ続くコートとのお付き合いの参考にしてみてはいかがでしょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃