知性と品格を感じさせてくれる洗練色として、40代・50代のキャリア女性に人気の高いグレーやベージュというニュアンスカラーは、配色を間違えると、逆に着膨れしてしまい野暮ったく見えてしまう恐れも。

今回は、「黒」の引き締め効果を効果的に取り入れスタイルアップする、その着映えテクニックに注目します。海外セレブのようにスタイルよく魅せたい人はぜひ、ご参考ください。

「黒×ニュアンスカラー」でかなえる細見えコーデ3選

■1:黒×グレージュ

 大人っぽく締める先端ブラックテクニック

大人のリラックス感漂う洗練色として、定評のあるグレージュ配色ですが、同時にのっぺり見えてしまう危険性も。服のコーディネートは、女性らしいやわらかさを感じさせる同系色のグラデーションでまとめつつ、目元や足元など、先端部分に強めの「黒」を置くことで、大人女性の落ち着きを表現することができます。クロップド丈のパンツで軽やかさを意識することで、メリハリあるコーディネートを完成させて。

■2:黒×グレー

スリムに魅せるブラックのタイトスカート

グレーは、合わせる色味で雰囲気を変えられることから、ビジネスシーンでも出番の多い定番色のひとつ。無難にならないよう、アート性の高いグラフィカルなデザイントップスを選ぶことで、個性的な着こなしを楽しむことができます。ボトムスをスリムに見せたいときには、「黒」のロング丈のスカートでカバーして、縦長ラインをつくるとスタイルアップにつながります。オフィスシーンでも使えるテクニックは、早速デイリーシーンで取り入れてみては。

■3:黒×ベージュ

脚長美脚をつくるブラックIライン

女性らしさを引きさしてくれるベージュ〜ブラウンのグラデーションコーデは、年代問わず人気のスタイル。アウトラインが曖昧になりがちなマイナス面を手軽にカバーしてくれるのが、「黒」の引き締め力です。こちらのマダムのように、ブラックタイツとブーツをつなげて、足元にIラインをつくることで、ほっそり脚長美脚がかないます。大人の休日スタイルのご参考にどうぞ。

「黒」の取り入れ方を意識することで、スタイルアップ効果を感じることのできるニュアンスカラーコーデ。いつもより美人に見えるシルエットを意識しながら、今どき風にアップデートしてください!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO (1)
EDIT&WRITING :
石原あや乃