ボーイッシュなムードと正統派の上品さを兼ね備えたオドレイ・トトゥは、性別や年齢を越えたおしゃれ上手のひとり。パンツにハイヒールを合わせて、脚を華奢に見せる女優技は盗みたくなります。ちょっとかしこまった場や気張らないパーティーにも使える小技をキャッチしてみて。

フレンチ女優に学ぶ「細見え」テクニック

■1:黒コーデが華やぐ小物ディテール

ブラウスのボタンやベルトのバックルも華やぎポイントに

フランスブランド「ロンシャン」の表参道店オープニング記念セレモニーに登場したトトゥは黒で装いをまとめました。黒のブラウスに合わせたのは、黒のテーパードパンツ。裾に向かって徐々に細くなっていくテーパードのシルエットが、脚をほっそり見せてくれます。短めのクロップド丈を選び、足の甲が広くのぞくシューズを引き合わせたから、いっそう伸びやかなレッグラインに。

ヒール部分にはパールをあしらって、視線を引き込んでいます。ウエストに巻いたベルトに添えたリボンモチーフが、黒一色ルックに愛らしさを添えました。スリットのように深く開けたシャツの胸元と、足首の肌見せが響き合うようで、ヌーディーな雰囲気が生まれています。

■2:艶めきレザーで異素材ミックスを強調

大襟やシルエットが程よいレトロ感を醸し出しています

パンツルックを退屈に見せないコツのひとつに、素材感のバランスがあります。この日のコーディネートではレザーと布帛の質感違いを生かしています。マニッシュなグレーのパンツに合わせたのは、きれいな艶を帯びたブラウン系のレザーアウターでした。

癖のない無地パンツは重宝するボトムスですが、のっぺりして見えがちなのがたまに瑕。レザーに代表される、光沢や艶を宿した異素材と引き合わせれば、コントラストが生まれ、互いを引き立て合ってくれます。そして、素足でハイヒールを履くと、ヌケ感が出ます。パンツとシューズで色味をそろえて、大人の節度を印象づけるコーデも技アリです。

■3:白×黒で下半身を引き締める

首周り、袖先などに黒をのぞかせ、リズムを添えています

細身のパンツはレッグラインをシャープに演出してくれる、いわば切り札的なボトムスです。その「細見せ」効果を最大限に引き出すには、黒パンツがいちばん。さらに、白いトップスやアウターを合わせると、「白×黒」のコントラストが効いて、スレンダーに印象づけることができます。手首、ウエスト、足先など、細く見せたいパーツに黒を配して、キュッと引き締めています。

モノクロの配色がスタイリッシュなムードも漂わせました。白いジャケットは正面のスリット風切れ込み、両袖のモチーフが効いて、華やかな印象に。爪先のとがったポインテッドトウのハイヒールは、足の甲に玉を連ねたようなモチーフをあしらって、パンツルックにリズムを乗せています。

ハイヒールを合わせ、すっきりした見栄えのパンツルックに仕上げる小技は、お仕事コーデはもちろん、華やいだシーンでも役に立ちそうなテクニックです。幅のたっぷりしたワイドパンツの場合でも、脚首から甲にかけてのゾーンを露出することによってほっそり見せるアレンジは有効なので、ぜひ、応用バージョンも試してみてください。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃