年齢とともに深刻さを増す肌悩み。しかも、世の中には数多のコスメがあふれ返り、どれを使ったら効果が出るのか…と途方に暮れる方も多いはず。そこで、「シワ」「たるみ」「シミ」「毛穴」「くすみ」という、雑誌Preciousの40代~50代読者の5大悩みに対し、「これぞ!」というスキンケアコスメを挙げてもらいました。読者と美容賢者の審美眼から見えてきた、「知らないと損する」「これが効いた!」という名品コスメを発表します!

【シワケア編】

<第1位>エスティローダー アドバンス ナイト リペアSR コンプレックス Ⅱ

シワは生活習慣が刻む履歴。毎日の"夜間修活"で消去できると読者が証明してくれました

 

「シワは生き方の履歴。というと大げさですが、"生活習慣"の履歴であることは間違いありません。睡眠不足や不規則な食事といった生活リズムの乱れに、乾燥した空気や紫外線の影響をどれだけ受けたか。そうした日々の小さなダメージの蓄積が目尻や眉間、額や口元にシワという痕跡を刻んでいくのです。

履歴を消去するためにすべきことは、ひとつ。"修復"習慣をつけること。その日に受けたダメージはその日のうちに消去するという極めてシンプルな習慣を徹底すればいいのです。『細胞は夜間にDNAのダメージ修復を行う』という重大な事実を、私たちは知りながらもついスルーしがち。細胞の修復活動のために十分な睡眠を確保しなくてはと思いつつ、しかもそれは美容ばかりか健康を損なわないために最も大切とわかっているのに、忙しすぎてできないのが現実です。

しかし夜の"修活"なら、『アドバンスナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ』に一任すれば大丈夫。そう教えてくれたのは、ほかならぬプレシャス読者の方々でした。

’13年度と’14年度に『シワ』部門で連続トップ。’15年度には『たるみ』、’16年度は再び『シワ』でトップに躍り出た実績が動かぬ証拠ではないですか。修復で使い果たされてしまう酵素を補給して活動をサポート。修復作業の邪魔にならないように老廃物をあらかじめお掃除しておくという気配りも抜かりなく。

また修復に最適な時間を捉えられない加齢肌に対しては、時計の針を動かすようにベストなタイミングで働きかけてくれるのも実にナイスなフォローです。おなじみのボトルには夜間修復の先駆者〝エスティ ローダー〞の知恵と経験と先端テクノロジーが凝縮されていて、リピートするほどその恩恵が肌に現れます。『ナイト リペア』という生活習慣を取り入れた人が美のアドバンテージを握る、それは確かなことでしょう」(文・松澤章子さん)

時代をつねにリードし続ける細胞修復のスペシャリスト

細胞は日中のDNAダメージを夜修復していることに着目し、誕生したアンチエイジング美容液。現在の4代目は、老廃物の排出力を高め、細胞が効率よく修復に励める環境に整える効果、さらに環境ストレスによって乱れがちな時計遺伝子の同期も促す作用をプラスした、史上最強といわれる名品。

■エスティローダーアドバンス ナイト リペアSR コンプレックス Ⅱ 30㎖ ¥9,500

<第2位>シャネル サブリマージュ ラ クレーム N

ラグジュアリーコスメのマルチな恩恵にあずかる読者、多数!

 

マダガスカルのヴァニラに秘められた驚くべきパワーを見出し、配合して誕生したアンチエイジングクリーム。10年の節目にパワーアップさせ、よりスピーディに肌のハリと密度を高め、シワも解消するオールマイティな効果を発揮。

■シャネル サブリマージュ ラ クレーム N 50g ¥40,000

<第3位>ヘレナ ルビンスタイン フォース C.3

ビタミンCのパイオニアがランクイン!

 

シワはもちろん、大人肌に現れるくすみやシミ、たるみ、毛穴などをビタミンCで一網打尽にするスーパー美容液。シワが薄くなったと、すぐに実感できる効果に満足する読者がとても多いよう。ホッとする温かくなる感触も人気。

■ヘレナ ルビンスタイン フォース C.3 50ml ¥22,000

老けない女への最強美容! エイジングケア・コスメ グランプリ

>>【たるみケア編】はこちら

>>【シミケア編】はこちら

>>【毛穴ケア編】はこちら

>>【くすみケア編】はこちら

お問い合わせ先
エスティ ローダー
TEL:03-5251-3386 http://www.esteelauder.jp

シャネル カスタマー・ケア・センター(香水・化粧品)
TEL:0120-525-519 http://www.chanel.com/

ヘレナ ルビンスタイン
TEL:03-6911-8287 
http://www.helenarubinstein.jp

この記事の執筆者
美容編集者として30年のキャリアをもつ。インターナショナル誌の副編集長を長く務めた経験を生かし、ファッション、ライフスタイル、カルチャーといった広い視野から女性の美と生き方について考察。女性誌やウェブ等への執筆や広告のディレクションを手掛ける。 好きなもの:イヌ科の動物、とくに柴犬、パリ的なもの、食べること、「明日は何を食べようか」と考える時間、こってりした食事、しっとりしたスイーツ、リトルブラックドレス、香り、国内外の市場、ボリス・ヴィアン、動物モチーフの小物や雑貨、フェリーニの映画、粘土細工、ピラティス
クレジット :
撮影/戸田嘉昭・小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) 構成/荒川千佳子、長田和歌子、五十嵐享子・佐藤友貴絵(Precious)