年齢とともに深刻さを増す肌悩み。しかも、世の中には数多のコスメがあふれ返り、どれを使ったら効果が出るのか…と途方に暮れる方も多いはず。そこで、「毛穴」「シワ」「たるみ」「シミ」「くすみ」という、雑誌Preciousの40代~50代読者の5大悩みに対し、「これぞ!」というスキンケアコスメを挙げてもらいました。読者と美容賢者の審美眼から見えてきた、「知らないと損する」「これが効いた!」という名品コスメを発表し21

 

【毛穴ケア編】

<第1位>SK-Ⅱ R.N.A. パワーラディカル ニュー エイジエッセンス

翌朝には毛穴が目立たなく。圧倒的な即効力+αの手応えで、ほかの追随を許さない!

SK-Ⅱ R.N.A. パワーラディカル ニュー エイジエッセンス


「大人世代の毛穴対策は、肌の奥を狙った『たるみケア』と肌表面の『キメケア』、その両面からのアプローチが必要です。

グランプリの"SK -Ⅱ"『R.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジ エッセンス』はもちろん"ランコム"『ジェニフィック アドバンスト』"クリニーク"『ターンアラウンド セラム』も、どちらかといえば肌表面のキメを整え毛穴を目立たなくするタイプの美容液。たるみは別の美容液やクリームでケアしているはずなので、この結果はとても納得がいくものです。心地よいという官能、乾いて荒れてザラついた肌がなめらかに、そしていつしか毛穴の存在が気にならなくなる明らかな手応え…。この3品は私たち世代に限らない、コスメ界の至宝級アイテム、私はそう思っているくらい。

なかでも『R.N.A.パワー』は’15年秋に登場。’15年度も毛穴部門でグランプリを獲得するなど、私たちの肌に寄り添い続ける、もはや定番といえる逸品。とろりとしたテクスチャーで、半分はスルリ半分はじんわりといった雰囲気で、肌に吸い込まれていく。細胞のひとつひとつを潤いとエネルギーで満たし、キメが整列したような輝きのある肌に導いてくれます。

そして私たちの肌とハートを捉えて離さない最大の理由は、即効力にほかなりません。初めて試した翌朝には、鏡の中の肌色があか抜け艶やかに。なんだか調子がいい!、そんな感想をもった人がほとんどなのではないでしょうか。SK -Ⅱならではの遺伝子研究や幹細胞研究など最先端の成果を応用しつつ、濃縮ピテラTMをはじめとする独自の成分が惜しみなく配合されていることを考えれば、それも当然というものなのかも。

また毛穴対策以外の乾燥、くすみ、小ジワといった悩みにも変化をもたらすことも強みのひとつです。『R.N.A.パワー』こそは、毛穴対策に限らずとりあえずもっておきたい、真の定番スキンケアの筆頭格の一品です」(文・柳田美由紀さん)

目に見える老け感に直結する毛穴を消し去る秀逸美容液

どこから見てもハリのある肌がかなうと絶賛されているアンチエイジング美容液。たるみや大きなシワの〝縦カゲ〟と毛穴の開きなどの〝横カゲ〟のどちらにも働きかけ、縦横無尽のハリが実感できると大人気。特に毛穴はわかりやすく効果が出るためか、頼る読者多数!

■SK-Ⅱ R.N.A. パワーラディカル ニュー エイジエッセンス 30ml ¥12,500(編集部調べ)

 

<第2位>ランコム ジェニフィックアドバンスト

肌の調子を底上げし、毛穴までも消し去る効果が


若い人特有のたんぱく質を増やす…と一世を風靡した『ジェニフィック』が、発酵の力を携えてバージョンアップしたのがこの美容液。保湿力のアップはもちろん、肌の調子がよくなる人が続出し、気づけば毛穴が目立たなくなる人も多い。

■ランコム ジェニフィックアドバンスト 30ml ¥10,000

 

 

<第3位>クリニーク ターンアラウンド セラム

四半世紀に及ぶ、世界的ロングセラーがランクイン


年齢とともに遅くなるターンオーバーを優しく角質ケアし、健康的な肌に導くロングセラー美容液。肌がつるっとして毛穴の存在を忘れさせてくれる、その有能さが評価されたよう。キメが整ってメークのりがよくなるという声も!

■クリニーク ターンアラウンド セラム 30ml ¥4,800

 

老けない女への最強美容! エイジングケア・コスメ グランプリ


>>【たるみケア編】はこちら

>>【シミケア編】はこちら


>>【シワケア編】はこちら

>>【くすみケア編】はこちら


 

お問い合わせ先

SK-II

TEL:0120-021325 http://www.sk-ii.jp

ランコム

TEL:03-6911-8151 http://www.lancome.jp

クリニーク お客様相談室

TEL:03-5251-3541 

http://www.clinique.jp
この記事の執筆者
1988年、コーセー入社。商品開発部、企画部、宣伝部を経て、1997年独立。新化粧品ブランドなどの企画に携わると同時に、雑誌・新聞・WEBなどで美容に関する執筆を開始。『Precious』『美的』などでも活躍中。 好きなもの:水際のテラス 、ハイティー 、アジアの街スパ、世界遺産、幣立神宮、ゴールド派、トイプードル、デニム、柄ボトム、黒、ファー付きストール、発酵食品、水素水、 紅茶、オーガニック、ジャスミン、ピクルス、カナディアンビーフ、フィナンシェ、効くコスメ、美容医療、サプリメント、引き上げ美容機器、旅行ガイド、ブックカフェ、占星術
公式サイト:【Beauty Cruise!】美人のネタ帳
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
クレジット :
撮影/戸田嘉昭・小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) 構成/荒川千佳子、長田和歌子、五十嵐享子・佐藤友貴絵(Precious)