メーガン・マークルがテレビドラマ『SUITS/スーツ』(以下『SUITS』)で見せたオフィスルックは、キャリア女性らしくタイトスカートがキーアイテムになっていました。スカートがシャープな見栄えの分、トップスにはいくらかデザイン性を盛り込んだウエアをチョイスしているようです。きちんと感を見せながらも、堅苦しくなく洗練された大人の着こなしは、余裕や気品を感じさせます。程よいさじ加減の秘訣とは?

女優メーガン・マークルが『SUITS』で披露したお仕事スタイル5選

■1:「シャツ×レース」で涼やかかつエレガントに

ホワイト系で上下をまとめて清潔感をアピール

お仕事服では定番中の定番と言えるのが「白シャツ」でしょう。タイトスカートで合わせるのは、割とありきたりのオフィスコーデです。でも、メーガンのようにタイトスカートをレース素材にすれば、ぐんとエレガントな着映えが叶います。涼やかなレースは春夏にぴったり。シャツの胸元はVラインですっきり見せています。

■2:定番のシャツは「襟とカフス」で変化を添えて

静かなリュクス感を薫らせる艶めきを帯びた上質シャツ

シャツとタイトスカートの組み合わせは見飽きてしまいがちだから、シャツのデザインで遊んで、マンネリを防いでいきましょう。シンプルな仕立てのシャツでも、襟と袖口の色を変えたタイプなら、シャツルックに変化が加わります。シャツの袖はひじあたりまでまくり上げて、みずみずしい素肌を見せ、「できる感」も印象づけました。

■3:さわやかな「白のアンサンブル」で好感度アップ

白トップスの重ね着で、クリーンなイメージを強調

白は清潔イメージに加え、誠実さやピュア感を示すから、自然と好印象に導いてくれます。肌にピッタリした、白のカットソーに、アンサンブルのカーディガンが重ねられて、上品なムードを増幅しています。カーデのボタンは一番上にパールが添えられていて、エレガントな表情。タイトスカートとのコンビネーションでは、ジャケットよりもやさしい雰囲気を演出できるから、カットソー&カーデのペアリングはおすすめです。

■4:「襟付きノースリーブ」できちん感をまとう

両腕以外の肌露出を抑えるのが、オフィスになじませるコツ

夏に涼しいスリーブレスのシャツですが、お仕事用にはためらってしまいがちです。襟があるタイプなら、ノースリーブでもきちんとして映ります。目立つ立ち襟は視線を引き込んでくれ、ルーズに見せません。スーツのようなグレー系を選ぶと、さらに落ち着きが加わります。

■5:万能色の「ベージュ」で落ち着いた印象に

素肌の透明感を引き出すベージュの3点セット

ベージュはお仕事コーデの万能色と言えます。デコルテあたりがレースになっているノースリーブは一見、大胆に見えますが、首元が詰まっているので、セクシーに見えすぎません。タイトスカートをはじめ、バッグや靴まで、ニュートラルな色味のベージュでまとめたおかげで、お仕事ルックらしい落ち着きとエレガンスが備わりました。

タイトスカートを軸に据えたオフィスルックはスレンダーな着姿に仕上がるから、たくさんの着こなしバリエーションを手に入れておきたいものです。劇中では、程よい主張を盛り込みながらも、職場にふさわしい緊張感や大人っぽさを保っています。ゴールデンウィークが明けたタイミングは、「プチ・イメージチェンジ」のチャンスだから、メーガン流を早速取り入れて、オフィスコーデをバージョンアップしてみませんか?

メーガン・マークル関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃