ジャケットにはカッチリした装いのイメージがありますが、実際にはカジュアルにもフェミニンにも整えやすい、オールマイティー(万能)なアイテムです。もともと正統派のムードを帯びているから、かえって異素材や別イメージの服と合わせて、着姿に深みを出しやすいのです。工夫のコツは「ずらし」のスタイリングにありました! ジャケットのアレンジが巧みな、トップモデルのカーリー・クロスを参考に、自分スタイルに生かしていきましょう。

カーリー・クロスに学ぶ!好感度が上がるジャケットスタイル4選

■1:カラフルなチェック柄でフレッシュに

はおり物でも取り入れたいネクストトレンドのマルチカラー

チェック柄の勢いが続いています。ただ、見慣れた感じになりやすいので、これから迎え入れるなら、色数を増やしてみましょう。こちらのようにカラフルなチェック柄なら、旬の雰囲気に仕上がります。グリーンとピンクの大柄チェックがフレッシュな印象を与えてくれるのも魅力です。

カラーチェックにインパクトがある分、残りのパーツは黒トップスと黒スキニーパンツでコンパクトに引き締めています。ストラップ付きパンプスのピンクはチェック柄からニアカラーを拾って、色味を調和。シャープなシルエットに、ピンクが効いて、みずみずしい風情にまとまりました。

■2:白のダブルブレストで優美に

ヌーディーな胸元で健やかイメージを主張

ジャケットが本領を発揮するのは、やはりスーツです。白のダブルブレストのジャケットと、たっぷりした幅のワイドパンツという、紳士服ライクなスーツ。それでも、男性的に見えすぎていないのは、ジャケットを素肌に直接着ているような演出のおかげでしょう。

ジャケットの下には胸元からのぞかないキャミソールや、コンパクトなカットソーなどを着て、Vゾーンをすっきりと仕上げて。ジャケットの前を開けたときに別の表情が生まれます。全身ホワイトに整えた、ノーブルでリュクスな着映えには凜々しさとイノセントが同居しています。

■3:紺ブレとジーンズの最強コンビ

すっきり着映えるブルー系の濃淡レイヤード

トレンドアイテムに復活した紺ブレはボトムスを選びません。とりわけデニムパンツとのコンビネーションは無敵のマッチング。ノープランでさらりとはおっても、それなりには様になりますが、クロップド丈のスリムタイプを選べば、細感が際立ちます。

パンツの裾下ゾーンをすっきり見せるには、足の甲が広く露出する靴が効果的です。負担の軽いフラットシューズなら足運びが軽快になるうえ、自然なヌケ感も演出。ジーンズの色は紺ブレよりずっと薄いウォッシュドのほうが青との対比が引き立ちます。インナーも紺ブレ同様、濃いめカラーがおすすめです。

■4:ジャケットとドレスのハーモニー

黒とピンクは互いを引き立て合う絶妙パートナー

「スワロフスキー」のアンバサダーを務めているカーリーがパーティーにお出まし。ドラマティックなラッフルがあしらわれた、艶やかなピンクのドレスは華やいだ舞台に申し分ありません。甘くガーリーに見えすぎないよう、黒ジャケットを肩掛けして重ねています。細いストラップのドレスですが、ジャケットをはおったおかげで露出が抑えられ、品のある装いに。

黒×ピンクのマリアージュはマニッシュとフェミニンが響き合うグッドバランスを生んでいます。ダークカラーのジャケットをオンするコーデは、花柄ワンピースやお呼ばれ用ドレスを大人っぽく着こなす選択肢にもなってくれそうです。

ジャケットは装いのムードを方向づけるだけに、トレンド感をまとえるチェック柄、上品な白、若々しいネイビー、シックなブラックなど、それぞれの持ち味を生かしたスタイリングが組み立てられます。ボトムスやワンピとのマッチング次第で、さらに表情を深くできるから、自分らしいミックスパターンを試してみてください。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃