白スニーカーは多くのシューズブランドで「究極の定番」と位置づけられる、特別な存在です。さわやかな印象に加え、上品さもあり、過去にオノ・ヨーコさんが結婚式で履いていたほどです。クリーンな印象は、清潔感の欲しい夏の装いにぴったり。足の痛みや窮屈さから解放されるのはたまりません。服との合わせ方をつかんでおけば、さらに着こなしの幅が広がります。

海外セレブの「白スニーカー」スタイル5選

■1:ワンピース姿に若々しさをプラス

急に駆け出すこともある、犬のお散歩にはスニーカーが最適

モデル・女優のKate Upton(ケイト・アプトン)は白い花柄を散らした黒地のワンピースに、白スニーカーを合わせました。両肩を露出したホルターネックの女っぽさを、スニーカーでやわらげています。若々しさが加わっているのも、白スニーカーのおかげ。白スニーカーを使ってのドレスダウンは、ボディーコンシャスでドレッシーなワンピースにも応用が利きます。パーティーではヒール靴で、普段は白スニーカーでという着回しが試せそうです。

■2:マキシ丈スカートをスポーティー気分で

スカートも白系でそろえると、清楚な着映えに

ソーシャライトのOlivia Palermo(オリビア・パレルモ)も白スニーカー使いの達人です。この日は流れ落ちるようなシルエットのマキシ丈スカートとマッチさせました。エレガント顔のボトムスと引き合わせるところがパレルモ流スポーティーミックスの魅力。気負わないスウェット系トップスとも好バランスに仕上がっています。バッグはカジュアルにしないところが大人のたしなみです。

■3:ジャケットと合わせ、こなれミックスに

白スニーカーを生かすには、トップスにも白を迎えて

トップモデルのKendall Jenner(ケンダル・ジェンナー)が見せたのは、ジャケットとのコンビネーションです。紳士服のようなダブルブレストのジャケットを、着古した感じのウォッシュドデニムにオン。そこに白スニーカーを添えました。トップスは白タンクトップでシンプルに整えています。正統派イメージのジャケットをはおることによって、スニーカーとのコントラストが強まり、ミックス感が際立ちました。

■3:鮮やか色のトリコロール使い

ゴールドのチェーンバッグで少しだけリッチ感を添えて

女優のNaomi Watts(ナオミ・ワッツ)はフランス国旗を思わせる「赤・青・白」のトリコロール(3色)を組み立てました。鮮やかなレッドはブラウスでまとい、インディゴブルーはスキニージーンズで迎えています。白スニーカーはフレッシュさを加えると同時に、全体をこなれた見え具合に導いています。軽やかな足元はワンちゃんのお散歩にも最適です。

■5:リラックスコーデをきれいめに仕上げて

全体をネイビー系と白でまとめた見事なカラーバランス

大御所モデル、Heidi Klum(ハイジ・クラム)の空港ルックです。白Tシャツの上から、ロングカーディガンをはおり、ユーズド感を帯びたジーンズで合わせました。白Tと白スニーカーを響き合わせる計算が全体をすっきり見せています。ロングカーデの縦落ち感が旅気分を印象づけるリラックスコーデです。白のスニーカーがきれいめテイストを乗せて、大人カジュアルの風情に。空港コーデに取り入れれば、スムーズな旅を約束してくれます。

白スニーカーは癖がない分、いろいろな雰囲気のコーデに生かしやすいアイテムです。健康的で上品に映る点でもありがたい存在で、組み合わせに困ったときの助け船にもなってくれそう。ヒール疲れの心配がなく、朝から晩まで快適に過ごせるから、移動が多い日に足元を任せてみてはいかがでしょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃