全身を白でまとめた装いは、上品でエレガントに映ります。クリーンで爽やかな見え方は、サマーシーズンにうれしいものです。ワンピースやセットアップで白を選べば、ホワイトルックが出来上がりますが、白を引き立てるには、ワンポイントで別の色を添える差し色テクニックが効果的です。それぞれの色ごとに印象が異なるので、上手な使い方を押さえておきましょう。

爽やかに着映える!美人王妃から学ぶ初夏のホワイトコーデ4

■1:お仕事ルックに「全身白コーデ+ブラック」

スレンダー感も印象づける、細いベルトでのウエストマーク術

スペインのレティシア王妃は白のワンピースで貴賓とのランチに臨みました。生地はすべて白ですが、正面とポケットに配した、黒の小ぶりなボタンがほのかなアクセントに。細い黒ベルトも白ルックを引き立てています。

黒をワンポイントの差し色で使うことによって、クラシックで落ち着いた印象が強まります。お仕事コーデの参考にしやすい色使いです。

■2:リゾートコーデに「全身白コーデ+ゴールド」

重ねづけしたいのは、肌なじみのよいゴールドのアクセサリー

オランダのマキシマ王妃もホワイトコーデの達人です。イタリア訪問の際に選んだのは白のセットアップでした。トップスのVネックとスカートのスリットがどちらも鋭角的で、シャープな印象を添えています。肌露出が多めのノースリーブですが、オールホワイトの効果で爽やかに見えています。

すべてゴールドのイヤリング、ネックレス、ブレスレットでリッチ感をアピール。たっぷりのつば広帽子が優美な風情。ウエッジサンダルがのどかな雰囲気を漂わせていて、リゾートコーデに取り入れたくなります。

■3:かしこまった席に「全身白コーデ+ブルー」

デコルテや裾にうっすらとした透け感を添え、涼しげな印象に

おしゃれ上手として名高い、中東ヨルダンのラニーア王妃はホワイトルックに青を差し込んでいます。白レースのセットアップ風ワンピースは、程よい透け加減がリュクス感を寄り添わせています。フラワーモチーフに添える感じで部分的にブルーを迎え入れました。ショルダーバッグとパンプスにもトーンの異なるブルーをあしらって、白のクリーンさを引き立てています。

ブルーを差し色使いすると、白に清涼感が加わります。凜々しさや上品テイストも引き出せるので、かしこまった席でも使いやすいアレンジ術です。

■4:パーティーシーンに「全身白コーデ+レッド」

白のムードを生かす「赤」の差し色テクニック

モナコのシャルレーヌ公妃は、ゆったりとしたシルエットのガウン風ライトアウターで白をまといました。リラックス感の漂う、穏やかな着映えですが、品格や大人っぽさは損なっていません。袖をたくし上げて、素肌を見せているのも、上手な着こなしです。

リップの赤と、パンプスのレッドが利いています。あでやかさやフェミニン感を添える赤がホワイトルックに情感を添えて、素っ気なく見せていません。パーティーシーンで映えるスタイリングです。

4人のおしゃれ王妃が証明してみせたのは、白を生かす差し色効果の大きさです。黒、ゴールド、ブルー、赤のそれぞれがオールホワイトの装いに別のムードやテイストをまとわせています。色ごとに異なる印象を、白に寄り添わせてくれるから、この夏は白コーデに「1色プラス」で、上品さと涼しさが印象的な着姿を手に入れてみてはいかがでしょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃