人気が浸透してきたのを受けて、ラグジュアリーブランドからも続々と登場するなど、かごバッグのデザインがバリエーションの広がりを見せています。かごバッグにはガーリーなイメージがありますが、近ごろは大人女性が持ちたくなるようなデザインも増えてきました。ワンピースやパンツルックにも馴染むうえ、コーディネートのムードメーカーになってくれるから、「大人顔かごバッグ」を使わないのはもったいなさすぎます。ここでは、おしゃれ上手たちのスナップショットから、上手にかごバッグと付き合うノウハウを読み解いていきましょう。

「かごバッグ」が主役!大人おしゃれを叶える着こなしルール6

■1:柄セットアップ+かごバッグで軽やかに

華奢感を引き出す小ぶりなサイズ感

 ミニサイズのかごバッグはキュートに映ります。かさばらない分、軽快な装いに仕上げられます。レザーバッグはかしこまって見えがちですが、天然素材のかごに変えれば、気負いを遠ざけられます。パジャマライクな伸びやかシルエットのセットアップに、かごバッグがライト感を添えています。

■2:洗練ワンピース+かごバッグで愛らしく

ベージュ、ブラウン系で色をそろえて、穏やかなトーン配色を意識

ラッフルがなびくワンピースにはフェミニンなムードが漂います。夏に重宝しそうな薄手ワンピのお供に選んだのは、丸みを帯びたかごバッグです。愛嬌を感じさせる、ころんとした形が装いにファニーなムードを呼び込みます。大きく丸いフープピアスもフェイス周りにやわらかいムードをまとわせました。

■3:レースワンピース+かごバッグでヌケ感を

「かごバッグ」ともマッチする適度な肌見せテクニック

さわやかブルーの総柄レースワンピースで、クールな着姿に整えました。レースのワンピースは普段使いが難しいと思われやすいのですが、かごバッグをもてば、エレガントに見え過ぎません。さらに、バッグの口が開いたタイプは適度なヌケ感を醸し出します。ネックレスも気取らないナチュラル感を添えています。

■4:オールインワン+かごバッグで「別ムード」に

フェミニン寄りにシフトしてくれる、かごバッグマジック

クールで活動的な風情を帯びたオールインワンからも、かごバッグは別の表情を引き出してくれます。ピクニックに持ち出すバスケットを、小ぶりに縮めたかのような、ミニバッグ風のかごバッグで愛らしさをプラス。足元をブーツやスニーカーにすると、メンズっぽくなりすぎるから、ヌーディーなヒールサンダルをチョイスしたのも賢い選択です。

■5:ワイドパンツ+かごバッグで柔和な出で立ちに

白×黒のすっきり配色にかごの素材色で穏やかさをプラス

白Tシャツと黒ワイドパンツのコンビネーションは手軽にまとまるから、みんなが大好きな定番の組み合わせです。ただ、見慣れているからこそ、ちょっとムードを変えたいところ。大きめのかごバッグを持つと、柔和でのどかなムードが加わります。少し大きめのサイズを選べば、着姿が華奢に映るのもうれしいおまけです。

■6:ジャケット+ジーンズ+かごバッグで大人の余裕感

優美なムードを引き寄せるポインテッドトウという選択

異なるテイストを交じり合わせたミックスコーデで、全体のトーンを落ち着かせてくれるのも、かごバッグの長所です。総柄ジャケットとジーンズという着こなしに添えたかごバッグが、真逆テイストをうまく調和させています。立体感のある円筒形はユーモラスな表情を呼び込んだのに加え、ボディーの細感も引き出しました。大人の余裕を感じさせるスタイリングです。

カジュアルでガーリーな装いが出番だと思われてきたかごバッグですが、実は意外にも、レディーライクな大人っぽい着こなしにもなじみます。むしろ、ドレッシーなワンピースのような、エレガント系の服とのマッチングで、こなれ感が生み出せるから、この夏は手持ちアイテムとの新たな相性探しを試してみてはいかがでしょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO(3)
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃