定番の白コーデにこなれ感をプラスしてくれる、サマールックの隠れたキーピースが靴です。夏はボトムがアウターで隠れないから、シューズが装いのムードメーカーになります。オールホワイトのコーデを仰々しく見せたくない場合は、フラットシューズを選んで。お決まりのピンヒールで決めても素敵ですが、あえてぺたんこソールの靴を添えれば、肩の力が抜けたムードに。上々のこなれ感も生まれます。

おしゃれ上手たちのスナップ写真から、白コーデに合わせるシューズ選びのコツをキャッチしていきましょう。

靴選びがオシャレの鍵!こなれ感のある「全身白コーデ」6選

■1: メッシュドレスに「リゾート気分シューズ」でコントラストを

メッシュ仕立ての白ワンピース
カッチリしたミニバッグと、リラックスしたストラップフラットサンダルとの、コントラストが新鮮

たくさんのホールから風が吹き通るメッシュ仕立ての白ワンピースは実際の涼しさも申し分ありません。レースよりスポーティーに映るのも、メッシュのよさです。伸びやかでエアリーな雰囲気を生かすには、ヌーディーなフラットサンダルが格好のパートナーになってくれます。ほのかにリゾート気分まで漂うから、気負わないエフォートレスな着姿に整いました。

■2:ジャージー素材の服には「フラットサンダル」で楽々アクティブに

大人のジャージー素材服は、小物演出が腕の見せ所

リラックス感が漂うジャージー素材の全身白コーデは、まるで自由に絵を描けるキャンバスのよう。アクセサリーや小物を絵の具代わりに重ねれば、自分好みのアートを描き上げられます。例えば、ビッグフープ(輪っか)の大胆なネックレスを長く垂らせば、立体感が際立ちます。凝ったデザインのイヤリングや太めのブレスレットもホワイトルックに表情を加えました。

足元はアクティブ感を帯びたフラットサンダルで合わせて、軽やかに整えれば、大人仕様のドラマティックな装いの完成です。

■3:白シャツコーデにはアイキャッチーな「アクセント靴」が映える

白シャツと白スカートの組み合わせ
凛々しい白コーデに刺しゅう模様のシューズが好アクセントに

白シャツと白スカートという組み合わせはお仕事コーデにも生かしやすいコンビネーションです。やや生真面目な雰囲気を帯びやすいので、オフの日に着るなら、別のムードを持ち込む工夫をしたくなります。

効果的な演出は、アイキャッチーな足元です。例えば、手の込んだ刺しゅうを施したシューズを迎えるだけで、白シャツが味わい深い見え具合に様変わり。バッグのストラップにも色を迎えると、さらに白が引き立ちます。

■4:ワンピース姿を愛らしく演出してくれるのは「ぺたんこサンダル」

脇腹部分にスリットが入ったワンピース
クリーンな着映えに、コンフォートなサンダルでヌケ感を

白一色のウエアは割と大胆なシルエットにも向いています。静かな色だから、デザイン面で冒険しやすいわけです。こちらのワンピースは脇腹部分にスリットが入っています。ネックラインは高めで、ノーブルな風情。エレガンスとたおやかさが同居したセットアップ風のドレスです。

足元はフットベッドサンダルで若々しさと健康的イメージを寄り添わせました。のどかな靴がこなれたバランスに導いています。

■5:ワンピースのイメージを簡単に一新してくれる相棒、「スニーカー」

スニーカーを合わせた白コーデ
スニーカーで合わせるだけで、伸びやかな着映えにスイッチ

夏の足元はサンダルやミュール、エスパドリーユなど、自然体テイストの靴が似合います。でも、スニーカーを選べば、スポーティー感やストリート気分が加わって、ワンピースにアクティブな雰囲気を乗せられます。

偶然にも上の写真と同じワンピースを着ているこちらの女性は、量感の豊かなスニーカーを選びました。同じワンピースでも、これだけ見た目の印象が異なるのは、スニーカーのおかげでしょう。ワンピースからお嬢様感や力みを遠ざけたいなら、スニーカーを選択肢に加えてみましょう。

■6:マキシ丈ドレスに「スニーカー」で大人ストリート気分を投入

ストリート風味を加えた白コーデ
パーティーやリゾート風ドレスに、スニーカーを合わせて街着使い

エレガントなフォルムのホワイトルックは優美にまとまりすぎることがあります。ハイヒールよりはサンダルのほうが気取らない見え具合に整えられますが、思い切ってスニーカーで合わせれば、ぐっとくだけたテイストに落ち着きます。

ストリート風味を投入すると、元気感もアップするから、大人のカジュアルダウンに役立ちます。白スニーカーでそろえてもよし、別色で視線を引き込んでもよし。移動の多くなる旅先でも便利なコーデです。

ホワイトコーデには清楚、ドレッシーといったイメージもありますが、靴をフラットシューズやスニーカーに置き換えるだけで、印象が変わり、普段使いしやすくなります。

他のアイテムとぶつかりにくい白には、靴以外でもアクセサリーやバッグ、ベルトなどの小物類で好みのムードをまとわせることができます。引き出しが多い白コーデだから、みなさんが「自分色」に染める楽しみも味わえそうです。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃