夏ルックでは白がキーカラーになりますが、好相性の黒を交わらせれば、ぐっとシャープな着映えに仕上がります。「黒×白」のモノトーンはクールな印象とスタイリッシュな雰囲気を兼ね備えるから、薄着になる夏でも退屈に見えません。サマーコーディネートの「勝ちパターン」とも呼べそうなモノトーンの着こなしは、引き締め役を務める「黒」の使い方がポイントになります。

おしゃれ上手のスナップ写真を参考に、黒で引き締めるコーデの要点を押さえていきましょう。

真夏の鉄板配色!「黒×白」でスタイルアップする方法

■1:すっきり映え効果を引き出す「細紐」グラフィック

真っ白なオールインワンを着こなす女性
白主体の場合、黒は細く差し込むのが効果的

真っ白なオールインワンの腰に巻いた、黒の紐ベルトがホワイトルックを引き締めています。ゆるめに巻いて、しかも余った端を長く遊ばせたおかげで、エフォートレスな表情が生まれました。黒のスクエアバッグもキリッとした印象に。細いショルダーストラップが縦のラインを強調してくれています。

■2:「黒」の縁取りでシルエット全体の細感を強調

Aラインのワンピースを着こなす女性
縁取り比率は「白9:黒1」ぐらいがベスト

裾に向かって広がる「Aライン」の装いを、黒のトリミング(縁取り)ですっきり見せています。オールホワイトは清楚なムードを漂わせますが、縁取りに黒が加わるだけで、メリハリが。ウエストやサイドラインに生かすのも効果的です。服のトリミングで生かすほかにも、黒のネックレスやスカーフ、ベルトなどで代用してもいいでしょう。

■3:メリハリ効果絶大な「ビッグ×タイト」のギャップ魅せシルエット

白シャツと黒スカートを着こなす女性
手首と足首に「巻き付け系」ディテールで細感を強調

トップスとボトムスで白と黒を分けてまとうような「カラーブロッキング」は最も手軽なモノトーンルックの組み立て方。例えば、ビッグシルエットの白シャツにタイトな黒スカートを組み合わせれば、腰から下がほっそり映ります。シャツの量感を生かすために、正面だけをウエストイン。ふわっとした上半身が優しげなムードを、ぴたっとしたボトムスがキビキビ感を醸し出します。

■4:「ボーダー&ストライプ」のモチーフミックスで知的に

白シャツにストライプのスカートを着こなす女性
ダイナミックに着映える縦方向と横方向のモチーフミックス術

数あるストライプ(縦縞)柄の中でも、黒×白はとりわけシャープに映ります。凜々しいイメージや知的なムードも印象づけやすいから、薄着になる夏の頼もしい味方です。単調な見え方を避けるには、縦縞の太さや方向に動きを加えたり、花柄やドット(水玉)柄といった別モチーフとミックスしたりといったアレンジが有効。白シャツに合わせれば、お仕事ルックとしても重宝しそうです。

■5:大人のグラマラスを引き出す「ビスチェ」選びの法則

白いワンピースにビスチェを着た女性
ボディーラインをタイトに演出する黒ビスチェ

白い服の上から、黒系アイテムを重ねるのも、手軽な「黒×白」コーデの方法です。ランジェリー風の装いが人気を呼んでいますが、大人女性にはアウトラインがしっかりした、このような黒のビスチェタイプが取り入れやすいでしょう。白いシャツワンピースの上にオンするだけで、さりげなくグラマラスなトレンドルックが手に入ります。ランジェリーテイストはさじ加減が肝心ですが、コンパクトなビスチェタイプなら、すっきりシルエットが完成します。

■6:計算された「抜け感」をもたらす上級者なシャツ使い

黒いパンツに白シャツを着た女性
白シャツをカーディガン風にまとう、夏に便利なアレンジテクニック

異なるムードの「黒×白」アイテムを重ね合わせることによって、複雑なレイヤードを。黒と白が入り組んだ見え具合になると、着姿にリズムも生まれます。黒パンツに白シャツを合わせ、シャツ裾を無造作っぽく結んで、のどかさと立体感を出しました。足元はフットベッド・サンダルで抜け感を添えています。

膨張色とされる「白」を「黒」で引き締めると、自然な華奢見えがかなうから、「黒×白」コーデはサマールックに生かしたくなります。暑い真夏に欲しい爽やかさや清潔感、シックさも印象づけやすいモノトーン配色は、「手持ちのアイテムだけでも組み立てやすい」ところも、気軽に試しやすい理由です。海外のおしゃれマダムたちの着こなしを参考に、この夏もっとおしゃれを楽しんでください!

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃