ストレスフリーで楽な着心地でありながら、エレガンスを感じさせるワンピース(サマードレス)は、夏のお出かけに絶好の、定番スタイルのひとつです。フリルやレースをあしらったワンピースは、それ1枚で華やかなムードを演出してくれる優れもの。

今回は、大人フェミニンな夏ワンピの着こなし方を、今やキャサリン妃に次ぐ英国のおしゃれアイコンとして注目されている、ピッパ・ミドルトンの華麗な着姿から探っていきましょう。

世界中がラブコール!ピッパ流、清楚なワンピーススタイル4選

■1:ピュア感を誘う「スクエアカット」のネックライン

白いワンピースを着たピッパ・ミドルトン氏
同色で響き合わせた「帽子のリボン、ポンポン、そして靴のリボン」

白の透かしレースが涼やかなワンピースは、見るからに夏向きの装いです。肩周りにはラッフルがあしらわれて華やか。大胆にデコルテをのぞかせていますが、あどけなさを感じさせるスクエアカットのおかげで、セクシー過ぎず、ピュア感あるスタイルに整っています。オントレンドでもあるスクエアカットは、Vネックより浅めの胸元見せになるからおすすめです。

マニッシュ帽に白いワンピースを着たピッパ・ミドルトン氏
メンズ感をやわらげてくれる、マニッシュ帽子に添えられた「ポンポン」

そして、マスキュリン顔の帽子は、フェミニンムードのはずしにうってつけ。エスパドリューユ風のウエッジソールサンダルは、リボン使いがアクセントに。帽子でマニッシュ、靴でレディー感を添えて、ホワイトワンピースに表情を加えています。

■2:甘さをコントロールする「縦長」すっきりシルエット

花柄のワンピースを着たピッパ・ミドルトン氏
縦長イメージを引き立てる、斜め掛けのポシェットテクニック

夏の花壇を写し込んだかのようにロマンティックな花柄のワンピースが、気品を帯びた着姿に導いています。襟・腰周りや膝上にたっぷりとラッフルが配してあるのに、甘く見え過ぎていないのは、縦落ちシルエットがシャープな印象を生んでいるから。加えて、ウエストよりも高いポジションに施されたペプラムフリルが、抜群の脚長効果を発揮しています。

大人女性がデイリーに取り入れるなら、ヴィヴィッドカラーのにぎやかな花柄よりも、水彩画のようなノーブル系花柄を選ぶこと、そして、コットンではなくシフォン素材を意識的に選ぶことで、ピッパ流の大人ロマンティック風に着こなせそうです。

■3:オンモードへ導くポイントの「モノトーン配色」

ピンクの総レースのワンピースを着たピッパ・ミドルトン氏
クラス感を添えた小ぶりのクラッチバッグ

風が吹き通るレースワンピースは、見た目が爽やかなだけでなく、着ている本人も快適に過ごせるという利点があります。ピッパが選んだ白に近い淡いパウダー調ピンクは、優しげな人柄を印象づけてくれます。オフモードでも多用される透けるニット仕立てではありますが、きちんと感ある真っ白な襟や、引き締め効果の高いブラックのウエストマークスパイスが、オンモードへと切り返しています。

そして、大胆な透け感でありながらも、ノーブルに見えているのは繊細な編み地のおかげ。ケープ風の肩掛けアイテムも高貴なムードを漂わせています。レースのワンピースをオンシーンで選ぶときには、丈の長さや襟の開き具合に気をつけるといいでしょう。

■4:落ち着いた大人の表情を引き出す「ワントーン」コーデ

花柄モチーフのワンピースを着たピッパ・ミドルトン氏
大人びた落ち着き感のあるワントーンコーデ

花柄モチーフを全身にまとったワンピースは、ロマンティック過ぎる危険性も伴いますが、色数を抑えれば、落ち着いた大人の表情を引き出してくれます。胸元とポケットに添えたビジューが、リュクス感も漂わせています。裾にラッフルをたっぷりあしらって、軽やかな動きを加えました。

そして、シルエットにも注目してみてください。上半身をタイトに仕立てて、量感の抑揚をつけています。夏に1枚で着る場合は、こちらのワンピースのように、ボリュームの起伏を生かすことで表情に変化がつきます。可愛らしく思われがちな花柄も、落ち着いたトーンのシックカラーを選ぶことで、大切なシーンにもなじみます。

今回は、大人フェミニンな夏ワンピの着こなし方を、愛され系女子であるピッパ・ミドルトンの着こなしから読み解いていきました。「花柄・フリル・レース」という、3大フェミニン系ディテールを迎え入れたワンピースは、適度な華やぎがあり、お呼ばれやパーティーにも重宝します。

いずれも、色合わせや小物使いで、好みのムードに調節することで、さまざまな表情に変化させることができます。ワンピコーデを自在に操るピッパの着こなしテクニックを参考に、今年こそはワンランク上のサマースタイルを楽しんでください!

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃