秋のムードをいち早く取り入れたいなら、ミリタリー感や自然体ムードを醸し出す「カーキカラー」を選ぶのが正解! 年々ファンを増やしている色味だけに、最近ではグリーンみの強いトーンからダスティーなトーンまで、ラインナップも幅広く登場し、選択肢も増えてきました。一見カジュアル寄りのイメージがありますが、テクニック次第では自在に操れる、多様性のある色味でもあります。

それでは、「カーキ」カラーで洗練スタイルをつくるポイントとは? それは、フェミニンでドレッシーなアイテムと引き合わせること。例えば、上品なブラウスやドラマティックな靴が、キーピースになってくれます。世界のおしゃれプロたちに習って、瞬時にこなれる「カーキコーデ」の魔法を解き明かしていきましょう。

おしゃれな人は「カーキ」を着る!秋の洗練スタイル4選

■1:ビギナーにも取り入れやすい、きちんと感を携える「シャツワンピース」

カーキ色のシャツワンピースを着こなす女性
ルーズに見えないよう、ウエストを共布ベルトでキュッと絞って

襟付きのシャツワンピースは、きちんと感が高いので、ドレスコードが堅めのオフィスにもマッチします。キャリア女性の休日ルックにも着回しが利き、カーキを大人っぽく着るうえで、絶好のアイテムといえるでしょう。凜々しさやしなやかさも印象づけやすいだけに、カーキデビューにもお勧めです。

上質感のあるレザーアイテムと合わせることによって、一段格上げした着こなしに。ブラウンカラーの小物を選ぶと、シックにまとまります。

■2:エフォートレスなスタイルを完成させる、「ワイドパンツ×フェミニントップス」の黄金比

カーキ色のワイドパンツを着こなす女性
ショルダーバッグ、アシンメトリーカットのユニークなサンダルでシャープな印象に

たっぷり幅のワイドパンツは、堂々としたシルエットが、カーキの原点と言えるミリタリーのムードになじみます。ボリューミーなボトムスに男性的な表情が出る分、トップスでフェミニン感を補うのが、グッドバランスに導くコツです。

こちらの女性のように、ブラウス裾をウエストアウトしてその上からウエストマークすることで、エフォートレスな縦長シルエットが完成。カーキ色パンツの表情を様変わりさせるテクニックでは、フェミニントップスがキーパーツになります。

■3:一点でコーディネートが華やぐ、ボリューミーな「袖コンシャスブラウス」

カーキ色のブラウスを着こなす女性
人気復活の「スターラップ・パンツ(トレンカ)」がスレンダーなレッグラインを強調

ボリューミーな「袖コンシャス」のブラウスは、見た目の華やかさがある分、シンプルフォルムのブラウスよりも、カーキカラーを優雅なイメージに落ち着かせやすくなります。たおやかなムードを帯びたブラウスは、カジュアルなカーキ色との雰囲気のずれが、かえってミックステイストの表情を生むので、「大人カーキ」の居場所として理想的です。

パンツに迎えた、上品なベージュカラーはオリーブ系カーキと相性が抜群。足の甲が広く露出した貴婦人顔ハイヒールで、クラス感を上乗せしています。

■4:今どき風味にレイヤードしたい、トレンド筆頭の「ニットトップス」

カーキ色のニットを着こなす女性
露出が多めのワンピースも、ニットトップスとのレイヤードでイメージチェンジ

この秋冬はニットのスーツが相次いで提案されるほど、ニットのバリエーションが広がり、ニットの存在感が一段と大きくなっています。レイヤードスタイルにニットトップスを組み込むと、独特の風合いが生きて、穏やかな印象に整えられます。

この女性が選んだベアトップにあしらわれた、複数の色を使った千鳥格子の「ガンクラブチェック」も、今シーズン注目されているモチーフのひとつ。カーキニットに重ねることで、互いの色と柄を引き立て合うコーデに仕上がっています。アートを履くかのような劇的ハイヒールが圧巻の横姿を印象づけました。

オータムカラーの仲間であるのに加え、ロングトレンドになったミリタリーの気分もまとえるから、カーキはこの秋冬も手放せそうにありません。テイストミックスやレイヤードに組み込めば、さらに優美なイメージで着こなせます。早速さまざまなカーキアレンジを楽しんでみてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃