ジャストサイズより大きめの「オーバーサイズ」は、この秋冬も人気が続いています。ビッグシルエットのジャケットは華奢感を印象づけてくれるから、冬のコーディネートに重宝します。ジャケットはかっちりしたムードを帯びていますが、ジーンズで合わせれば、堅苦しく見えません。

世界のセレブが見せたデイリーコーデは、大人女性が取り入れやすいスタイリングのポイントを教えてくれます。ジャケット選びで印象を変えることができる、そのヒントを探っていきましょう。

「オーバーサイズジャケット×デニム」の黄金スタイルを披露!海外セレブのお手本スタイル5選

■1:上半身で主張する「チェック・オン・チェック」

チェック柄のジャケットとスキニージーンズを着こなすPernille Teisbaek(ペニーレ・タイスベック)氏
イエローのハイヒールで差し色、ソックスで遊び心をプラス

オーバーサイズのジャケットは、それ自体の個性と引きあわせるインナー次第で、表情をがらりと変えることができます。ストリートスタイルの達人と評される、スタイリストのPernille Teisbaek(ペニーレ・タイスベック)は、チェック柄のシャツとジャケットを重ねる「チェック・オン・チェック」で、上半身にインパクトと統一感を出しました。

スキニージーンズでレッグラインの細さをアピール。ジャケットの量感との落差がきれいに効いたバランス感はお見事です。普段着風のイメージがあるジーンズを、おしゃれ着としてアレンジするお手本スタイリングといえます。

■2:レディーな品格を宿す「金ボタンのダブルブレスト」

ブレザー風ジャケットとジーンズを着こなすGreta Scarano(グレタ・スカーアーノ)氏
脚長効果を発揮するハイウエストジーンズ選び

格上を印象付けるのに最適なのは、ダブルブレストの金ボタンがアクセントになったブレザー風ジャケット。ジーンズとも好相性です。無造作にはおることで、今年らしいオーバーサイズシルエットが取り入れられます。

女優のGreta Scarano(グレタ・スカーアーノ)は、紺ブレの両袖に腕を通さず「肩掛け」で投入。肩掛けにしている分、さらにゆったりした見え具合に。スリムジーンズをもう一段、ほっそり見せるスタイルアップ技としても注目したい着方です。

■3:紳士なムード漂うブリティッシュな「グレンチェック」

メンズライクなジャケットと細身のジーンズを着こなすCaroline Issa(キャロライン・イッサ)氏
ジャケットのマニッシュ感と優美なハイヒールがクロスオーバー

紳士のイメージがあるグレンチェックの金ボタン付きジャケットを、あえてオーバーサイズで着ることで、今どき風味なセンスを楽しむことができます。

ファッションディレクターのCaroline Issa(キャロライン・イッサ)は、グレーのジャケットに、アイキャッチーなGUCCI(グッチ)のバッグを肩から掛けて、装いのアクセントにしました。細身のジーンズに、ストラップがきれいなパンプスを添えて、女性らしいレッグラインをアピール。ボトムスをシックにまとめることで、キャリア女性らしい大人の余裕を漂わせています。

■4:オンオフ使える万能な「コーデュロイ」

ベージュのジャケットとジーンズを着こなすAlexa Chung(アレクサ・チャン)氏
カッチリしたムードを和らげるジャケットの前開けテクニックは、おしゃれ上手の共通ルール

「コーデュロイ」ジャケットは、合わせるアイテム次第でオフモードに早変わりします。おしゃれアイコンのAlexa Chung(アレクサ・チャン)は、ベージュのダブルブレストジャケットに、ジーンズとスニーカーを引き合わせ、絶妙にカジュアルダウンさせました。ジャケットをコートのような感覚でフレンドリーにはおるのがポイントです。

細感を添える膝で絞ったジーンズなら、フラットシューズでもバランス良く見せることができます。プライベート気分を盛り上げるには、プリント柄などのプレイフルなTシャツ選びでセンスを光らせて。

■5:女性らしさを薫らせる「ピンクライン」

メンズライクなジャケットとジーンズを着こなすJessica Alba(ジェシア・アルバ)氏
袖をまくり上げて、ジャケットの真面目さをやわらげるのは基本技

関連記事

メンズ風のジャケットを着こなすには、女っぽさを薫らせる小技が効果的です。女優のJessica Alba(ジェシカ・アルバ)は渋めのチェック柄にピンクのラインが際立つジャケットをセレクト。さらにフェミニン色の代表であるピンクのニットを肩から掛けて、ジャケット姿にほんのりと甘さと優しさを加えました。

ジーンズ×スニーカーのコンビネーションはボーイズライクにも映るので、このような女性的なイメージのアイテムを1点差し込むのも、バランスを取るうえで有効です。

今回は、引き続き人気の「オーバーサイズジャケット」にデニムでアレンジするスタイルテクニックに注目しました。前を開けてサラッとはおる感じで軽やかにまとうのが、オーバーサイズジャケットを上手に着こなす基本の操り方です。

さらにジーンズと合わせることでアクティブな表情が加わって、ジャケットのもつ正統派イメージとの程よい「ギャップ」を演出できます。絶妙にこなれた海外セレブの多彩なアレンジテクニックを参考に、今シーズンのスタイリングに取り入れてみてはいかがでしょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃