レディース冬のカジュアルスカートコーデまとめ。スカートのカジュアルな着こなしを27選集めました。タイツ、ニット、アウターとの合わせ方を参考に、ぜひこの冬はカジュアルなスカートコーデにチャレンジしてみてください。

【目次】

レディース冬のカジュアルスカートコーデ


【1】ベージュフレアスカート×ベージュトップス×スカーフ

【1】ベージュフレアスカート×ベージュトップス×スカーフ
スカート・トップス・腰に巻いたスカーフ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレフェラガモ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

軽やかなヌバックレザーをセットアップでまとって、最高に贅沢なカジュアルスタイルを堪能。表革のブーツやバッグを選び、シルクのスカーフをあしらう攻めの素材ミックスで、コーディネートにメリハリをプラスしましょう。

【2】黒プリーツスカート×黒ニット

【2】黒プリーツスカート×黒ニット
ニット(ebure〈ebure〉)、スカート(Theory)、ピアス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

メインの黒タートルは、思わず頬ずりしたくなるふっくらとしたカシミヤローゲージニット。包み込まれるようなオーバーシルエットと前後差のある裾が個性的です。リラックス感と旬の気分を備えたラウンドフォルムのニットには、ロングプリーツスカートを合わせ、今年らしいボリュームONボリュームシルエットを楽しみましょう。

【3】ベージュスエードスカート×白ニット×ファージレ

【3】ベージュスエードスカート×白ニット×ファージレ
スカート(MOGA)、ジレ(ウィムガゼット 青山店〈アンノウン〉)、タートルニット(トラデュイール)、ネックレス0(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ロベルタディ カメリーノ)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ニット×スエードスカートの組み合わせに、毛足の長いファーベストをレイヤードして、休日を楽しむチャーミングな遊び心を表現。持ち味の異なる素材を重ねることで、色をなじませた着こなしに奥行きが生まれます。

【4】グリーンレザースカート×黒ニット

【4】グリーンレザースカート×黒ニット
スカート・ニット(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ハンティング・ワールド帝国ホテル店〈ハンティング・ワールド〉)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

この冬挑戦してみたい、モヘアのローゲージニット。大人顔に仕上げるなら、レザースカートの引き締め効果を活用しましょう。ミニマルな配色も、スタイリッシュなムードにひと役買ってくれています。

【5】黒スカート×白ニット×黒コート

【1】黒スカート×白ニット×黒コート
コート・ニット・スカート・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

このブーツを象徴するのは、斜めに走るシルバーのジップ。それにリンクするように、中央に大きめの引き手が付いたジップタイトを合わせます。ドレープを描きつつ体にフィットする細身のラインをカバーするように、トップスはローゲージのタートルニットを。カジュアルな抜け感とクールフェミニンな足元が、今年らしいバランスを生み出します。

【6】黒スカート×グレーニット×ストール

【2】黒スカート×グレーニット×ストール
ニット(三喜商事〈アニオナ〉)、スカート(エム&アソシエイツ〈クリスタセヤ〉)、ストール(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店)、イヤリング(アルテミス・ジョイエリ)、リング(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

カシミヤニットとAラインスカートがつくるやわらかなシルエットを、引き締め効果のある黒でシャープに仕上げて。ハーフ&ハーフの配色分量でコントラストを強調すると、洗練度がぐんとアップします。

【7】ベージュスカート×ベージュニット×ストール

【3】ベージュスカート×ベージュニット×ストール
ニット・スカート・バッグ・ストール(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

温もりのあるウールカシミヤのケーブルニットに、ジベリン仕上げのベビーキャメルのフレアスカートを合わせて、大人の愛らしさが漂う着こなしに。遠目にも伝わるリッチなテクスチャーと、トーンをそろえたキャメルベージュが洗練度をアップしてくれます。

【8】カーキロングスカート×カーキニット×ストール

【4】カーキロングスカート×カーキニット×ストール
ニット・スカート(ユニット&ゲスト〈Tibi〉)、ストール(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、ピアス・バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(キートン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

ゆったりとしたニットとミモレ丈スカートでつくるボリュームシルエットは、今季いちばんのトレンドバランス。小柄な日本人にとっては難度が高いけれど、色に独特のこなれ感が漂うカーキでまとめるとたちまち小粋な雰囲気に仕上がります。スカートは落ち感のあるラップ調デザインを選び、足元にニュアンスを残すのも、フレッシュな印象を導く正攻法です。

【9】チェック巻きスカート×グレーニット

【5】チェック巻きスカート×グレーニット
スカート(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、手袋(ヴァルカナイズ・ロンドン〈デンツ〉)、リング(TOMORROWLAND〈ジェニーバード〉)、ペランのバッグ・マノロ ブラニクの靴( ブルーベル・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のスカートは英国調のチェック柄は、カジュアルなフリンジがアクセント。体型に合わせて調整がしやすいラップタイプです。トラッド色の強いスカートだから、ふんわり袖のローゲージニットやニーハイブーツでハズすのが正解。丸いレザーバッグも都会的なアクセントになってくれます。

【10】カーキスカート×タートルニット×カーキコート×ストール

【6】カーキスカート×タートルニット×カーキコート×ストール
コート・タートルニット・スカート・ストール・グローブ・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ウールカシミヤのダブルフェースコートと同素材のひざ下丈スカートとのセットアップを主役に。カーキに近いローデングリーンとミドルグレーの男前な配色に、さらにストールを加え、グレーの比率を上げることで、より都会的で大人の雰囲気に仕上がります。足元は重めのブーツでカジュアルに外すのが今年の気分です。

【11】白ロングスカート×ニット×ベージュカーディガン

【7】白ロングスカート×ニット×ベージュカーディガン
edit & co. Cowichanのカーディガン・YURIPARK CAPO COMPLETOのニット・adele couturierのスカート(edit & co.)、靴(プレインピープル丸の内〈ボサボ〉)、ブレスレット・リング(リンクス オブロンドン青山店)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

カジュアルを美しくするなら、スタンダードの力に頼るのもテクニック。厳寒のカナダで生まれたハンドメイドのカウチンニットには、名品の存在感が。こちらはキモノスリーブや細身シルエットなど、スタイリッシュに着こなせる一着です。しなやかなロングスカートに合わせて、女らしく着こなしましょう。

【12】ネイビースカート×白ブラウス×グレーカーディガン

【8】ネイビースカート×白ブラウス×グレーカーディガン
アリュードのロングカーディガン・ステファノ モルタリのブラウス・アルトのスカート(三喜商事)、ネックレス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、傘(ヴァルカナイズ・ロンドン〈フォックス・アンブレラ〉)、靴(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

カーディガンのカジュアル度を軽減するには、全体を洗練配色にまとめることがいちばん。ブラウスをスカートにインして、縦長シルエットを計算しました。

【13】黒ジャカードスカート×黒ニット×黒ライダースジャケット

【9】黒ジャカードスカート×黒ニット×黒ライダースジャケット
ライダースジャケット(アストラット 青山店〈アストラット〉)、ニット・スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、バッグに付けたブローチ(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ストラスブルゴ〈ニナ リッチ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/唐澤光也・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

ライダース×ジャカードスカートの甘辛ミックスのインパクトに負けないように、仕上げのネックレスアレンジで華やぎをプラス。バッグに付けたブローチ使いもセンスのいいアプローチになります。

レディース冬のカジュアルデニムスカートコーデ


【1】デニムスカート×カットソー×グレージャケット×ストール

【1】デニムスカート×カットソー×グレージャケット×ストール
ジャケット(三喜商事〈アルト〉)、カットソー(VINCE 表参道店〈VINCE.〉)、スカート(GALERIE VIE丸の内店〈GALERIE VIE〉)、ストール(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈バフジェイズ〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈ニナ リッチ〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)、ピアス・リング(ボンマジック サロン〈ボン マジック〉) 撮影/唐澤光也・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

重く見えてしまいがちなブリティッシュ系のトラッドカジュアルに、パールの優しい彩りを。デニムスカートでも大人らしい装いがかないます。

レディース冬のスカート×タイツコーデ


【1】グリーンスカート×タイツ×カットソー×カーキコート

【1】グリーンスカート×タイツ×カットソー×カーキコート
スカート(エストネーション〈エストネーション〉)、コート(オルドス ファッション ジャパン)、カットソー(デペッシュモード恵比寿本店〈ディウカ〉)、ストール(エルメスジャポン)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のスカートは比翼仕立てのシンプルデザイン。さらっとしたコットン素材だから、3シーズン活躍しそう。ワントーン明るいコートとカットソー。それだけでは物足りないので、大判のストールを投入。白いプリント模様が浮き出し、清潔感のある着こなしが完成します。

【2】ボルドースカート×タイツ×ライトベージュニット×スカーフ

【2】ボルドースカート×タイツ×ライトベージュニット×スカーフ
ニット(三崎商事〈チヴィディーニ〉)、スカート(ebure)、スカーフ・バッグ・バングル(ブルガリ ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ドロップショルダーのボリューミーなリブニットと、センタースリットがセクシーなタイトスカートを合わせて、憧れのヴィクトリア・ベッカム風のこなれ感を。ボルドー配色だからこそ、カジュアルなローゲージニットもぐっと女らしく! 首からのぞかせたボルドーのスカーフで、顔周りをきりっと引き締めましょう。

【3】グレージュスカート×タイツ×黒シャツ

【3】グレージュスカート×タイツ×黒シャツ
スカート(ユナイテッドアローズアトレ恵比寿 ウィメンズストア〈J&M デヴィッドソン〉)、シャツ(ビームス ハウス 丸の内〈マディソンブルー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(STEP inc.〈モワナ〉)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グレージュのAラインスカートに、リネンでハリ感を出した黒のウール混シャツを合わせて。カジュアルな抜け感を演出する襟抜きの着こなし方もポイントになります。

【4】グレースカート×タイツ×ニット×ブラウンコート

【4】グレースカート×タイツ×ニット×ブラウンコート
コート・スカート・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、イヤリング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、その他/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

大きめの襟が華やかなムードをもたらす、こっくりとしたキャメルカラーのトレンチ。うねが深めのコーデュロイが色の深みを高め、カジュアルな素材をノーブルな印象に。それでいて小粋に映るのは、腰周りをすっきりさせたシルエットの賜物です。

【5】オレンジスカート×タイツ×オレンジニット

【5】オレンジスカート×タイツ×オレンジニット
スカート・ニット・ピアス・リング・バッグ・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)、クラリネットケース・楽譜/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ローゲージニットをクラシカルなひざ下丈スカートと組み合わせた「まじめ」なコンビネーション。一見ベーシックなようで、こっくり色同士でまとめたワントーンがとても新鮮です。この秋、スカートで洗練を目指すなら、選ぶべきは細身なひざ下丈! 

【6】プリーツスカート×タイツ×柄シャツ

【6】プリーツスカート×タイツ×柄シャツ
マウリツィオ ペコラーロのシャツ・スカート・イレブンティのベルト(三喜商事)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

異なる色調のグレージュのヘリンボーン柄を組み合わせたシルクシャツに、ひだ山にグレージュ、カーキ、キャメルのレザーを配したダークグレージュのプリーツスカート。凝ったアイテムも品よく調和するのがグレージュの魔法です。幅広ベルトで美シルエットを強調し、モードを心得た大人の進化系フェミニンスタイルに。

レディース冬のカジュアルタイトスカートコーデ


【1】黒タイトスカート×ファーブルゾン

【1】黒タイトスカート×ファーブルゾン
ブルゾン・スカート・バッグ『ピーカブー』・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ロックテイストのスタッズ付きバッグと、スポーティーなミンクブルゾンで、キレのよさを意識した着こなし。タイトスカートで女性らしさもアピールしましょう。

【2】ブラウンタイトスカート×ネイビーシャツ×白ニット

【2】ブラウンタイトスカート×ネイビーシャツ×白ニット
スカート(スプラス インターナショナル〈ロゥタス〉)、リング・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、コットンシャツ(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店〈トラディショナル ウェザーウェア〉)、肩にかけたニット(三喜商事〈アリュード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バッグ(showroom SESSION〈オーエーディー ニューヨーク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

レザースカートはひざ下丈のセミタイトシルエット。しなやかなラムレザーでこなれ感を出しながら、華やかなリングで女性らしさを添えましょう。

【3】グレータイトスカート×ニット×グレージュコート

【1】グレータイトスカート×ニット×グレージュコート
コート(オルドス ファッション ジャパン)、ニット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート(三喜商事〈アニオナ〉)、ミッレのネックレス・ファウスト コラートのバッグ(チェルキ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

コートの襟裏からのぞくチャコールグレーから導いた辛口ワントーン・スタイル。リッチなパイソンバッグで大人の迫力をプラスしましょう。コートはダークグレージュ×チャコールグレーのカシミヤリバーシブル仕立て。自然に折り返るスタンドカラーの裏側からちらりとのぞく配色がリュクスな雰囲気。グレーの装いと絶妙にまとまります。

【4】赤タイトスカート×赤ニット×赤ジレ

【2】赤タイトスカート×赤ニット×赤レジ
ジレ・ニット・スカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

トレンドの赤をキーカラーに打ち出した、マックスマーラのコレクションのランウェイに登場した、今季らしいコーディネート。異なる質感で赤をレイヤードしたスタイルは、落ち着きのある色味と上質な素材感のハーモニーで洗練を印象づけましょう。ニットはピュアカシミヤ、ジレはウールカシミヤ、タイトスカートはコットンベルベットです。

【5】白タイトスカート×白ニット×ファー付きブルゾン

【3】白タイトスカート×白ニット×ファー付きブルゾン
ファー襟付きカシミヤブルゾン(三喜商事〈アニオナ〉)、カシミヤのニット(ウールン商会〈バリーニットウェア〉)、スカート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・パールのブレスレット(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

フライトジャケット風のブルゾンを、ふんわりとしたカシミヤニットでリュクスな仕上がりに。キレのあるタイトスカートも、優しい白でまとめると凛とした女らしさを表現できます。

【6】グレージュタイトスカート×黒ニット×ライダースジャケット

【4】グレージュタイトスカート×黒ニット×ライダースジャケット
ジャケット(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ニット(ブラミンク)、スカート(ebure)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ライダースのインに黒のタートルニットを着て、波打つような艶をたたえたタイトスカートを合わせた装い。配色でコントラストを効かせつつも、アイテムの組み合わせでも緩急をつけると奥行きが生まれておしゃれ感が倍増します。

【7】グレータイトスカート×モカグレージュニット

【5】グレータイトスカート×モカグレージュニット
ニット(三喜商事〈アニオナ〉)、スカート(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

顔周りに視線を集め、ウエストに絶妙に収まるニットは、ひざ下丈タイトスカートをスタイルよく着こなすキーアイテムです。ニット、スカート、ホーザリーと徐々に濃くなるグラデーションも、すっきり脚長に見せるワザ! ニットは立体感のある畦あぜ編みのカシミヤでリッチな輝きを授けたモカグレージュニット。アシンメトリーなビッグタートルとコンパクトな着丈のバランスも今らしい。