ベージュは大人っぽい着映えにまとめやすいだけに、ファンの多い色です。静かなムードに整えやすい一方、落ち着いたイメージを生かして、大胆な着こなしに組み込むこともできます。ありきたりに見せないためには、ボリュームやシルエットで遊んだり、差し色や素材感で変化を出したりといったアレンジが効果的。

世界のベージュマスターたちは、さすがのスタイリング技を披露しているから、そのままコピーしたい気持ちになります。

秋冬の大定番カラー「ベージュ」を今年らしく着るポイント5

■1:穏やかな「ツートーン」で冬ルックを格上げ

ベージュのスカートを着こなす女性
今季の注目アイテム「ホワイトシューズ」を添えて、ベージュスカートを白でサンドイッチ

ベージュは控えめな色味だから、引き立ててくれる「パートナーカラー」を意識しましょう。ホワイトはベージュの雰囲気を生かしやすいのに加え、白ならではのクリーン感やノーブルさが装い全体に気品をもたらします。

ベージュと白のツートーンは冬ルックを上品に格上げする理想的なコンビネーション。ほっこりした表情のトップスと、たっぷりドレープのアシンメトリースカートがバランスよく見せてくれます。

■2:「オーバーサイズ」のセットアップに品格を添えて

ベージュのセットアップを着こなす女性
ベージュの色味を引き立てるインナー選びが肝

ベージュには「きちんと感」が備わっているから、スーツやセットアップで取り入れると、さらに端正な佇いに仕上がります。

トレンドのオーバーサイズも、ベージュのセットアップに組み込めば、だらしなく見えにくくなり、むしろ大人の余裕が漂う着映えに。アイキャッチーなシルエットを、品格豊かなイメージにまとめられるのも、ベージュの強みです。

■3:トレンドカラーの「赤」をパートナー色に

ベージュのコートを着こなす女性
ベージュと赤を引きあわせるニュートラルな「白」の存在感

鮮やかな色を投入して、ベージュ特有の雰囲気を際立たせるのも、上手なスタイリングです。

穏やかなベージュと意外な好相性を発揮してくれるのは、鮮烈なレッド。今秋冬のトレンドカラーにもなっているから、さらに赤を味方につけたくなります。ヴィヴィッドレッドのパンツが装いにフェミニン感とパワーの両方を注ぎ込みました。

■4:ファージャケットをソフトなムードに

ベージュのダウンジャケットを着こなす女性
アウターに生かすと、冬ルックが一気に朗らかなムードに

装いのムードをソフトに整えるうえで、ベージュは有効です。ゴージャスなファージャケットもベージュをセレクトすれば、優しげな表情に見せやすくなります。

ムートン系の素材感と組み合わせると、ベージュに光沢や濃淡が加わり、リッチな風情に。肩掛けにした「GUCCI(グッチ)」のバッグが色をプラス。あえてジーンズで合わせて、賢くカジュアルダウンさせているところも参考になります。

■5:アウターのレイヤードをリュクスな着映えに

ベージュのコートを着こなす女性
レッグラインがすっきり見える「ブラウンブーツ」の引き締め効果

コートを2枚重ねるような、アウターのレイヤードがおしゃれ上手の間で広がり始めました。

こちらの女性は、グレーカラーのファージレの上から、ベージュのチェスターコートをオン。グレーとベージュの響き合いが生きて、リュクスな佇いに。防寒性の高いルックなのに、ロングブーツを組み込んだおかげで、縦長シルエットに見えています。上級テクニックではありますが、今年挑戦したいスタイルとしてマークして。

ベージュは癖がない分、コーデの選択肢が広く、自在のアレンジが楽しめます。相性のよい色を引き合わせたり、ファーやダウンと組み合わせたりして、優しげでノーブルなベージュの持ち味を印象づける着こなしを楽しんでみましょう。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO(1,2,3)
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃