首元をしっかり覆ってくれるハイネックのニットトップスは、ウィンタールックをすっきり見せてくれる救世主的なウエアです。シルエット全体が縦長に映るのも、ハイネックを手放せない理由。おしゃれ上手で名高い世界の王妃は、さすがのスタイリングを披露しています。

自在に着こなしやすい、ベーシックな黒、白、グレーのハイネックをまとった美人王妃のお見事コーディネートを研究してみましょう。

世界の美人王妃は「黒・白・グレー」のハイネックを愛用中!麗しのベーシックスタイル4選

■1:【黒のハイネック編】チェック柄ジャケットで品格ムードに

黒のハイネックを着こなすCatherine(キャサリン)妃
スリムパンツを選んで、シャープな着映えに
黒のハイネックを着こなすCatherine(キャサリン)妃
ジャケット襟のベルベットと、袖口からのぞく黒も引き締め効果を発揮

基本中の基本ともいえそうな黒無地のハイネックは、上から重ねるはおり物でムードを操れます。

英国王室のCatherine(キャサリン)妃は、黒のハイネックの上から、チェック柄の正統派ジャケットを着用。英国紳士服の伝統的ムードを印象づけました。

パンツと靴も黒無地で統一して、ジャケットを主役に押し出しています。黒ハイネックを引き立て役に回す、見事なキャスティングです。

■2:【黒のハイネック編】流れ落ちるゆったりコートでほっそりイメージに

黒のハイネックを着こなすMeghan(メーガン)妃
コートの前を開けて、リラックスしたムードを引き寄せて
黒のハイネックを着こなすMeghan(メーガン)妃
首周りを隠さないポニーテールもハイネックの引き立て役にぴったり!

黒は引き締め効果の高い色だから、ボリューミーなはおり物とのコンビネーションで、一段と細感を際立たせることができます。

同じ英国王室のMeghan(メーガン)妃は、大襟のグレーコートを重ねました。風をはらむコートのたっぷりした量感が、黒でまとめたコーデをさらにほっそり見せています。

スキニーパンツとレースアップブーツがシャープなレッグラインを演出。黒と相性のよいグレーが全体に品格を帯びさせています。

■3:【グレーのハイネック編】同系色のジャケットで気品コーデに

グレーのハイネックを着こなすRania(ラニーア)王妃
グレー、黒(バッグ)、白(パンツ)がきれいに調和
グレーのハイネックを着こなすRania(ラニーア)王妃
大ぶりなイヤリングがグレーコーデに華やかさを添えました

グレーは穏やかで上品な装いにまとめやすい色です。ハイネックでグレーを迎え入れた同系色コーデはノーブルな風情に仕上がりやすくなります。

ヨルダンのRania(ラニーア)王妃は、グレーを気高いムードで着こなしました。ハイネックとジャケットをベージュがかったグレーでそろえて、ぬかりのない装いに。

センタープレスの効いたホワイトパンツを引き合わせて、きちんと感を添えています。ハイネックをきれいめに見せたいときに使えるテクニックです。

■4:【白のハイネック編】艶やかスカートで華やかコントラストを演出

白のハイネックを着こなすLetizia(レティシア)王妃
上下でのカラーコントラストが、ダイナミックな着映えに
白のハイネックを着こなすLetizia(レティシア)王妃
パールのイヤーアクセサリーが、白ハイネックにつやめきをプラス

ダークトーンで重たく見えがちな冬ルックに、白はクリーンなイメージをもたらしてくれます。上半身を包み込む白のハイネックは、気品が求められる王室ルックにも好相性です。

スペインのLetizia(レティシア)王妃は、赤ベースのフェミニンなスカートとコーデ。白のハイネックとのコントラストを際立たせています。

真っ赤なロングブーツも添えて、白と赤のコンビネーションを強調。トップス裾をきっちりウエストインして、くびれのきれいな「フィット&フレア」のシルエットに整えました。

ハイネックは防寒面が頼もしいだけではなく、軽やかな印象やレトロかわいいムードも帯びています。その分、大人テイストの装いに組み込むと、垢抜けた雰囲気に見せてくれます。

4人の王妃が披露したのは、いずれもハイネックの持ち味を生かしつつ、麗しい見栄えに導くスタイリング。オフィシャル感が求められる公務での装いは、お仕事ルックにも取り入れやすいから、冬のオフィスコーデの参考にしてみてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃