フードがのどかな風情を醸し出す「スウェットパーカー」人気の勢いが止まりません。アクティブな表情と健康的なムードが、秋冬のコートルックをポジティブに弾ませてくれます。顔周りに朗らかなボリュームが備わるので、小顔効果も発揮。

チェック柄やテイラードなど、端正な本格的コートと引き合わせれば、スポーティなムードが程よくテイストミックスされます。世界のおしゃれ上手が見せた「スウェットパーカー×コート」の着こなしをチェックしていきましょう。

「スウェットパーカー」人気が加速!おしゃれプロの最旬コートスタイル6

■1:鮮度を与える紳士風味な「英国調のチェック柄」

パーカとチェックコートを着こなすNaomi Watts(ナオミ・ワッツ)氏
色数を抑えたグレンチェックは大人ムードを高める柄のひとつ

今年のトレンドでもある、キリッとした紳士的なムードを携えた英国調のチェック柄。そのもち味を生かして、カジュアルな雰囲気のパーカーと組み合わせれば、アクティブなミックスコーデに仕上がります。

ヨガスクールに向かう女優のNaomi Watts(ナオミ・ワッツ)は、オーバーサイズのチェック柄コートをパーカーにオン。ボトムスもレギンス風の細身パンツと合わせて、スポーティーに整えています。

パーカと黒のコートを着こなすGigi Hadid(ジジ・ハディッド)氏
メンズライクな靴を選んで凜々しくアップデート

チェック柄をパンツやスカートに生かす選択肢もあります。モデルのGigi Hadid(ジジ・ハディッド)は、チェック柄のマスキュリンなパンツを、冬コーデの主役に迎えました。

パーカーを添えて、気負わないムードを添えています。その上からヴェルヴェット系のつやめきアウターを重ねて大人の装いに。スウェット地パーカーとの質感の違いも際立つ、デイリーコーデの参考したいと思わせる異素材ミックスコーデです。

■2:「ベルトマーク」で魅せるフェミニンミックス

パーカと黒のコートを着こなすDaisy Lowe(デイジー・ロウ)氏
ダークトーンでまとめた日はシルエットの主張が肝心
パーカと黒のコートを着こなすDaisy Lowe(デイジー・ロウ)氏
マニッシュなトレンチとミニ丈のジェンダーミックスが絶妙

スウェットパーカーのカジュアル感を抑えつつ、コートルックに組み込むには、ベルト使いが役立ちます。ベルトでしっかりウエストをマークすると、メリハリの効いたシルエットに。

モデルのDaisy Lowe(デイジー・ロウ)は、スウエットパーカーの上からコートをはおり、さらにベルトでウエストマーク。全体を引き締めました。ミニスカートとロングコートを組み合わせた、丈違いの「長短レイヤード」が冬ルックに動きを添えています。

パーカとキャメルのコートを着こなすNicole Richie(ニコール・リッチー)氏
グレーとキャメルは意外にも好相性な色合わせ

ベルトをきっちり巻かないで、ややルーズにコートの前を打ち合わせると、こなれた見栄えに映ります。

セレブママとしても関心を集めるNicole Richie(ニコール・リッチー)は、グレーのスウェットパーカーとパンツの上下セットアップという、アスレジャー感の強い出で立ちで登場。品位を薫らせるスエード仕立ての、キャメル色のロングコートを重ねて、「ストリートラグジュアリー」のムードに整えています。

正面でゆるく打ち合わせて、スウェットをしっかりのぞかせ、ミックス感を引き立てた成功例です。

■3:人気復活の「レギンス」投入でシャープなシルエットに

パーカとチェスターコートを着こなすNicky Hilton(ニッキー・ヒルトン)氏
チェスターコートとレギンスが細感をダブルでアピール

フードの印象が強く、首周りにボリュームが出る分、細身のボトムスを添えると、スレンダーなフォルムを強調できます。人気が復活したレギンスは、スポーティー感が高いので、パーカーとよくなじむ「相棒アイテム」。

ファッショニスタのNicky Hilton(ニッキー・ヒルトン)は、黒いパーカーにキャメル系チェスターコートを重ねました。レギンスとスニーカーのコンビネーションが足元を若々しく見せています。

パーカとネイビーのコートを着こなすHeidi Klum(ハイジ・クラム)氏
白パーカーと白スニーカーでクリーンムードを増幅
パーカとネイビーのコートを着こなすHeidi Klum(ハイジ・クラム)氏
コート上にあふれさせたフードが背中側からの視線を朗らかにキャッチ

モデルのHeidi Klum(ハイジ・クラム)は、白のパーカーをセレクト。ダークカラーのはおり物とのコントラストが際立って、さわやかな見栄えに仕上がりました。後ろ姿もフード部分がふっくらして、愛らしさがプラス。レギンスが脚線を引き立て、シャープなイメージづくりにひと役買ってくれています。

小顔効果を発揮してくれるといううれしいポイント付きの「スウェットパーカー」は、気負わない雰囲気やアクティブな気分を呼び込んでくれるから、コートで重たく見えがちな冬コーデのムードチェンジャーにうってつけ。チェック柄やベルト、レギンスなどを使って、自分好みのトーンに整えるのが賢い選択に。この冬はパーカーとコートのマリアージュをいろいろなパターンで試してみてください。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃