最近、撮影時お洒落強化月間」

に掲げている山下です。

ということで今回は

私めの撮影時の私服などいかがでしょうか。

DAY

シャツ/ターンブル&アッサー(古着)

ニット/トラサルディ

ジーンズ/リーバイス501 BIGE(古着)

バッグ/エルメス

クロコローファー/ジェイエムウエストン

近頃改めて、リーバイスの

ヴィンテージデニムがもつ魅力に夢中。

この日はターンブル&アッサーの

パープル色のシャツを合わせて、

少々品のよいカジュアルにまとめてみました。

新品で買うとカッチカチで

洗いこんでもなかなか味のでないターンブルですが

古着ならいい塩梅に柔らかくなっており、

ジーンズやニットなど

カジュアルに合わせやすいのです。

DAY2

シャツ/カモシタ

タイ/エルメス(古着)

パンツ/ハバーサック

カーキの極太グルカパンツを中心に、

ちょっと渋めの色使いでまとめた

30年代的レトロな着こなしで、老舗のうなぎ屋へ。

うーん。土臭い。

というかオヤジ臭い。

DAY3

つなぎ/トラサルディ

セーター/ラルフ ローレン パープルレーベル

靴/ジャコメッティ

この日はリースや撮影など

ガテン仕事が立て込んでいたので、

オールインワン(つなぎ)で気分を盛り上げてみました。

カーキ色だけだと私の顔立ちと相まって

相当リアルに見えてしまうので

ド派手なケーブルニットを挿し色にして、

ちょっと印象を和らげております。

DAY

ジャケット/ポロ ラルフ ローレン

パンツ/A WORK ROOM(オーダー)

バスクシャツ/不明

肩にかけたニット/コーギー

バッグ/フォーナインズの展示会土産

帽子/ランバン

こちらはズバリ、

90年代風

フレンチトラッド

がテーマです!

肩がちょっと落ちた、

1サイズオーバーのネイビーブレザー、

白×紺のボーダーシャツ、

タータンチェック柄のパンツ、

オールデンのローファー

(室内だから履いていませんが)、

肩にかけたシルクのニット、

フォーナインズの展示会で

ノベルティとしていただいた

イエローのバッグなど・・・。

で、そんな着こなしには

あえてのスウォッチ。

これも実に90'Sな時計ですよね。

普段しているアンティークに較べると、

つけ心地も存在感も軽やか。

決して真面目にならずに、

「テキトーに」お洒落している感じが出て、

いいんですよね。

当たり前だけど値段も安いし!

こんな感じに、あまり格式張らずに

色を楽しむスタイルを

これからの季節は楽しみたいものですね。

この記事の執筆者
MEN'S Preciousファッションディレクター。幼少期からの洋服好き、雑誌好きが高じてファッション編集者の道へ。男性ファッション誌編集部員、フリーエディターを経て、現在は『MEN'S Precious』にてファッションディレクターを務める。趣味は買い物と昭和な喫茶店めぐり。
TAGS: