暖かくて軽いダウンコートは、冬の守り神的な頼れるアイテムですが、近ごろは寒さしのぎに加え、おしゃれな着こなしの主役に起用するコーディネートが支持されるようになってきました。

上手にまとうポイントは、素材や色、柄の持ち味を引き出すアレンジテクニック。ベルトやバッグ、ネックレスなどの小物使いも、ダウンアウターに動きや華やぎを添えてくれます。海外のおしゃれプロのストリートでも際立つコーディネートテクニックを参考に、今年こそはダウンコートの着こなしレパートリーを広げてみましょう。

海外のおしゃれプロが認めた「ダウン」とは?スタイルアップを叶える最旬コートスタイル5選

■1:「ファー投入」で顔周りにリッチな華やぎを

ファーがついたダウンコートを着こなす女性
小顔効果を生むファーの量感と風合い

ダウンアウターそのものにリッチ感を加えたタイプは、シンプルな着こなしでも華やぎます。

冬の人気素材のファーを襟やフードにあしらえば、顔周りがぐっと華やかに。マフラーを添えて、さらにぬくもりを高めて。寒さが厳しくない日はできるだけ前を開けて、トップスやジャケットをのぞかせれば、立体的なレイヤードを組み立てられます。

■2:「1点シャイニー」でワントーンを格上げ

ネイビーのダウンコートを着こなす女性
ゴールドのネックレスを黒系トップスに乗せて視線を上に!

冬ルックはダークトーンでまとめることが多くなりますが、質感の異なるアイテムを組み合わせることで、重く映りがちなスタイルをフレッシュに刷新できます。

たとえば、モノトーン系の装いのなかに、1点だけシャイニーなシルバー系スカートを取り入れてみましょう。ブラック主体のコーデのなかで輝くまばゆいスカートが、コーディネートにシャープな鮮度を呼び込んでくれます。主役級のアイテムを迎え入れてください。

■3:「ウエストマーク」でジューシーに色付け

光沢のあるダウンコートにネオンカラーのベルトを合わせる女性
着物風に斜めに打ち合わせるカシュクールがすっきりした見栄えに

アウターの上からベルトを巻くことでダウンコートの表情を変えるスタイリングテクニックは、手軽なうえにスタイルアップにも効果的です。

今秋冬の注目アイテムになっているパフィーアウターはボリュームあるシルエットが魅力ですが、ベルトで絞ることで、メリハリあるボディーラインが生まれます。ジャストウエストでマークして、脚長効果もアピール。目をひくネオンカラーのベルトでブラックトーンにジューシー感を添えています。

■4:「ポジティブカラー」でハッピー感をプラス

イエローのダウンコートを着こなす女性
タートルネックのブルーを差し色にしたカラーブロックコーデ

冬ルックは暗めの色が増えますが、あざやかな色のダウンアウターはポジティブ気分を呼び込んでくれます。

フレッシュなイエローは装いにビタミンを投入したかのような効果を発揮。若々しさやアクティブ感を印象づけます。ダウンコートならではの艶めくハイテク素材が、ウールコートとは異なる質感を装いにプラス。ダウンコートを軸に、タートルネック、ミニバッグとのトリコロール使いのハーモニーが小粋です。

■5:「ダイナミック柄」でドラマティックに

柄もののダウンコートを着こなす女性
まるで白キャンバスに描かれたようなダイナミックな柄が引き立ちます

無地が多かったダウンアウターですが、柄物が増えてきたのは、今秋冬の目立った変化です。

アイキャッチーなモチーフを全体に配したダウンコートは、ドラマティックな表情を帯びた、堂々の主役級アイテム。あえて正面のボタンやファスナーをきちんと留めないで、無造作にベルトでゆったり締めると、まるでドレスのように着こなせます。

防寒性や機能が頼もしいダウンアウターですが、コーデ技を磨けば、冬ルックの盛り上げにひと役買ってくれます。素材、色・柄に加え、ベルトやネックレスを使った小技も生かして、ダウンアウターをおしゃれの切り札ピースに活用していきましょう。

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃