襟が立たないノーカラーコートは、顔周りに優しいムードを呼び込んでくれます。人当たりのやわらかさが求められるロイヤルレディーたちが好んでまとうのも納得です。色ごとに異なる雰囲気を出せるのも、ノーカラーコートのよさ。クラシカルで上品なノーカラーコートを、巧みに着こなした王妃たちの装いを手がかりに、自分好みのスタイリングを見つけてみませんか?

寒い冬をエレガントに彩る!美人王妃の「ノーカラーコート」スタイル4選

■1: 品の良さと大人のかわいらしさを表現する「アイシーピンク」

アイシーピンクのノーカラーコートを着こなすQueen Letizia(レティシア王妃)
パンプスもコートと同系色でそろえて、節度を感じさせるコーディネートを意識

上品さとかわいらしさを両立させる色が淡いパステルピンクです。ノーカラーコートに取り入れると、ほのかな華やぎが薫ります。

スペイン王室のQueen Letizia(レティシア王妃)は、中国への公式訪問にアイシーピンクのノーカラーコートを選びました。上のほうだけ前を留めて、歩くたびに裾を揺らめかせています。

内側に着たワンピースのボタニカル柄刺しゅうが見え隠れして、装いに優雅なリズムが加わりました。パステル系の色はソフトな人柄を印象づけてくれるので、節度を保ちつつも、華が必要なシーンなどで取り入れてみてはいかがでしょう。

■2: クールですっきりドレスライクに着る「アイシーブルー」

アイシーブルーのノーカラーコートを着こなすQueen Rania(ラーニア王妃)
アイシーブルーは凜々しさが際立つから、お仕事コーデにも役立ちそう

ピンクと同じく、淡い色でもアイシーブルーを選ぶと、クールですっきりした印象が強まります。

中東ヨルダンのQueen Rania(ラーニア王妃)は、ウエストシェイプを利かせたノーカラーコートに身を包んでオランダを訪問。極上のフィット感がまるでドレスのよう。

襟のない首周りにはブラウスのボウタイをスカーフのように見せて、優美なムードを演出しています。白を顔周りに迎えると、表情が明るく映ることはもちろん計算済みでしょう。パンプスはコートよりワントーン濃いめのグレーで足先を引き締めているところも見逃せません。

■3:着ぶくれとは無縁のシックな佇いが叶う「ブラック」

ブラックのノーカラーコートを着こなすPrincesse Mary(メアリー皇太子妃)
袖口からわずかにのぞかせたラッフルが、静かなエレガンスを表現

一方、ブラックコートは慎ましやかで、シックなムードを醸し出します。

お別れの会に向かう、デンマークのPrincesse Mary(メアリー皇太子妃)は、全身をブラックで統一。首周りがすっきりしたノーカラーのおかげで、凛とした出で立ちに。

見た目をコンパクトに演出しやすいから、着ぶくれを遠ざけやすいのがブラックのノーカラーコートです。ハイネックの首元にブローチを添えて品格を漂わせる小技も参考になります。

■4:みずみずしくフレッシュに魅せる「鮮やか色のカラーブロック」

ブルーのノーカラーコートを着こなすQueen Maxima(マキシマ王妃)
品よくおしゃれ映えする「グリーン×ブルー」の色合わせに注目
ブルーのノーカラーコートを着こなすQueen Maxima(マキシマ王妃)
サテン系のワンピースに毛羽立った風合いのコートを重ねて、異素材ミックスコーデが完成

鮮やかな色をノーカラーコートにあしらうと、みずみずしさやポジティブなムードが加わります。

オランダのQueen Maxima(マキシマ王妃)は、目の覚めるようなブルーをチョイス。深みのある青は王室らしい品格を帯びています。ノーカラーはどこかノスタルジックなムードも漂わせるから、今のレトロトレンドにもマッチ。

こちらもはっきりした色味のグリーンワンピースの上に肩掛け。グリーン×ブルーのカラーブロッキングが爽やかなイメージを響き合わせています。

王妃たちが披露したノーカラーコートの装いテクニックはいかがでしたか? レディー感やシックさ、リラックスムードなどを兼ね備えるノーカラーコートは、冬のお出かけスタイルの切り札的アイテムとなるでしょう。色や素材を吟味して、マイスタイルに取り入れてみてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃