マフラーやストールは冬ルックのお約束的な小物です。でも、防寒の役目だけではあまりにももったいない。なぜなら、顔に近い、目に入りやすい位置を生かして、着こなしに狙ったイメージを呼び込みやすいから。上手に使いこなすには、ちょっとしたコツがあります。イメージづくりに手間を惜しまないセレブリティーたちの操り方には、私たちのコーディネートにも、参考にしたくなるアイディアがいっぱいです。

「ロングマフラー1点投入」でおしゃれを格上げするプロ技を拝見

■ ベージュ&イエローマフラー編:顔周りを明るくできるマジックコーデ

ベージュとオフホワイトのマフラーを巻いたMichelle Keegan(ミシェル・キーガン)氏
マフラーの色に合わせた「白スニーカー」選びでクリーンかつ軽やかに

穏やかな色をマフラーで迎えると、ソフトなキャラクターを印象づけやすくなります。

女優のMichelle Keegan(ミシェル・キーガン)は、ベージュとオフホワイトという、優しげトーンの2色をダブルで使って、ソフトムードを増幅。ボリュームを出しながらも、落ち感が際立つ巻き方も参考になります。ロングコートと組み合わせて、「長×長」に整えたおかげで、縦落ち感がさらに強調されました。

イエローのストールをまとったAli Larter(アリ・ラーター)氏
チェック柄パンツと合わせて、スタイリッシュでポジティブなイメージに

明るい色味の掛け巻き物を迎え入れると、顔周りが一気に華やぎます。

女優のAli Larter(アリ・ラーター)は、オレンジがかったイエローのストールをさらりと垂らして、伸びやかな雰囲気に。ぐるぐると巻くだけでなく、このように垂らすのも、選択肢に加えたいアレンジ技。束ねないで広げて使うと、まるでロングジレのようにまとえます。

■チェック柄マフラー編:カジュアルルックを品格エレガントに

チェックのマフラーを巻いたLily James(リリー・ジェームズ)氏
イエローを効かせて、身頃の正面に華やかさをプラス

掛け巻き物に多く使われるチェック柄は冬ルックに英国調や品格を寄り添わせてくれます。

女優のLily James(リリー・ジェームズ)は、ムートンジャケットにジーンズという、典型的な冬コーデに、イエロー系のチェック柄マフラーをオン。カジュアル色の濃い装いに落ち着きを加えました。チェック柄ならではのきちんと感が、カジュアルコーデを引き締めています。

チェック柄のマフラーを巻いたMichelle Williams(ミシェル・ウィリアムズ)氏
赤系マフラーはあごを埋めて、頬に近づけると、チーク効果を発揮

マルチカラーのチェック柄マフラーを生かせば、装いがパッと明るく映ります。

女優のMichelle Williams(ミシェル・ウィリアムズ)は、真っ赤なスウェットトップスに、同じく赤がベースカラーのチェック柄マフラーを添えました。鮮やかな同系色でまとめたおかげで、顔にチークを差したかのような見え具合。マフラーのイエローやグリーンも装いに彩りを加えています。

■ 黒マフラー編:極上のシックコーデに導く決定打

黒いマフラーを巻いたCaroline de Maigret(カロリーヌ・ド・メグレ)氏
千鳥格子ジャケットを重ねて、さらに動きと品格をプラス

シックな黒系のマフラーは装いを上品に見せるのに加え、ムードを引き締める効果も期待できます。

モデルのCaroline de Maigret(カロリーヌ・ド・メグレ)は、黒のボーダー柄トップスと、同じく黒のサイドライン入りトラックパンツという、見事なモノトーンコーデで登場。そこに黒無地のロングマフラーを添えて、全体をシャープにまとめました。色数を抑えつつ、柄で動きを出すという達人技は見とれてしまいそうなほどです。

黒いマフラーを巻いたCarine Roitfeld(カリーヌ・ロワトフェルド)氏
ゴツめの「ダッドスニーカー」を迎えて、軽快な足元を演出

ブラックでまとめた装いは、暗く見えやすいところがありますが、マフラーを上手に組み込むと、軽やかな印象を引き出せます。

ファッションディレクターのCarine Roitfeld(カリーヌ・ロワトフェルド)は、全身を黒で統一したコーデに、黒のマフラーを添えました。この着こなしが巧みなのは、きつく巻かないで、長めに端を遊ばせているところ。動きにつれて揺れ動くマフラーが、黒ルックの重たさを和らげています。

マフラーやストールを、単なる防寒具ではなく、着こなしのキーピースと位置づければ、おしゃれプロ達のように、自在にムードを操れます。アウターにくるまれて、単調に見えやすくなる冬ルックに巻き物を添えて、鮮度アップに役立ててみてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃