真冬のコートルックは着膨れが心配になります。かさばって見せないテクニックにはいろいろありますが、手っ取り早いのは「前を開ける=オープンフロント」というアレンジ。ワンピースやスカート、パンツを見せて、コートにくるまれた見え具合を避けられます。装いに動きが出るのも、のっぺりした着膨れイメージを防ぐ効果が大です。

おしゃれ上手としても評判の女優エマ・ストーンの着こなしをお手本に、賢い前開けスタイルのアレンジポイントを押さえていきましょう。

海外セレブ流!「絶対に着膨れしない」コートの着こなしテク5選

■1:細感を強調する「配色」テクニック

ベージュのコートを着こなすEmma Stone(エマ・ストーン)氏
つま先のとがったポインテッドトウの靴にメタリックを配して、シャープさをアピール

前を開けてコートをはおる場合、色のコントラストを効かせると、レイヤードが印象的に決まります。

ベージュが穏やかムードを醸し出すロングコートに引き合わせたのは、ワインカラーのハイネックニット。暖色が加わって、装いの「体温」もアップ。一方、ボトムスはダークカラーのタイトスカートを選んで、細感を強調しています。

■2:もたつき感を払拭する「柄」選び

黒のコートを着こなすEmma Stone(エマ・ストーン)氏
無造作にふんわり巻いたマフラーが小顔効果を発揮

黒系のコートはシックにまとまる半面、全体が沈んで見えやすい欠点があります。でも、艶やかな柄やエアリーな素材のボトムスで合わせれば、もたつき感を薄められることを、エマが証明しました。

例えば、このようなワンピースやスカートに花柄があしらわれることで、ロマンティックな雰囲気を出すことができます。裾が透ける風合いは、コートルックに軽やかさをプラス。花柄と透け素材のミックスはさらに効果が期待できます。

■3:「軽やかさ」を演出する肩掛けスタイル

ドレスにコートを羽織るEmma Stone(エマ・ストーン)氏
ヒールサンダルの黒い細ストラップも細感を演出

コートの両袖を通さないで、肩掛けではおるのは、前開けゾーンが広くなる分、着膨れイメージをオフしやすくなる着方です。

テレビの収録に臨んだエマは、レディー気分のドレスに、細身のチェスターコートをオン。マスキュリン×フェミニンのシャープな着姿にまとめ上げました。黒のコートにスモーキーピンク系のドレスという色合わせも互いを引き立て合っています。パーティーの装いに応用したくなるコーデです。

■4:ほっそり感を強調する「縦長ライン」をメイク

チェック柄のコートを着こなすEmma Stone(エマ・ストーン)氏
全体をモノトーンでまとめ、シルエットをタイトに見せた正解コーデ

せっかく前を開けるなら、縦長感を印象づけるアイテムを見せて、ほっそりした見映えに仕上げたいところです。

トレンドのハイウエストパンツを選べば、スラリとしたレッグラインを目に飛び込ませることができます。脚長イメージが引き立つのに加え、チェスターコートならではのロング丈が効果を発揮。縦落ち感の強い、見事なシルエットが完成しました。

■5:爽やかなムードを引き寄せる「冬マリン」

トレンチコートを着こなすEmma Stone(エマ・ストーン)氏
細いストラップのサンダルもボーダー柄と調和しています

白系ウエアを正面に露出するのは、爽やかなムードを呼び込むメリットがあります。さらに、マリンムードを取り入れると、夏の涼やかなイメージも加わって、コートルックが重たく見えません。

ボーダー柄カットソーに白パンツという爽やかな組み合わせに、マニッシュなトレンチコートを合わせれば、軽やかな着映えにシフト。トレンチ以外に、ダウンやファーなどのボリュームアウターにも使える技です。

「前を開ける」という、手軽なひと工夫だけで、コートの着膨れはかなり解消できます。色や柄が目を引くウエアを、正面の隙間からのぞかせれば、テイストミックスも実現。単調に見えにくくなるうえ、自在にイメージを操りやすくなるから、寒さが厳しくない日は「オープンフロント」でコートルックの着こなしバリエーションを広げてみてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃