見た目がもたついて映りがちな冬の装いに「デニム」を組み込むと、シャープな着映えに仕上がります。アウターとの合わせ方やブーツの使い方次第では、意外なほどのスレンダー感を印象づけられるから、試す価値アリです。

重たく見えやすくなる冬ルックに、適度な抜け感を添えるうえでも、普段着イメージを帯びたジーンズは格好のスパイス。世界のおしゃれエキスパートが知恵を絞ったコーディネートは、盗みどころにあふれています。

世界のおしゃれプロに学ぶ!スリムに魅せる「冬デニム」の着こなし4選

■1:「コートのレイヤード」で縦長ラインを強調

太めのデニムと取り入れたコーディネートの女性
前を開けて、2枚重ねをはっきり見せるのが、賢いコートレイヤード

シャープな見た目に整えるには、細身で縦長のコートが「切り札」的なアイテムになります。人気の続くチェスター系コートはうってつけのアイテムです。

スリムシルエットのジーンズを選ばなくても、コートがほっそり感を強調してくれるので、バギーやボーイフレンド形のパンツでもOK。「細長アウターを2枚重ね」して、襟を立体的に見せたおかげで、すっきりイメージが際立ちました。

■2:ほっそり効果を生む「オーバーサイズコート」

オーバーサイズのアウターにデニムを合わせたコーディネートの女性
ジーンズ裾をブーツインするのも、華奢感を引き出す小技のひとつ

ジーンズルックの細感を高める、最も手軽な方法は、「オーバーサイズのアウター」をはおることでしょう。量感の豊かな、ざっくりニットとのコンビネーションはさらに効果的です。

ボリュームの豊かなアウターとセーターが効いて、ジーンズがいっそう細く見えています。アウターとトップスを同系色でそろえると、ジーンズが「差し色」の役目を果たして、ボトムスが一段とすっきり映る仕掛けです。

■3:「ボリュームアウター」でメリハリボディーをメイク

ファーアウターにデニムを合わせたコーディネートの女性
もふもふの袖口から手首をのぞかせ、自然な華奢感を印象づけて

ファーやダウンなどのふんわりフォルムを生む素材で仕立てられた、「ボリュームアウター」を迎えることによって、ジーンズルックを細く見せられます。

アウターで上半身にボリュームを出して、細身ジーンズとの量感コントラストを演出。上下のメリハリを際立たせるテクニックです。ハイネックと黒ブーツで装いを上下から引き締めているのも、シャープな印象を強める効果を生んでいます。

■4:スリムな美脚をメイクする「ロングブーツ」

細身のデニムをブーツインしたコーディネートの女性
コートのきれい色がジーンズのインディゴと素敵に調和

靴を使って、ジーンズルックを細く見せるのなら、ロングブーツを活用しましょう。細めジーンズを膝のあたりからブーツにインしてしまえば、ブーツと脚が一体化してスレンダーな見え具合に。ダークトーンのブーツを選べば、さらに引き締め効果が加わります。

インディゴが濃すぎないデニムのほうがブーツと同化して見えにくい分、タイト感もアップ。しかも温もりもプラスされて脚の冷えを防げるから、いいことづくめのスタイリングです。


上質な素材感を宿したアウターをはおれば、ジーンズが「ご近所ウエア」っぽく見えなくなります。ボリュームアウターで量感を出して腰から下のタイト感をアピールすれば、デニムコーデがすっきりした見え具合に。

ロングブーツとのコンビネーションを生かすと、さらにレッグラインまできれいに演出できます。これらの奥の手アイテムをジーンズに引き合わせて、スレンダーコーデを実現してみてください。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃