【目次】

卵型【7選】


【1】ボリューミーな毛先がエレガントな重めボブヘア

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「ベースは、毛先にボリュームが出やすい前下がりボブ。分け目をふわっと立たせたいので、トップにレイヤーを入れています。ストレートタッチのストンと落ちやすい髪質なので、アイロンで巻いて髪全体が豊かに見えるよう、ボリュームを与えています。卵型は輪郭が綺麗なので、毛先を巻きながらフェイスラインを出すと表情が明るい印象に。抜け感やこなれ感も出ます」(伊藤さん)

ボリューミーな毛先で「古臭い」から「色っぽい」に激変!今すぐ真似したいエレガントボブ

【2】トップを立たせ、丸みを持たせたショートボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

トップを立たせて全体が菱形シルエットになるボブスタイル。「トップや後頭部などボリュームダウンしやすい部分に、丸みを持たせています」(田中さん)

「トップを立たせるだけ」で、根元の白髪は隠せる!

【3】うねりを整えてツヤ感を出したミディアムボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

髪が太く硬いけれど、うねりやすく広がってしまうモデルさんの髪。「レイヤーを入れすぎると広がりやすくなってしまうので、重みで落ち着かせています。顔まわりには動きが欲しいので、レイヤーは顔まわりを中心に入れました。ある程度、重みでクセが押さえられるので、扱いやすくなりますよ」(二階堂さん)

輪郭のたるみも解消!うねって広がる髪は、「ストレートアイロン使い」が一番

【4】毛先のカールで動きを表現したワンレンボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「レイヤーを入れると膨らんでしまうので、ワンレングスにしています。ただ、動きを付けないと重たい印象になってしまうので、毛先が内巻きになるようにして、軽さを出しています」(air-GINZA central 副店長・藤本麻衣さん)

分け目の薄さを目立たせず、ボリュームUPして見えるミディアムヘア

【5】重さを残しつつ動きを出した前下がりボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

硬くて太い髪質で、頭のはちが張っているためよけいに広がりやすいモデルさんの髪。「はちから下が広がりやすいと、ちょうどその上あたりがへこんでしまうんです。そうなると、どうしてもトップにボリュームが出にくくなります。髪の表面にレイヤーを入れて動きが出るようにして、さらに後頭部に丸みが出るように形をつくっておくと、スタイリングもしやすくなりますよ」(山口さん)

硬くて太い髪質でも軽さが出る「前下がりボブ」

【6】直毛でもラフなスタイルを楽しめる立体ボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

髪の量が多く、癖のない髪質のモデルさん。動きが出にくく、ペタッとした印象になるのが悩みなのだそう。
「まとまりもあって艶やかに見えますが、髪の量が多く直毛なので、何もしないと重たく暗い印象になってしまうことも。髪の量とボリュームは活かしつつ、ベースは前下がりにカット。グラデーションにすることで、後頭部に立体感が生まれ、正面から見ると、髪全体に動きが出ているように見せています」(牧島さん)

【40代直毛の悩みを解決】使うのはアレだけ!あっという間にふわっと立体的なボブに

【7】丸みをつくって華やぐ内巻きショートボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

毛の1本1本がしっかりして太さもあるけれど、トップだけボリュームが出にくいモデルさんの髪質。「アウトラインはボブベースになっていますが、後頭部に軽くレイヤーを入れ、真丸みのあるシルエットを作っています。シルエットに立体感が生まれ、トップのボリューム不足が気にならなくなります」(花渕さん)

トップのボリューム不足をふんわりカバーする、内巻きショートボブ

丸顔【6選】


【1】丸顔をシャープに見せる、ダイヤ型ショートボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「やや前下がりのワンレンベース。後頭部から放射状にグラデーションを入れて、顔周りにいくにつれてリフトアップさせてレイヤーカットに。レイヤーを入れた毛束の落ちる位置を考え、ドライするだけで菱形フォルムを作れるようにしました」(木俣さん)

丸顔をシャープに見せる、大人のダイヤ型ショートボブ

【2】リフトアップも叶う、前下がりの重めボブヘア

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「あごラインの前下がりグラデーションボブ。前髪はチークラインから耳たぶくらいに流せるようにカットすることで、リフトアップ効果が期待できます。レイヤーで髪表面に動きをつけると、簡単にスタイリングでふんわり感が出せますよ」(相沢さん)

首長効果&骨格補整が叶う、エレガントな前下がりショートボブ

【3】ふんわりトップで顔まわりをスッキリ!丸顔カバーヘア

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「マッシュラインのショートレイヤースタイルです。ペタッとなりやすく、シルエットが縦長に見えやすいところにボリュームを出しています。毛量調整は最小限にして重さを残し、中間にストロークカットを入れて束感をプラス。重さを残すことで、髪にツヤも出て若々しい印象に仕上がります」(MATSUさん)

丸顔カバーのショートヘアは、トップをふんわりさせて顔周りスッキリがコツ!

【4】丸顔が小顔になるパーマでつくるゆるふわショート

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「ペタッとしがち、ボリュームが出ないというお悩みは、カットでレイヤーを入れつつ、根本からふんわりと立ち上がる低温デジタルパーマで解消!今っぽい束感やニュアンスが作りやすいのも特長で、悩みを解消しながら今っぽさも出したいという大人の女性によくおすすめしています」(本木さん)

丸顔が小顔になる、大人「ゆるふわショートヘア」の作り方

【5】長めの前髪が輪郭をカバー!小顔に見えるワンレンボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「ベースはワンレングス。前髪、サイド、襟足まで綺麗に切り揃えています。ただパツンと切ると動きが出ないので、髪の表面だけ軽さをプラス。スタイリングで毛先の動きが出やすいようにレイヤーを入れています」(龍さん)

オーダー殺到!丸顔が小顔に見える「長め前髪」の大人ボブ

【6】丸顔でも頭が大きく見えない!抜け感のあるリラックスパーマボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「あごラインの前下がりボブベース。パーマは、エアウェーブ×ANTIオリジナルテクK・P・Mでダメージレスに! 中段は17mm円錐ロングロッドで、ハチ周りを締め、フェイスラインにも内側に入る毛束を作って引き締め効果を。毛先は14mmレギュラーロッドの逆巻きで、ラフなハネ感を作っています」(CHIIさん)

丸顔でも頭が大きく見えない! 小顔になる「パーマ×ボブ」

面長【6選】


【1】横幅に膨らみをもたせた菱形ボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「グラデーションボブベースで、前髪を内側に作っています。アウトラインは角を取り、なめらかなフォルムに。フェイスラインに合わせて前下がりラインにカットすることで、リフトアップ効果も。全体に入れたハイライトで、白髪カバーと立体感アップが叶います」(石原さん)

面長に似合うボブは、輪郭カバーの菱形シルエットが正解!

【2】面長さんが似合う、ふんわり重めボブヘア

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「あご下ラインのボブベース。グラデーションカットとレイヤーカットを組み合わせ、横広がりの菱形シルエットにカット。前髪はサイドパートで、おでこが少し隠れるように作ります。柔らかな髪に見えるフォギーベージュで自然と明るく」(松下さん)

面長さんのボブは横広がりがカギ!ふんわり菱形ボブの作り方とは?

【3】長め前髪をサイドに流して小顔見えさせるボブスタイル

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「つるんと収まった重たい印象のボブではなく、毛流れに動きをつけるのがこのスタイルの特長。動きの出にくいスタイルですが、あえて動かすと、ふわっと揺れる前髪の毛流れと融合して、こなれ感のあるラフな印象に仕上がります。全体にハイライトを入れているのもポイント。毛流れで陰影とメリハリが生まれ、ツヤ感もアップします」(加藤さん)

普通のボブは卒業!40代からは、ラフでナチュラルな今っぽ「透け感ボブ」

【6】面長が小顔になる、ラフさと色気が共存するパーマスタイル

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「長めの前髪をそのまま下ろしてしまうと面長顔を強調させるだけでなく老けた印象にもなってしまうので、根元からしっかりと立ち上げるのがポイント。毛先のカールが頰にかかるくらいの長さに設定すると顔のフレームが菱形になり、より小顔に見えます」(小宮さん)

【40代のボブスタイル】面長顔が小顔になる骨格矯正カットとは?

【5】「外ハネ」と「前髪」で縦長感をカバーしたボブスタイル

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「面長顔を目立たせないためのポイントは、『外ハネにした毛先』と『幅広めの前髪』。毛先を動かすことで視線を横に分散しつつ、前髪で額を隠して顔のシルエットを菱形に。すると、面長顔が綺麗な卵型になります。小顔効果もバツグンです」(本木さん)

マンネリボブが秒で今っぽく! ストレートアイロンで作る「切りっぱなしボブ」

【6】レイヤー×パーマで動きをつけた、小顔見え菱形ボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「ポイントはサイドのボリューム感。髪の表面に段差を入れることで、ふんわりと動く毛流れを作り、パーマでさらに動きをつけます。すると、全体が菱形シルエットになり、面長顔が目立ちにくくなります」(菅野さん)

面長顔はレイヤー×パーマで小顔に!ふんわり菱形シルエットのボブ

逆三角形【6選】


【1】重さと動きで輪郭を綺麗にみせるグラデーションボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

手ごわいうねり髪が「さらツヤ髪」になる、ドライヤーとストレートアイロンの使い方

【2】逆三角形型でも若々しい印象が叶う、重めワンレンボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「ベースは毛先に重みを残したワンレンボブ。前髪とモヒカンラインに少しだけ段を入れています。これで、髪の表面を巻いた時に動きが出やすく、分け目がペタッとした寂しい印象になりません」(新谷さん)

人気のワンレンボブで脱・老け見え! 「貧相なおばさん」にならない内巻きのやり方4ステップ

【3】フェイスラインを美しくみせる大人のレイヤーボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

1本1本がしっかりして、太さもボリュームもそこそこあるモデルさんの髪。「ただ束ねられるだけの長さを残すと、かなり頭でっかちなスタイルになってしまいます。表面にレイヤーを入れ、毛先に動きが出るようにすいて毛量を調整しています」(山岸さん)

結べる長さと軽やかさも両方手に入る、大人ミディアムヘア

【4】内巻きパーマでうねりを活かした菱形ボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

うねりやすい髪質なのに硬さもあるモデルさんの髪。「スタイリングに軽さと柔らかさを出すには、パーマをかけておくと扱いやすくなります。毛先を中心に細めのロットで内巻きにするだけで、菱形のフォルムが作りやすくなります」(中山さん)

うねり&硬い髪は「内巻きパーマ」を仕込んだ菱形シルエットで解決!

【5】シャープな頬をふっくらみせるエアリーボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

癖がほとんどなく、髪質はストレート。スタイリングをしてもボリュームが出にくく、ストンとした印象になるというモデルさん。「ボリュームゾーンを頰の位置につくることで、髪全体のシルエットが菱形になり、立体感とボリュームのある印象に。あとはブローで空気感と毛流れを与えるだけで完成します」(神保さん)

こけた頬がふっくら見える「神ボブ」!ブローのやり方4ステップ

【6】トップでバランスを整える、ふんわりニュアンスボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

毛量は十分だけれど、トップのボリュームがなく髪が細くて柔らかいモデルさん。「もともとクセがあるので広がりやすい髪質ですね。そんな髪はシルエットにくびれを作るように外はねにするといいですよ。クセや広がりを無理に抑え込まなくてもおさまりやすくなります」(角園さん)

直径1cmのカーラーさえあればよい!ペタンコ髪が「ふんわりニュアンスボブ」に

ベース型【7選】


【1】頬のリフトアップを叶えるマッシュボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

鼻先まで伸びた前髪とサイドがつながるようにマッシュレイヤーを入れ、前上がりのフォルムに。さらにトップに独立したレイヤーを入れ、軽やかな動きとボリューム感をプラス。バックの毛先にしっかりとハネ感を出し、躍動感のある若見えボブに。

耳横ふんわりの「マッシュボブ」で頬をリフトアップ!

【2】ベース型の輪郭を柔らかく見せる重めボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「顎ラインの延長線上に、レイヤーが落ちるように前髪と表面をカットすることで、エラ部分を目立たせずに小顔効果も狙えます。前髪を流すように作り、エラ周りに華やかな動きを出すことで、ベース型の輪郭を柔らかく見せることができるんです」(林さん)

エラ張りをごまかしながらリフトアップ!「軽やかボブ」で理想の卵型に

【3】ボリューム感でエラをカバーするレイヤーボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

髪の表面にレイヤーを入れて、ボリューム感を出したミディアムヘア。「ちょうど耳のあたりが膨らむようにしているので、フェイスラインが締まって見えるシルエットになっています。毛先はあえて切りそろえず、ランダムにして動きを出しているのがポイントです」(XELHA 店長・西本 悠さん)

ぺたっとなりやすい髪は「毛先を不ぞろい」にするとフワッとショートボブに!【40代女性の髪型】

【4】今っぽい抜け感と輪郭に丸みをプラスする菱形ボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「ベース型は顔が四角く見えやすいので、トップとサイドにボリュームを持たせて輪郭に丸みをプラス。すると、角ばった顔の印象からやわらかい女性らしい印象にシフトできます。重たすぎるボブは、古臭い印象に直結することも。顔まわりとサイドにレイヤーを入れて、ふんわり動く毛束をつくり、今っぽい抜け感を演出しています。スタイリングで顔まわりを開けることも大切です」(中高下さん)

若見え効果抜群!まとまりとツヤのある「菱形ボブ」

【5】動く毛束でエラの張りが気にならない!軽やかレイヤーボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「普通のボブのようにカットラインを切り揃えると顔が間延びし、輪郭に目線がいきやすくなってしまいます。エラの張りが目立つだけでなく、顔全体が大きく見えてしまう原因にも。肩ラインで平行にカットしつつ、ハチ上にだけレイヤーを入れて動きを出したボブベースのレイヤースタイル。レイヤーを入れることで、髪の表面だけ独立して動くように。前にも後ろにも流れる毛束を作ることで、軽やかに仕上げています」(小西さん)

エラ張り顔が小顔に激変!丸いフォルムの輪郭隠しボブ

【6】レイヤー×パーマでエラ張りを隠す、エアリーボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「長さは、あごラインを外すのがポイント。あごからずらしたところで動きを作るといいと思います。また、髪の内側にレイヤーを入れて、エラの近くに隙間ができるようにしてあげると、奥行きが生まれてエラが気にならなくなります。あご下2cmのワンレンボブベース。レイヤーは、髪の内側をメインに入れ、表面は長さを残して低い位置に入れます。パーマは、髪に柔らかさが出るエアウェーブがオススメ。幅広いロッドを使い、内側や襟足はクリッと、表面はトップが立ち上がるようにしています。内側には外ハネをミックスするとおしゃれです」(SHINさん)

エラ張りをカバーするボブは、レイヤー×パーマが決めて!

【7】長め前髪で骨格矯正!ベース型をカバーするニュアンスボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「前髪をつくると、髪のフレームがホームベースになってしまいます。長めに設定する方がオススメですが、短い方は斜めに流すなど、直線的にならないように注意して。ワンレンベースのグラデーションボブ。分け目を起点に表面にだけレイヤーを入れつつ、毛先に向けてブラデーションを。すると、毛先に丸みが生まれ、収まりのいいスタイルになります」(高橋さん)

長め前髪で骨格矯正!ベース型が理想の卵型になる「ニュアンスボブ」

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。