真冬になると、日本のストリートでは、黒をはじめとしたダークトーンのスタイルに身を包む方を多く見かけるようになりますが、長年ミラノを中心にイタリアを訪れているスタイリストの大西陽一さんは、「イタリアンマダムたちは、鮮烈な色をうまく操りながら街中に華やぎを灯している」と言います。

今回は、今年の開運カラーとしても注目されている「赤」を日常に取り入れるコツを、おしゃれプロであるイタリアンマダムの着こなしから紐解いていきましょう。

日常にフレッシュな刺激を!ネガティブモードを払拭する「赤」の着こなしテクニックとは

イタリアの街中を歩いているときに、ふと目に飛び込んでくるのが「赤」をまとったハツラツとした女性たちだという大西さん。「見ているこちらまで、ハッピーな気持ちにさせてもらえるのがいいですね」。早速、イタリアンマダムたちの着こなしをチェックしていきましょう。

■1:「コクーンシルエット」のコートを主役に

2色使いで女性らしさを強調

赤のコートをメインに、キレの良いバイカラースタイルを披露したこちらのマダム。ブラックの引き締め効果を利用して、メリハリあるスタイルを完成させています。

「この着こなしは、女性の特権ですよね! 男性のコートには、中途半端な袖丈のコートはありませんので、華奢な部分を強調することができるという意味でも、とても女性らしく映ります。黒ワントーンでまとめるとモードすぎる場合もありますが、色を足すことで表情の変化を楽しめる。まさに、いるだけで場に華やぎを灯してくれる存在ですね」

■2:大人が「チェック」を着るときには注意が必要?

合わせ小物でムードをコントロール

一大トレンドとして注目されているものの、若々しい印象に陥りがちな側面をもつ「チェック柄」は、挑戦しにくいアイテムとのレッテルを貼られがち。では、大人が取り入れるにはどうしたら良いのでしょうか?

「大人がチェック柄を上手に取り入れるコツは、コーディネートに取り組む『チェック柄の分量』にあります」と大西さん。「こちらの女性は、イタリア人らしいスタンダードなスタイルに、うまく調和させています。ダウンコートやレインブーツというカジュアルなアイテムと気軽に合わせる、そのスタンスが良いですね」。

シックなバッグとも好相性

GUCCI(グッチ)のバッグを選んで、さり気なく乗馬のイメージに寄り添わせているところも上級者ならではのテクニック。

「主張の強い柄を取り入れるときには、デイリースタイルに組み込むことから始めると、違和感なく着こなせると思いますよ」

■3:「これぞイタリア!」的な超・王道スタイル

女性らしいシルエットが最大の武器

「発色の良い派手色トップスに、細身のパンツを合わせたこちらのスタイル。女性らしい美しさを前面に出した、まさにイタリア人の王道スタイルですね」

日本人は、ボディーラインを強調するアイテムを避ける傾向にもありますが、実はスタイルアップにも繋がると大西さん。「最近はジムで鍛えている女性も増えてきているので、自信をもって挑戦してみることで、着こなしの幅を広げるきっかけにもなりますよ」。

■4:「靴だけ赤」というノールールな潔さ

個性際立つスタイルを披露

大西さんが、「男性的な着こなしルールから逸脱したコーディネート術に驚いた!」というのは、靴だけ「赤」を合わせたこちらの女性。

「僕からすると、理解不能なのですが……ファッションウィーク中に見つけた彼女は、全身ブラックでまとめそうなところ、靴だけ赤を選ぶという最先端のセンスを放っていました。変化球技のスタイルに出合えるという点でも、コレクションは面白いですね」

■5:「これも、アリなんだ……?」と思わせる裏技

個性で着るという攻めの姿勢が斬新

「これは、邪道ではないのか……?」と思わせながらも、気になる存在として心に残る。そんな、若者たちの斬新なアプローチも目立つと大西さん。

「こちらの女性は、ボーイッシュだけど可愛らしくもある、赤という色の特性をうまく取り入れています。彼女は自身のキャラクターともすごく合っていて、奇抜な色のはずなのに違和感を感じさせないのも、不思議な魅力ですね」


今回は、大西さんがイタリアで見つけた「赤」を素敵にきこなしている5人の女性にフォーカスしました。

「男性のファッションとは違って、女性のファッションは理論では成立しない。自由な発想が生きたスタイルに挑戦できるところが、面白いんでしょうね」と大西さん。

着るだけで、周りにもハッピーが伝染する「赤」は、今年最も注目したい色のひとつです。ノールールでファッションを楽しむイタリアンマダムたちの着こなしを参考に、まずは、いつものスタイルに1点、赤のアイテムを組み込むことから始めてみるのはいかがでしょうか。

関連記事

この記事の執筆者
『メンズプレシャス』創刊時から携わる、ファッションスタイリスト。年2回行われる、メンズファッションの国際展示会・ピッティ ウオモやミラノ コレクションに行くなかで、気づけばストリートスナップの撮影がライフワーク化!? 最近では、男性目線で紐解く「ヨーロッパの素敵なマダム」の着こなし分析に夢中。
PHOTO :
大西陽一
EDIT&WRITING :
石原あや乃