ぬくもりを保ちやすいから、ファーやボアといった「ふわもこ素材」は冬本番の味方です。防寒面で頼もしいのに加え、無愛想になりがちな冬ルックに、朗らかな表情までまとわせてくれます。

太って見えそう……と、避けられがちなアイテムでもありますが、ボリュームが出やすいのを逆手に取って、着やせ効果を引き出すのが賢い選択です。今回は、世界のおしゃれプロたちが得意とする、着やせテクニックを、コートの色別に紹介します。大人かわいいムードを醸し出せる極上コーデを試してみませんか?

世界のおしゃれプロに学ぶ!「ふわもこコート」で細見えする極上テクニック4

■1:【白コート編】 着やせ効果を発揮する「逆三角形シルエット」

白いコートを着こなすJulia Roberts(ジュリア・ロバーツ)氏
大きな襟が小顔効果を発揮

白のコートは、ダークトーンが多くなりがちな冬ルックの救世主的な存在。ふわもこの質感とも好相性です。

大女優のJulia Roberts(ジュリア・ロバーツ)は、たっぷりした量感のボア系白コートを主役に据えて、ハッとするようなたたずまいに。着やせポイントは、黒の網タイツ。引き締め色の黒をボトムスに使い、ゆったりしたコート裾との落差を際立たせています。

内側に着込んだ服を、わざと覆い隠して、膝から先がいきなり細くなったかのように演出。ボクシーなシルエットを生かしたお見事コーデです。

■2:【ベージュコート編】引き締め効果を高める「同系色のグラデーション」

ベージュのコートを着こなすDiane Kruger(ダイアン・クルーガー)氏
首元からのぞかせたレオパード柄も程よいアクセントに

穏やかな印象を与えやすい色の代表格にベージュ系が挙げられます。

女優のDiane Kruger(ダイアン・クルーガー)は、キャメルカラーの膝上丈コートをチョイス。ベージュ系はトレンチでもおなじみの色ですが、ふわもこ素材と組み合わせれば、ソフトな表情までまとえます。

ほっそりシルエットに見せるには、ボトムスをダークカラーで引き締めて。ブラウン系のショートブーツもキャメルとの濃淡が際立ち、足元をタイトに見せてくれます。キャメル1色で単調に見えにくいよう、黒いチェーンバッグを斜め掛けしているのも、巧みな小技です。

■3:【ブルーコート編】 コーディネートにメリハリをつける「異素材コントラスト」

アイシーブルーのコートを着こなすRosie Whiteley-Huntington(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)氏
トップスも黒でまとめて、タイトな着映えに

鮮やかな色を生かしやすいのは、最近の進化形ボア系アウターの強みです。冬ルックに取り入れると、カラーリッチな装いに整えられます。

モデルのRosie Huntington-Whiteley(ロージー・ハンティントン=ホワイトリー)は、涼しげなアイシーブルーのロングコートをオン。クールな色を、あえて冬の装いに生かすと、着膨れを遠ざけやすくなります。

ふわもこ素材の質感のおかげで、冷ややかなブルーが愛らしい見え具合に。パテント素材のパンツでシャープさを添えました。ふわもこ素材とのコントラストが際立ちやすいボトムスを選ぶのが、上手な合わせ方です。

■4:【黒コート編】 スレンダー感を演出する「上下のボリューム格差」

黒のコートを着こなすHailey Baldwin(ヘイリー・ボールドウィン)氏
スニーカーで合わせて、アスレジャー気分も添えました

腰から下をスレンダーに見せるうえで、黒は切り札的に使える色です。特にスリムパンツやレギンスと組み合わせれば、タイト感が引き立ちます。

歌手のJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)と結婚したことでも話題を集めたモデル、Hailey Baldwin(ヘイリー・ボールドウィン)は、黒のふわもこコートに、肌にピッタリしたレギンスをマッチング。上下でボリューム格差を強調しています。

全体が黒で統一され、スタイリッシュな印象に。ほっこり感とクールさが同居した装いに仕上がりました。


一般的には難しいと思われがちな「ふわもこコート」で細見えするテクニックを、色別に紹介しました。ボリュームの出やすいアイテムでスタイルアップするには、メリハリを生むコーディネートテクニックが必須。細身ボトムスを「相棒」に迎えれば、ふわもこコートもかさばって見えにくくなります。

コートの色次第で、イメージをさまざまに操れるから、冬ルックのムードメーカーにもぴったり。着膨れの心配とは無縁な着こなしテクニックを身につけて、ふわもこコートの出番をさらに増やしてみては。

関連記事

この記事の執筆者
多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報、着こなし解説などを発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かした解説が好評。自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い。著書に『おしゃれの近道』『もっとおしゃれの近道』(学研パブリッシング)がある。
PHOTO :
AFLO
WRITING :
宮田理江
EDIT :
石原あや乃